旅のランキング

小豆島おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST20~

小豆島担当スタッフおすすめの小豆島を訪れたら絶対に外せない観光スポット20選!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている小豆島の穴場観光地も!

小豆島担当スタッフおすすめの小豆島を訪れたら絶対に外せない観光スポット20選!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている小豆島の穴場観光地も!

女子旅にも人気!フォトジェニックな小豆島へ!

瀬戸内海に浮かぶ離島・小豆島。穏やかな海と温暖な気候に囲まれた島内には「オリーブ公園」や「エンジェルロード」「寒霞渓(かんかけい)」など、風光明媚でフォトジェニックなスポットがたくさんあります。「二十四の瞳映画村・岬の分教場」や桜の名所「城山公園」「夏至観音」など、映画やドラマのロケ地として馴染み深い場所も多く、女性や若者の旅先としても注目されています。「迷路のまち」や「中山千枚田」など内陸部にも見どころが多いのも魅力です。

初めての人に訪れて欲しい!小豆島のおすすめ定番スポット

小豆島町

SNS映え抜群!「道の駅 小豆島 オリーブ公園」

道の駅 小豆島 オリーブ公園
道の駅 小豆島 オリーブ公園
雑貨ハーブカフェ コリコ
道の駅 小豆島 オリーブ公園

海を見下ろす小高い丘に、約2,000本のオリーブ畑や約120種のハーブが栽培される道の駅。地中海を思わせる白いギリシャ風車や、オリーブの歴史を紹介する「オリーブ記念館」、実写版映画『魔女の宅急便』の撮影セットそのままの雑貨ハーブカフェなど、フォトジェニックな施設が満載です。オリーブとハーブのクラフトや日帰り温泉も人気。

【現地スタッフおすすめコメント】

異国にいるような錯覚に陥るスポットです

営業時間
8:30~17:00(一部施設により異なる)、無休
アクセス
【バス】「草壁」港より小豆島オリーブバス坂手線・南廻り福田線、田ノ浦映画村線「オリーブ公園口」停下車、徒歩約5分
【車】「草壁」港より約5分

土庄町

恋人たちの聖地!「エンジェルロード」

エンジェルロード

弁天島と中余島、大余島の間に、1日2回、干潮時になると海の中から現れる道「エンジェルロード」。この砂の道を大切な人と手をつないで渡ると願いが叶うといわれています。弁天島の「約束の丘展望台」は恋人の聖地としても知られており、エンジェルロードを眺めながら幸せの鐘を鳴らすことができます。

【現地スタッフおすすめコメント】

2人の世界を楽しむなら、人の少ない朝方の散策がおすすめ!

アクセス
【バス】「土庄」港より小豆島オリーブバス西浦線「国際ホテル(エンジェルロード前)」停下車、徒歩約5分
【車】「土庄」港より約5分

小豆島町

定番の絶景スポット!「寒霞渓(かんかけい)」

寒霞渓(かんかけい)

日本三大奇景のひとつに数えられる、瀬戸内海国立公園の景勝地。表12景、裏8景から成る雄大なスケールと変化に富んだ自然美は、特に秋の美しさが有名。約50種類もの紅葉が渓谷全体を覆い、見るものを魅了します。ロープウェイから眺めを楽しむのはもちろん、片道1時間程度の登山道で紅葉を間近に観察するのもおすすめ。

【現地スタッフおすすめコメント】

ロープウェイ山頂駅からの眺めは必見の美しさです!

