旅のランキング

2019年上半期 人気温泉地ランキング

2019年上半期、最も多くの人が訪れた温泉地はどこ?!日本の人気温泉地トップ20を大発表!

2019年上半期、最も多くの人が訪れた温泉地はどこ?!日本の人気温泉地トップ20を大発表!

2019年上半期、宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)が最も多かった温泉地をランキング形式でご紹介!(対象期間:2019年1月1日~2019年5月31日)

Number 1 ranking

静岡県

熱海温泉(昨年1位→)

熱海温泉 熱海サンビーチ・ライトアップ
熱海サンビーチ・ライトアップ
熱海温泉 熱海城
熱海城
熱海温泉 海上花火
海上花火

熱海温泉は都内からアクセスしやすく、東京から新幹線で最短約35分。アクセスの良さに加えて、熱海限定のご当地スイーツや今年3月にオープンした複合型リゾート施設など、新しいグルメや観光スポットが若者を中心に支持されているようです。

年間を通じて開催されている大迫力の熱海海上花火大会も見どころのひとつ。近くのサンビーチは、夏はファミリーや海水浴客で賑わいをみせます。

温泉は、肌にやさしい弱アルカリ性の泉質で、湯あたりが柔らかいのが特徴です。

▼熱海温泉のおすすめ記事▼

Number 2 ranking

大分県

別府温泉(昨年2位→)

別府温泉の夜景
別府温泉の夜景
別府温泉 海地獄
海地獄
別府温泉 志高湖
志高湖

熊本地震で被害を受けた宿泊施設の再オープンなど、復興に向けた動きも進んでいる別府温泉。人が入浴できる温泉地の湧出量は世界最大と言われています。

国指定名勝の「海地獄」をはじめ、7つの源泉から成る「地獄めぐり」や、幻想的な湯けむりのライトアップが眺められる「湯けむり展望台」などの観光スポットが満載。

また、別府市には、キャンプやバーベキューが楽しめる「志高湖(しだかこ)」など、自然を満喫できるスポットもあります。

▼別府温泉のおすすめ記事▼

Number 3 ranking

群馬県

草津温泉(昨年3位→)

草津温泉・湯畑
草津温泉・湯畑
草津温泉・湯畑
草津温泉・湯畑
草津温泉 湯もみ
湯もみ

標高約1,200mに位置する草津温泉は、豊富な湯量を誇ります。夜は幻想的にライトアップされるシンボル的存在の「湯畑」をはじめ、草津名物の「湯もみショー」で有名な「熱乃湯」など見どころが多数。

近年、「西の河原公園」で開始したライトアップイベントや、「湯畑」前に自撮り用のカメラスタンドを設置するなど、若者世代に対する、SNSを意識した集客の取り組みも行われています。また、4月には同エリアのスキー場に大型のジップラインがオープンするなど、アミューズメントも充実。

▼草津温泉のおすすめ記事▼

Number 4 ranking

栃木県

鬼怒川温泉(昨年5位↑)

鬼怒川温泉
鬼怒川温泉

江戸時代に発見されたものの、一般公開されたのはが明治以降の鬼怒川温泉。鬼怒川渓谷沿いには、眼下に渓谷が広がる客室を持つ温泉旅館やホテルが並びます。泉質は、疲労回復や神経痛に効能があると言われている、肌にやさしいアルカリ性単純温泉です。

周辺には、絶景を見下ろせる「鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)」や、世界の建築物をミニチュアサイズで再現したテーマパーク「東武ワールドスクエア」があります。

▼鬼怒川温泉のおすすめ記事▼

Number 5 ranking

北海道

函館温泉・湯の川温泉(昨年8位↑)

函館温泉・湯の川温泉
湯の川温泉

函館空港から車で約5分の距離にあり、観光の拠点に便利なロケーションの温泉地。昔ながらの風情を感じる老舗旅館から、現代的なオーシャンビューのホテルまで、多彩な温泉宿が揃っています。

