【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

季節の移ろいとともに南下する紅葉前線が到着すると、九州でも遅い秋のスタートです。定番人気の景勝地や紅葉が映える寺社から、ライトアップが美しい名所、珍しい「逆さ紅葉」が楽しめる施設まで、九州のおすすめ紅葉スポットをまとめました。

 

 

 

 

1.定番・人気景勝地で紅葉を堪能

大分県中津市

深耶馬溪(しんやばけい)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

山国川支流の山移川沿いに広がる「深耶馬溪(しんやばけい)」は、大分県でも人気の高い紅葉スポット。エリア随一の見どころである「一目八景(ひとめはっけい)」には、8つの奇岩を見渡せる展望台があり、紅葉と岩峰群とのコントラストを楽しめます。渓谷へと続く県道28号の「ひさしもみじ」では、その名の通りひさしのように道路上に張り出したモミジが100メートルほど続き、紅葉期にはライトアップも行われています。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月中旬
ライトアップ情報
2023年10月21日~11月19日 17:00~21:00
アクセス
【車】大分自動車道「玖珠」ICから約20分
【電車・バス】JR久大本線「豊後森」駅からバスで約30分(※日曜運休)「深耶馬」下車徒歩約5分
公式・関連ページ
深耶馬溪

 


大分県由布市 

由布岳

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

九州屈指の人気温泉地・由布院を見下ろすようにそびえる「由布岳」は、東峰と西峰の2つのピークを持つ双耳峰。古くは万葉集にも詠われ、山岳信仰の対象ともなってきた、由布院を象徴する山です。最高峰が標高 1,580 メートルに達する雄大なスケールの西峰は、秋になると裾野をススキに覆われ、山腹には色づいた紅葉が広がるなど、鮮やかに彩られます。4~5時間で登山を楽しむもよし、温泉から見上げるもよしの名峰です。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月上旬
アクセス
【車】大分自動車道「湯布院」ICから正面登山口まで車で約20分
【電車・バス】JR久大本線「由布院」駅から亀の井バス「由布登山口」下車 (所要時間 約15分)
公式・関連ページ
由布岳

 

 


宮崎県西臼杵郡高千穂町

高千穂峡(たかちほきょう)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

宮崎屈指の人気観光スポットである「高千穂峡(たかちほきょう)」も、秋には美しい紅葉に彩られます。エメラルドグリーンの水面と、鮮やかな赤や黄色のコントラストはまた格別。水面に映る紅葉に、渓谷から差し込む光が揺れるさまは、まさに幻想的のひと言です。阿蘇の火山活動によって噴出した火砕流によって生み出された柱状節理の懸崖を眺めながら、ボートに乗ってのんびりと川下りを楽しんで。

 

例年の見ごろ
11月中旬~11月下旬
アクセス
【車】JR日豊本線「宮崎」駅より約3時間30分、高千穂役場から約5分
【電車・バス】JR九州「熊本」駅より特急バス「あそ号/たかちほ号(1日1本要予約)」乗車(約3時間)
各交通アクセス詳細
公式・関連ページ
高千穂峡

 

 


宮崎県えびの市

えびの高原

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

霧島連山の標高1,200メートル付近に広がる「えびの高原」は、国内初の国立公園に指定された「霧島錦江湾国立公園」北部に位置する自然の宝庫。初夏に花咲くミヤマキリシマで広く知られていますが、秋の紅葉の美しさでも人気の高いスポットです。コバルトブルーの湖面に紅葉のリフレクションが美しい「六観音御池」や「韓国岳」を背景に広がる黄金色のススキの群生など、さまざまな景色を楽しめます。

 

例年の見ごろ
10月中旬~11月中旬
アクセス
【車】九州自動車道「溝辺鹿児島空港」ICより約1時間、「えびの」ICより約35分、宮崎自動車道「小林」ICより約25分
【電車・バス】JR日豊本線「霧島神宮」駅より「丸尾」(約30分)下車・のりかえで「霧島連山周遊バス」乗車(えびの高原まで約30分)
公式・関連ページ
えびの高原

 

 