ロープウェイ運行時間
8:30~17:00 ※季節により異なる、無休(メンテナンス休あり)
ロープウェイ運賃
片道:大人(中学生以上)980円、小人(小学生)490円
往復:大人(中学生以上)1,760円、小人(小学生)980円
アクセス
【バス】「草壁」港より小豆島オリーブバス神懸線「紅葉亭」停下車
※5/11~7/19、9/1~10/19は土日祝のみ運行。12/11~3/15は運休
【車】「草壁」港より約10分

小豆島町

名作の世界を体感!「二十四の瞳映画村」・「岬の分教場」

二十四の瞳映画村・岬の分教場
二十四の瞳映画村・岬の分教場
二十四の瞳映画村・岬の分教場

昭和29年に映画化された『二十四の瞳』のロケセットが残る場所。木造校舎、壺井栄文学館、土産物屋などが建ち並び、食事処では懐かしいアルマイト食器の給食セットが味わえます。また、映画村の北には、物語の主舞台であり、昭和46年廃校になるまで苗羽小学校田浦分校として実際に使用されていた「岬の分教場」も現存しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

敷地内の川で泳ぐチヌやコブダイにエサやり体験(100円)ができます

営業時間
9:00~17:00(11月は8:30~)、無休
料金
二十四の瞳映画村・岬の分教場セット券:大人(中学生以上)830円、小学生390円
アクセス
【バス】「草壁」港より小豆島オリーブバス田浦線「映画村前」停下車(二十四の瞳映画村)/「田ノ浦」停下車(岬の分教場)
【車】「草壁」港より約20分

土庄町

不思議なパワースポット!「小瀬の重岩」

小瀬の重岩

自然のものか人工のものなのか、地元でも明らかにされていない不思議な巨岩。かつて、この付近は大坂城築城用の大石を採石した場所で、その名残りではないかといわれています。落ちそうで落ちない絶妙に重なった様子と、岩の隙間にある祠が神秘的で、眼下に広がる瀬戸内の風景とともに自然のエネルギーが降り注ぐパワースポットとして人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

頂上付近の道は細くすべりやすいので注意!

アクセス
【バス】「土庄」港より小豆島オリーブバス西浦線「小瀬」停下車、徒歩約24分
【車】「土庄」港より約10分(頂上までは徒歩約20分)

土庄町

約500匹の猿が暮らす「銚子渓 自然動物園お猿の国」

銚子渓 自然動物園お猿の国

寒霞渓と並ぶ小豆島の景勝地「銚子渓」。後ろ向きにコインを投げると願いが叶うという愛の泉や銚子の滝などの名所があり、園内には約500匹の野生の猿が生息。エサやり体験やモンキーショーも開催され、猿たちの表情豊かな仕草を間近に見ることができます。園内頂上にある展望台からは360度のパノラマ絶景も楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

渓谷の自然美と餌付けされた猿とのふれあいを楽しめます

営業時間
8:10~17:00(最終入園16:30)、無休
料金
大人380円、小人(4歳以上中学生まで)190円
アクセス
【車】「土庄」港より約20分

土庄町

レトロな散策スポット「迷路のまち」

迷路のまち

土庄本町に残る迷路のような町並みは、かつて海賊の侵入から島民を守り、南北朝時代の攻防戦に備えて形成されてものといわれています。通り沿いには「妖怪美術館」やカフェ、土産物店などがあり、どこかレトロな雰囲気が漂います。道に迷った時には、小豆島八十八ヶ所霊場第58番札所西光寺の朱塗りの三重塔が目印。のんびりと散策が楽しめるおすすめスポットです。

【現地スタッフおすすめコメント】

島の食材を活かしたおしゃれな食堂もあります!

妖怪美術館
営業時間:10:00~18:00(最終受付17:30)、水曜休(祝祭日は営業)
料金:大人2,000円、中高生1,000円、小学生以下無料
アクセス
【バス】「土庄」港より小豆島オリーブバス「土庄本町」停下車
【車】「土庄」港より約5分

小豆島町

醤油の歴史が学べる!「マルキン醤油記念館」

マルキン醤油記念館
マルキン醤油記念館
マルキン醤油記念館

明治40(1907)年創業のマルキン醤油が、大正初期に建てられた醤油工場を記念館として改装開館したもの。国の登録有形文化財にも指定されている合掌造りの建物内部では、醤油造りの道具や製造法、島の歴史などをマネキンやパネルでわかりやすく紹介しています。天然醸造蔵の木桶で仕込んだ「初しぼり生」しょうゆなどが購入できる物産館も隣接。

【現地スタッフおすすめコメント】

キャラメル風味のしょうゆソフトクリームも大人気!