主な泉質は、塩分を含み湯冷めしにくく、無色透明でしっとりとした特徴のナトリウム・カルシウム-塩化物泉。松前藩4代藩主・松前高広や、旧幕軍の榎本武揚も訪れたと言われている古湯に浸かって、ゆったりと旅の疲れを癒しませんか。

▼函館温泉・湯の川温泉のおすすめ記事▼

Number 6 ranking

栃木県

那須温泉(昨年4位↓)

那須温泉 鹿の湯
鹿の湯

開湯1300年以上とされる、歴史ある温泉地。「鹿の湯」をはじめ、それぞれ泉質や効能が異なる7つの湯「那須七湯」があります。温泉を湯めぐりで楽しんだり、温泉街や史跡を散策したりなど過ごし方は様々。

「那須ハイランドパーク」や「那須ステンドグラス美術館」といった観光スポットも点在します。和風旅館や高原リゾート、ペンションなど種類豊富な宿泊施設が揃うのも魅力。

▼那須温泉のおすすめ記事▼

Number 7 ranking

静岡県

伊東温泉(昨年9位↑)

伊東温泉 東海館
東海館

昔から湯治場として親しまれてきた伊東温泉の泉質は、刺激が少なく、肌にやさしい単純泉と、保温効果が血行を促す弱食塩泉が中心です。風情ある旅館やリゾート、ペンションなど、多彩な宿泊施設が軒を連ねています。

また、「伊豆ぐらんぱる公園」や「伊豆シャボテン動物公園」といった家族向け施設や、伊東八景をはじめとする絶景スポットなど、魅力的な観光スポットが満載。

夏には伊東市最大イベント「按針祭(あんじんさい)」が開催され、灯籠流しや花火など様々な催しも。

▼伊東温泉のおすすめ記事▼

Number 8 ranking

和歌山県

白浜温泉(昨年7位↓)

白浜温泉 白良浜の風景
白良浜の風景

1350年余りの歴史を持つ温泉観光地。飛鳥、奈良時代から「牟婁(むろ)の温湯」「紀の温湯」として知られています。外湯で湯めぐりを楽しむのはもちろん、街中や国道沿いなどに設置された無料の足湯もおすすめ。

夏は海水浴客で賑わう絶景ビーチ「白良浜」や、パンダで人気な「アドベンチャーワールド」などの観光スポットも充実しています。

▼白浜温泉のおすすめ記事▼

Number 9 ranking

宮城県

秋保温泉(昨年6位↓)

秋保温泉 覗橋から見た磊々峡のハート
覗橋から見た磊々峡のハート

仙台の奥座敷として賑わい、開湯1400年の古い歴史を持つ温泉地です。磊々峡(らいらいきょう)や、「日本の滝百選」に選ばれている秋保大滝などの自然スポットのほかに、ワイナリーやガラス工房などの観光スポットもあります。

秋保温泉郷の入口にある「覗橋(のぞきばし)」から見下ろせる、「ハート型の岩のくぼみ」も必見。「恋人の聖地」に認定されており、年間を通して多数の観光客が訪れます。

▼秋保温泉のおすすめ記事▼

Number 10 ranking

岐阜県

下呂温泉(昨年10位→)

下呂温泉
下呂温泉

日本三名泉のひとつと言われている、飛騨川の流域に湧く温泉地。肌がスベスベになる、無色透明でほのかな香りとまろやかさが特徴の温泉を堪能することができます。外湯を楽しめる共同浴場のほか、散策中の休憩にぴったりな無料の足湯も点在。

また、合掌造りの家屋を移築した、国指定重要文化財の「下呂温泉合掌村」や、マイナスイオンたっぷりの「横谷峡(よこたにきょう)」などの観光スポットも充実しています。

▼下呂温泉のおすすめ記事▼

Number 11 ranking

新潟県

越後湯沢温泉(昨年13位↑)