佐賀県佐賀市

東与賀海岸 シチメンソウ

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

有明海沿岸では晩秋に楽しめる珍しいシチメンソウの紅葉が風物詩となっています。ヒユ科の一年草であるシチメンソウは、干潮時には陸地となり、満潮時には海水に浸かるような干潟の環境に生育する貴重な塩生植物。佐賀市「干潟よか公園」周辺の東与賀干潟では、棍棒状に枝分かれして伸びた葉が紅紫色に色づく、美しいシチメンソウの群生を観賞できます。特に夕暮れ時には夕焼け空を背景に見事な景観を織りなします。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月上旬
アクセス
【車】長崎自動車道「佐賀大和」ICから約45分
【電車・タクシー】JR長崎本線「佐賀」駅からタクシー利用で約30分、佐賀駅バスセンターから市営バス東与賀行き「東与賀町役場前」下車タクシーで約10分
公式・関連ページ
東与賀海岸 シチメンソウ

 

 

 

2.ライトアップも魅力の紅葉名所

福岡県太宰府市

宝満宮竈門神社(ほうまんぐうかまどじんじゃ)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

古くから縁結び、方除け、厄除けの神様として信仰を集めてきた太宰府市の「宝満宮竈門神社」。境内にはおよそ300本ものカエデやイチョウがあり、秋を迎えると赤や黄色、オレンジ色などに色づいて、訪れる人々を魅了します。紅葉の時期に合わせて「もみじ祭り」を開催。新鮮野菜や果物のほか、挽きたてコーヒーやボジョレーヌーボー、季節の和洋菓子の販売も。夜間はライトアップも施され、社殿の荘厳な姿と紅葉の共演を堪能できます。

 

例年の見ごろ
11月中旬~11月下旬
ライトアップ情報
日没~21:00
アクセス
【車】九州自動車道「太宰府」ICより約20分、都市高速道路2号線「水」ICより約20分
【電車・バス】西鉄太宰府線「太宰府」駅より、コミュニティバス五条・内山線「まほろば号」乗車(所要時間約10分、料金100円)、「内山」下車約3分
公式・関連ページ
宝満宮竈門神社

 

 


佐賀県武雄市

御船山楽園

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

佐賀県武雄市の「御船山楽園(みふねやまらくえん)」は、歴史ある武雄温泉にもほど近い場所にある回遊式庭園。「旧武雄邑主鍋島氏別邸庭園」として国の登録記念物にも指定されており、池の周囲を散策しながら、武雄のシンボルでもある御船山の雄大な断崖絶景を楽しめます。春のツツジとともに、秋の紅葉名所としても人気が高く、夜には約4万坪の敷地に国内最大級のライトアップが施され、幻想的な秋景色が見られます。

 

例年の見ごろ
11月上旬~12月上旬
営業時間
8:00~22:00
ライトアップ情報
17:30~22:00
アクセス
【車】長崎自動車道「武雄北方」ICから車で約10分
【電車・バス】JR佐世保線「武雄温泉」よりJRバス嬉野行き「御船山楽園前」下車徒歩約1分(JR佐世保線「武雄温泉」駅から徒歩約30分)
公式・関連ページ
御船山楽園

 

 


長崎県雲仙市

三十路苑(みそじえん)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

小浜温泉と雲仙温泉の間に位置する「三十路苑」は、長崎きっての人気紅葉スポット。島原郷土料理で人気の「六兵衛茶屋」の経営者が、およそ8千坪ある自宅の裏山にモミジを植えたことがはじまりだったとか。30年以上を経て、晩秋には120種を超える植物が鮮やかに色づく、雲仙の名所となりました。夜には広大な敷地がライトアップされ、昼間とはひと味違う景色も楽しめます。

 

例年の見ごろ
11月中旬~12月上旬
営業時間
9:00~21:30
ライトアップ情報
日没~21:30
アクセス
【車】長崎自動車道「諫早(いさはや)」ICから約50分
【電車・バス】JR長崎本線・島原鉄道「諫早」駅から島鉄バス雲仙行き「耳採」下車徒歩約5分
公式・関連ページ
三十路苑

 

 


大分県中津市

耶馬溪ダム記念公園 溪石園(けいせきえん)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

中津市耶馬溪の「耶馬溪ダム記念公園 溪石園(けいせきえん)」は、1987年に耶馬溪ダムの完成を記念してつくられた、広さ2万平米におよぶ日本庭園。耶馬溪から採取した12万個の石とダムの水で渓流を再現し、滝やロックガーデンと100種3万1,000本以上の樹木が美しい調和をなしています。秋には夜間ライトアップも行われ、幻想的な景色を楽しめます。