営業時間
9:00~16:00(時期により異なる)、12/28~1/1・不定休あり
料金
大人210円、小人(小中学生)100円
アクセス
【バス】「坂手」港より小豆島オリーブバス坂手線・南廻り福田線「丸金前」停下車すぐ
【車】「坂手」港より約3分

小豆島町

アートのような日本の風景「中山千枚田」

中山千枚田

日本の棚田百選のひとつ。標高約150~250メートルの急な斜面に、およそ800枚の大小の田が折り重なり、アートのような美しい風景が広がっています。晴れ渡る空や雲が映り込む初夏の水田、緑の絨毯のような青い稲、棚田全体が黄金色に輝く秋、季節によって全く異なる棚田の絶景が楽しめます。7月初旬には、松明の光の列が棚田を幻想的に彩る虫送り行事も開催しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

古き良き日本の風景に心が洗われます!

アクセス
【バス】「池田」港より小豆島オリーブバス中山線「春日神社前」停下車周辺
【車】「池田」港より約15分

土庄町

ギネス認定の狭さ!「土渕海峡」

土渕海峡

全長約2.5キロメートル、最大幅約400メートル、最小幅約9.9メートルの海峡で、ギネスブックにも認定された「世界一狭い海峡」です。小豆島本島(渕崎)と前島(土庄)の間を流れ、海峡横にある土庄町役場で海峡横断証明書(100円)を発行してもらえます。海峡に架かる橋は3つあり、海峡幅が1番狭い「永代橋」が人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

旅の思い出に海峡横断記念証明書をゲット!

アクセス
【バス】「土庄」港より小豆島オリーブバス「土庄本町」停下車、徒歩約1分
【車】「土庄」港より約5分

担当スタッフおすすめ!小豆島の穴場スポット

小豆島町

国産オリーブ発祥の地「小豆島オリーブ園」

小豆島オリーブ園
小豆島オリーブ園
小豆島オリーブ園

約100年前、国内のオリーブ栽培の発祥地として開園された「小豆島オリーブ園」。海を見下ろす約3ヘクタールの敷地内には約2,000本のオリーブの木をはじめ、日本最古のオリーブ原木の森、イサム・ノグチの遊具彫刻などがあり、お子さま連れでの散策にも人気。マイオリーブオイル制作体験や自家製オリーブ製品もおすすめです。

【現地スタッフおすすめコメント】

小豆島のオリーブオイルを使った料理が楽しめるレストランも!

営業時間
8:30~17:00、無休
料金
マイオリーブオイルブレンド体験:1,000円(前日までに要予約)
アクセス
【バス】「草壁」港より小豆島オリーブバス坂手線・南廻り福田線、田ノ浦映画村線「オリーブヶ丘」停下車すぐ
【車】「草壁」港より約5分

土庄町

国内最大の老巨樹「宝生院のシンパク」

宝生院のシンパク

小豆島八十八ヶ所霊場第54番札所「宝生院」、その境内にある「真柏(シンパク)」は応神天皇の手植えによるものと伝えられる国の特別天然記念物。樹齢は1600年以上と推定され、樹高約20メートル、根元の周囲は約16.6メートルもある国内最大級の老巨樹です。地上1メートルほどのところで三方に分かれ、支幹を出す佇まいは迫力満点です。

【現地スタッフおすすめコメント】

パワースポットとしても人気です!

