箱根の美術館で見つけた♪ フランスの豪華列車「オリエント急行」で心満たす優雅なティータイムを

箱根の美術館で見つけた♪ フランスの豪華列車「オリエント急行」で心満たす優雅なティータイムを

提供:ことりっぷ

 

ミュージアムの宝庫・箱根の仙石原。その中心部にある「箱根ラリック美術館」には、かつてパリ~フランス南部を結んでいた本物の「オリエント急行」があります。クラシカルな車内は、1929年にフランスを走っていた当時のまま。ルネ・ラリックの装飾パネルがきらめく空間で、ゆったりと優雅なティータイムを楽しめます。

 

 

オリエント急行に出会える日本で唯一の美術館

オリエント急行に出会える日本で唯一の美術館 シックで落ち着いた外観

箱根湯本から車で約30分。アートな街・仙石原の豊かな自然と溶け込むように「箱根ラリック美術館」は佇んでいます。

ここは、フランスを代表する宝飾とガラス工芸家、ルネ・ラリックの作品約230点を展示する美術館。ミュージアムの他に、無料で入れるカフェ・レストランやショップ、そして本物のオリエント急行があります。

 

利用時間は1回約40分間

エントランスを入って、すぐ左手にあるのが、オリエント急行の受付場所。10:00~15:20の間で、受付を行い、先着順で入ることができます。 (※団体で貸切の場合は、時間が変更になります。)

 

1929年にタイムスリップして、豪華列車の旅へ

1929年にタイムスリップして、豪華列車の旅へ チケットを渡した瞬間から、本当に列車に乗るような気分に

さあ乗車の時間。チケットをスタッフに渡すと、昔ながらの改札パンチで、チケットにハサミを入れてくれます。 待合スペースに響き渡る、チャキン!という音が小気味良い♪ これから列車に乗るんだ……というわくわく感に、胸が高鳴ります。

 

優雅な気品を漂わせる青い列車こそが、世界中の旅人を魅了してきた豪華列車。パリとフランス南部を結ぶ「コート・ダジュール特急」として活躍し、のちに「オリエント急行4158E」として2001年まで使われ、多くのセレブリティたちに愛されてきました。

現存するオリエント急行があるのは、日本でここだけ。フランスを旅した気分で、夢のようなひとときを過ごせます。

 

味のある列車入り口

オリエント急行の暖房は、石炭を燃やし、その熱で車内を暖めていたと言います。列車入り口には石炭を入れる場所があり、ノスタルジーな雰囲気たっぷり。

 

ラリックのこだわりが詰まった非日常空間

ラリックのこだわりが詰まった非日常空間 椅子や絨毯は現役時代とほぼ変わらない状態

説明ビデオを鑑賞したら、列車に足を踏み入れます。車内へ進むと、約100年前に造られたとは思えないエレガントな空間に、思わず息を飲んでしまいます。

かつて「青いプリマドンナ」と呼ばれたこの列車は、高級木材マホガニーがふんだんに使われていたり、ゴージャスな絨毯が敷かれていたり。古き良きフランスの洗練された空間は、訪れた人に特別な思い出をもたらしてくれます。

 

椅子の中に入っているのは、なんと藁。見た目の美しさだけでなく、長旅にも疲れない、快適な座り心地になっています。 また、車両に使われている窓ガラスも昔のまま。現在は量産されていない貴重な逸品です。

 

乳白色が特徴のオパールセントガラスを使用した1928年製の「彫刻とブドウ」

こちらは、ラリックのこだわりが詰まったガラス装飾「彫刻とブドウ」。全部で156枚ものガラス装飾が散りばめられており、光がさす場所により、きらきらと表情を変えます。

人物像はすべて同じではなく、男性像が2種類、女性像が6種類あります。ゆっくり回って、見比べてみるのも楽しい時間。

 

チューリップのような形をしたランプシェードも、ラリックによるもの。ふっくら可愛らしいデザインで、小さなお花が咲いているかのよう。

 

窓を開けるハンドルや客席番号、呼び鈴も当時のまま保存されています。

 

スザンヌによる1928年製の作品が壁を彩る

一番奥に現れるコンパートメントルームの壁には、きらびやかな花束が。これはルネ・ラリックの娘スザンヌがデザインした装飾パネル「花束」です。

 

クラシカルな空間でここでしか味わえないスイーツを

クラシカルな空間でここでしか味わえないスイーツを

ラリックに囲まれた空間で、贅沢なティータイムがスタート。用意されるのは、オリエント急行限定のティーセット。2~3ヶ月ごとに変わるスイーツと4種類から選べるドリンク付きです。香り高い紅茶は、ティーポットで提供されるのもうれしいところ。カップ2~3杯分、たっぷり楽しめます。

また、オリエント急行のロゴがあしらわれたお皿にも注目。資料をもとに、もともとオリエント急行の食器を作っていた会社に依頼して、本来の姿に復元した貴重なものだとか。上質な特別感があり、見ているだけで気分が上がります。

 

春限定の「苺のムース」

この日いただいたのは、「苺のムース」。ふんわり柔らかなムースに、甘酸っぱいベリーソースやフレッシュないちごの果肉が際立ち、春の訪れを感じられます。

 

鉄道ファンならずとも、一度は行きたくなる「オリエント急行」。色あせない空間で、ここだけの甘く幸せな時間を味わいにお出かけしてみませんか?

 

 

文:安藤美紀

 

ことりっぷの最新記事

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

旅行ガイドブック「ことりっぷ」編集部がお届け。旅と日常をつなぐ、旅好きな女性のためのメディアです。

SS202406

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

 
 

TOP