越後湯沢温泉 湯沢高原パノラマパーク・アルプの里
湯沢高原パノラマパーク・アルプの里

湯沢町まで東京から新幹線で約70分と、首都圏からアクセスしやすいロケーション。鎌倉時代初期に開湯し、江戸時代には三国街道の宿場町として栄えました。昔ながらの温泉宿から近代的なホテルまで多彩な宿泊施設が揃い、筋肉痛や疲労回復に効能があるとされている温泉を堪能できます。

周辺には、季節の花々や絶景が広がる「湯沢高原パノラマパーク」や、フォトジェニックな「清津峡渓谷トンネル」など立ち寄りたいスポットが多数。

▼越後湯沢温泉のおすすめ記事▼

Number 12 ranking

群馬県

伊香保温泉(昨年15位↑)

伊香保温泉 河鹿橋
河鹿橋

治療や健康増進を目的に、多くの人が訪れる湯治場として有名な伊香保温泉。空気に触れると茶褐色になる硫酸塩泉の「黄金の湯」、無色透明で無味無臭のメタケイ酸単純泉の「白銀の湯」があり、特に「白銀の湯」は、高齢者や病後の方に向いていると言われています。

シンボルとして親しまれている「365段の石段」の両側には、温泉旅館や飲食店、射的などの遊技場が軒を連ねます。また、紅葉が美しいことで有名な「河鹿橋」や、向かって左側からは温泉、右側からは水が出ている「伊香保温泉飲泉所」など、ぜひ立ち寄りたい観光スポットも多数。

▼伊香保温泉のおすすめ記事▼

Number 13 ranking

神奈川県

箱根湯本温泉(昨年11位↓)

箱根湯本温泉 あじさい橋周辺
箱根湯本 あじさい橋周辺

箱根の玄関口とも呼ばれている、天平10(738)年開湯の温泉地。都内からロマンスカーで約85分、名古屋から新幹線と箱根登山線利用で最速約90分とアクセス抜群で、日帰りでも楽しめる距離にあります。主な泉質は、神経痛や冷え性などに効能があるとされる単純温泉やアルカリ性単純温泉。

駅周辺はお食事処や土産店が立ち並び、観光客で賑わっています。新鮮な魚介類や、箱根のおいしい水を使ったそばや総菜パンなど、名物グルメが多数。温泉に関する資料が並ぶ資料館や重要文化財を持つ寺院を訪ねて、箱根の歴史に触れるのもおすすめです。

▼箱根湯本温泉のおすすめ記事▼

Number 14 ranking

愛媛県

道後温泉(昨年14位→)

道後温泉 飛鳥乃湯泉
道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

日本書紀にも登場する、約3000年の歴史を持つ温泉地。松山空港からリムジンバスで約40分、JR松山駅から伊予鉄道市内電車で約25分とアクセスしやすいロケーション。

シンボル的存在の共同浴場「道後温泉本館」は、国の重要文化財のひとつで、2017年には飛鳥時代をイメージした湯屋「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」がオープンしました。泉質は、刺激が少なくなめらかなアルカリ性単純泉。湯治や美容に適していると言われています。

※道後温泉本館は2019年1月15日から保存修理工事のため一部休業

▼道後温泉のおすすめ記事▼

Number 15 ranking

兵庫県

城崎温泉(昨年17位↑)

城崎温泉 さとの湯
城崎温泉 さとの湯

古き日本の温泉街の佇まいが残されている城崎温泉。宿泊施設をはじめ、食べ歩きができるお店やカフェ、お土産屋さんが並びます。

外湯めぐり券で7つの外湯めぐりが楽しめるほか、薬師公園ポケットパークの足湯や、駅前の飲湯場で温泉を堪能することも。浴衣や下駄をレンタルして、風情ある街並みを浴衣姿で散策するのもおすすめです。

▼城崎温泉のおすすめ記事▼

Number 16 ranking

三重県

鳥羽温泉郷(昨年16位→)