アクセス
【バス】「土庄」港より小豆島オリーブバス中山線「北山」停下車、徒歩約5分
【車】「土庄」港より約10分

小豆島町

醤油スイーツも楽しみ!「ヤマロク醤油」

ヤマロク醤油

創業は幕末から明治初期といわれ、昔ながらの製法で再仕込醤油、丹波黒豆醤油などを醸造している「ヤマロク醤油」。国の登録有形文化財でもある天然もろみ蔵の内部が見学でき、創業当初から使われてきた大杉のもろみ樽が並ぶ圧巻の様子や醤油にまつわる様々な説明が受けれます。醤油の直売はもちろん、軒先には醤油をベースにしたスイーツや焼き餅が楽しめる「やまろく茶屋」もあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

昔ながらの醤油造りの様子が間近で見学できます

営業時間
9:00~17:00、無休
料金
もろみ蔵見学:無料
アクセス
【バス】「草壁」港より小豆島オリーブバス坂手線・南廻り福田線「安田上」停下車、徒歩約7分
【車】「草壁」港より約10分

小豆島町

春は海と桜を同時に堪能!「城山公園」

城山公園

映画『二十四の瞳』の電車ごっこのシーンで登場して有名になり、近年はドラマ『Nのために』のロケ地として話題の公園。山頂の展望台から瀬戸内海の絶景が楽しめ、春には約100本の桜並木とのコラボレーションが見事なスポットです。南北朝時代に、南朝方の武将・須佐美元安入道成椿が居城を築いたことが公園名の由来。

【現地スタッフおすすめコメント】

桜のシーズン以外でも静かな絶景スポットとして人気です

桜の見頃時期
3月下旬~4月中旬
アクセス
【バス】「池田」港より小豆島オリーブバス三都西線「国民宿舎小豆島前」停下車、徒歩約8分
【車】「池田」港より約10分

土庄町

願掛指輪をゲット!「奥之院 笠ヶ瀧寺」

奥之院 笠ヶ瀧寺

小豆島八十八ヶ所霊場第72番札所。参拝するには運動靴が必携です。自然石を積んだ険しい石段「厄階段」を鎖づたいに登り、ほの暗い洞窟を進んだ先が本堂。洞窟の中央部には「幸せくぐり」と呼ばれる六角形の穴があり、くぐると願いが叶うといわれています。また、願い事によってはめる指が異なる「願掛指輪」はぜひ入手したいお守りです。

【現地スタッフおすすめコメント】

切り立った崖にある本堂は、下から見上げると圧巻の佇まい!

営業時間
8:00~14:00、無休
アクセス
【バス】「池田」港より小豆島オリーブバス北廻り福田線「小馬越」停下車、徒歩約30分
【車】「土庄」港より約20分

小豆島町

マリンスポーツも楽しい!「オリーブビーチ」

オリーブビーチ

小豆島オリーブ公園の前にある小豆島最大の海水浴場。瀬戸内の穏やかで透きとおった海と、約700メートルつづく白い砂浜が、まるで地中海のような美しさで人気です。マリンスポーツのメッカとしても知られ、ジェットスキーやウェイクボードなどの体験もできます。無料駐車場やトイレ、海の家、シャワー、更衣室も完備。

【現地スタッフおすすめコメント】

あたりがピンク色に染まる夕暮れのビーチもロマンチック!

遊泳期間
7月上旬〜8月下旬(9:00〜17:00)
アクセス
【バス】「草壁」港より小豆島オリーブバス坂手線・南廻り福田線、田ノ浦映画村線「オリーブ公園口」停下車、徒歩すぐ
 【車】「草壁」港より約5分

小豆島町

見れば運気アップ!?「洞雲山(夏至観音)」

洞雲山(夏至観音)

小豆島八十八ヶ所霊場第1番札所である「洞雲山」の岩肌には、夏至の前後約50日間だけ太陽光による「夏至観音」が浮かび上がります。晴れた日の15時過ぎに数分間のみ目にすることができる、奇跡の観音像を多くの参拝者が楽しみにして訪れます。高さは3メートルほど。足元から徐々に浮かび上がる姿が神秘的です。

【現地スタッフおすすめコメント】

映画『八日目の蝉』で希和子と薫が祈った「洞雲山」の奇跡!