鳥羽温泉郷 神明神社 石神さん
神明神社 石神さん

太平洋に面し、海辺の9つのエリアに湯処が点在する鳥羽温泉郷。伊勢湾や的矢湾を望む開放的な温泉が魅力で、多数の旅館やホテルが立ち並びます。開放的なロケーションや、地元で獲れた新鮮な海の幸を使った料理を堪能できます。

周辺には、子宝に恵まれると言われている「子宝の石」で有名な「石鏡(いじか)神社」や、「石神さん」が女性の願い事をひとつ叶えてくれる「神明(しんめい)神社」などのパワースポットが点在。少し足をのばせば、伊勢周辺の観光も楽しめます。

▼鳥羽温泉郷のおすすめ記事▼

Number 17 ranking

兵庫県

有馬温泉(昨年12位↓)

有馬温泉
有馬温泉

日本三名泉のひとつに数えられる有馬温泉。環境省が療養泉として指定している9つの主成分のうち、硫黄泉と酸性泉以外の7つの成分を含んでいる、世界的にも珍しい温泉です。

風情ある温泉街には、濃い茶褐色の湯が特徴で「あつ湯」と「ぬる湯」が楽しめる「金の湯」、肌がつるつるになると言われていることから女性人気も高い、無味無臭・無色透明の「銀の湯」といった2箇所の共同浴場があります。

▼有馬温泉のおすすめ記事▼

Number 18 ranking

神奈川県

強羅温泉(昨年ランク外↑)

強羅温泉 箱根美術館 苔庭
箱根美術館 苔庭

箱根湯本駅から箱根登山電車で約35分と気軽にアクセスできる、早雲山東斜面の高台に位置する温泉地。5つの異なる泉質は、五色のパステルカラー温泉と呼ばれていて、お肌がすべすべになるナトリウムー塩化物泉の「淡い黄色」や、やわらかい単純温泉の「透明」など、特徴や効能は様々。

「箱根強羅公園」や「箱根美術館」といった観光スポットがあるほか、夏は赤々と燃え上がる明星ヶ岳の「大文字焼き」などの見どころも。

Number 19 ranking

大分県

由布院温泉(昨年18位↓)

由布院温泉 新緑の金鱗湖
新緑の金鱗湖

「豊後富士」と呼ばれる、美しい由布岳の山麓に広がる由布院温泉。主な泉質は、刺激が少ない単純温泉やアルカリ性単純温泉で、湯ざわりがなめらかなだけではなく、保温効果が期待できるメタケイ酸も豊富なことから、「美肌の湯」としても人気です。

標高約680mから湯布院の町並みを見下ろせる「狭霧台(さぎりだい)」や、神秘的な朝霧が見られる「金鱗湖(きんりんこ)」など、見どころも満載です。

▼由布院温泉のおすすめ記事▼

Number 20 ranking

北海道

定山渓温泉(昨年20位→)

定山渓温泉 二見吊橋
二見吊橋

札幌中心部から車で約1時間の距離にあり、昔から札幌の奥座敷として知られている温泉街。泉質は、無色透明のまろやかなナトリウム塩化物泉で、貧血症や冷え性などに効能があると言われています。

周辺にある「二見公園」は散策にぴったり。四季折々の絶景が広がり、特に、公園内にある「二見吊橋」から見渡せる紅葉は一見の価値あり。フォトジェニックなスポットとしても知られています。

▼定山渓温泉のおすすめ記事▼

※このランキングは、楽天トラベルでの2019年1月1日~2019年5月31日までの宿泊実績(人泊数)をもとに独自に集計したものです。

▼エリア別 2018年人気温泉地ランキング▼

2019年上半期 楽天ランキング

楽天市場 2019年上半期ランキング 【楽天市場】今年の上半期1位アイテムは?

2019年 楽天ブックス上半期ランキング 【楽天ブックス】2019年 楽天ブックス上半期ランキング


トップヘ