出現期間
夏至観音:6月中旬~7月初旬 15:00過ぎの数分(晴天の日)
アクセス
【バス】「坂手」港より小豆島オリーブバス坂手線・南廻り福田線「苗羽」停下車、徒歩約19分
【車】「坂手」港より約23分

小豆島町

ファミリーにおすすめ!「道の駅 小豆島ふるさと村」

道の駅 小豆島ふるさと村
道の駅 小豆島ふるさと村
道の駅 小豆島ふるさと村

小豆島ならではの自然環境や特産品、文化などに親しむ体験型の総合レジャースポット。ロッジやオートキャンプ場、釣り桟橋、夏季のファミリープールをはじめ、うどんの手打ち体験、イチゴ狩り、カヤック体験なども楽しめます。もちろん、オリーブやそうめんなどの土産物を揃えた物産館、軽食喫茶コーナーで、気軽に買い物&休憩もおすすめ。

【現地スタッフおすすめコメント】

物産館では、すももソフトクリームが好評!

営業時間
8:30~17:30(11~2月は17:00まで)、無休
アクセス
【バス】「池田」港より徒歩約15分(送迎バスあり)
【車】「池田」港より約5分

小豆島町

小豆島の最高峰!「星ヶ城山」

星ヶ城山

標高約817メートルを誇る、小豆島の最高峰。中世には、天険の要害を利用した山城でもあり、西峰を本城、東峰を詰の城として様々な遺跡が残っています。名勝・寒霞渓のロープウェイ山頂駅から三笠山を経由する遊歩道でアクセスすることができます。東峰、西峰を巡る約1.5キロメートルの自然探索路では、各峰からの絶景も楽しみです。

【現地スタッフおすすめコメント】

歴史探訪と絶景を楽しめるハイキングスポットです

営業時間
星ヶ城跡:9:00〜17:00(11月は8:30~)、無休
アクセス
【バス】「草壁」港より小豆島オリーブバス神懸線「紅葉亭」停下車
※5月中旬~7月中旬・9月~10月中旬は土日祝のみ運行、12月中旬~3月中旬は運休
【車】「草壁」港より約10分

土庄町

瀬戸内の景色も一望!「小豆島大観音」

小豆島大観音

小高い丘の上に立つ白亜の大観音像。内部には佛歯寺の本堂があり、スリランカより分与されたお釈迦様の歯を祀っています。エレベーターで昇れる最上階の釈迦殿(展望室)からは、小豆島の全景が一望。「しあわせ祈願」や「先祖供養」ほか、お経体験(所要時間約10分)や瞑想体験(所要時間約40分)などもできます。

【現地スタッフおすすめコメント】

夜間はライトアップされ、ますます荘厳な雰囲気に!

営業時間
8:30~17:00、無休
拝観料
大人500円、小学生200円
アクセス
【バス】「土庄」港より小豆島オリーブバス北廻り福田線「小豆島大観音前(しあわせの駅)」停下車、徒歩約2分
【車】「土庄」港より約15分

小豆島の交通・観光MAP

意外と広い小豆島、島内を1周するのに車で2~3時間ほどかかります。
小豆島での移動は路線バスやレンタカーが便利です。

小豆島での交通
■路線バス
小豆島フリー乗車券(路線バス全線乗り放題)
料金:[1日券] 大人1,000円、小人500円 / [2日券] 大人1,500円、小人750円
販売所:小豆島オリーブバス(土庄港ターミナル内)、国際フェリー(池田港)、瀬戸内観光汽船(日生港)、内海フェリー(草壁港)、小豆島フェリー(福田港)ほか

■レンタカー
小豆島の各港で受付、乗り捨て可能
営業時間:9:00~18:00


小豆島への交通
■フェリー(高松港~土庄・池田・草壁港)
旅客運賃(片道):大人690円、小人350円
乗用車運賃(片道):3,560円~ ※運転手1名込み

小豆島旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2018 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ
季節のテーマから探す
旅のシーンから探す
エリアから探す