 

例年の見ごろ
10月中旬~11月中旬
ライトアップ情報
17:00~21:00
アクセス
【車】東九州自動車道・中津日田道路「中津」ICより約30分、大分自動車道「日田」ICより約30分
【電車・バス】JR日豊本線「中津」駅から大分交通バス柿坂行きで約45分(※日曜は運休)終点下車徒歩約15分
公式・関連ページ
耶馬溪ダム記念公園 溪石園

 

 


大分県豊後高田市

富貴寺(ふきじ)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

大分県豊後高田市にある「富貴寺(ふきじ)」は、平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた由緒ある古刹。優美な曲線を描く屋根が印象的な「富貴寺大堂」は、宇治平等院鳳凰堂や平泉中尊寺金色堂と並んで日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、現存する九州最古の木造建築として国宝にも指定されています。この大堂を取り囲むようにモミジやイチョウが立ち並んでおり、秋には鮮やかに紅葉。週末にはライトアップも行われます。

 

例年の見ごろ
11月下旬~12月上旬
営業時間
8:30~16:30(ライトアップ開催日は20:30まで)
ライトアップ情報
期間中の週末開催 17:30~20:30
アクセス
【車】大分自動車道「宇佐」ICより約35分
【電車・タクシー】JR日豊本線「宇佐」駅からタクシーで20~30分
公式・関連ページ
富貴寺

 

 

 

3.ロープウェイ・スロープカー利用で山の紅葉

福岡県田川郡添田町

英彦山(ひこさん)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

古来より「神の山」として信仰されてきた霊山「英彦山(ひこさん)」は、山形の出羽三山、奈良の大峰山と並ぶ日本三大修験場のひとつ。山全体が「英彦山神宮」の御神体です。英彦山神宮の参道と並行して「英彦山スロープカー」が走り、周辺は「英彦山花園」として整備されています。麓から参道終点の奉幣殿までおよそ15分の乗車では、高山植物を中心に美しく植栽された花木が見もの。秋には美しい紅葉も楽しめます。

 

例年の見ごろ
11月上旬~11月下旬
営業時間
8:40~17:10(下り最終)
アクセス
【車】大分自動車道「杷木」ICから約40分、八木山バイパス「穂波東」ICから約90分、九州自動車道「八幡」「小倉南」ICからそれぞれ約90分、JR平成筑豊鉄道「田川後藤寺」駅から約60分
【電車・バス】JR日田彦山線「彦山」駅から町営バス「神宮下」下車すぐ(タクシーで約15分)
公式・関連ページ
英彦山

 

 


長崎県雲仙市

雲仙仁田峠(うんぜんにたとうげ)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

国の天然記念物にも指定されている雲仙の紅葉を空から楽しめるのが「雲仙ロープウェイ」。仁田峠から妙見山頂までの標高差約174メートル、距離約500メートルを結んでおり、3分ほどの空中散歩で360度のパノラマが楽しめます。パッチワークのように色づいたこの時期だけの山肌の鮮やかさを楽しんで。標高1,333メートルの妙見山頂近くにある展望所からは、普賢岳や平成新山はもちろん、有明海まで望めます。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月中旬
営業時間
8:31~17:11(下り最終・夏季(4~10月)は~17:23)
アクセス
【車】長崎自動車道「諫早」ICから約1時間
【電車・バス】JR長崎本線・島原鉄道「諫早」駅から島鉄バス雲仙行き「島鉄雲仙営業所」下車(約1時間21分)、タクシーで約15分
公式・関連ページ
雲仙ロープウェイ

 

 


大分県別府市

鶴見岳

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

標高500メートルの「別府高原」駅から「阿蘇くじゅう国立公園」の「鶴見山上」駅までを結ぶ「別府ロープウェイ」。別府湾やくじゅう連山はもちろん、四国までも望める大パノラマとともに、秋には眼下に広がる紅葉も楽しめます。例年10月中旬に山上で始まる紅葉は徐々に山麓に広がり、11月には麓で紅葉とフユザクラが並ぶ珍しい風景も見られます。九州最大級の101人乗り大型ゴンドラで、約10分の空の旅を楽しんで。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月中旬
営業時間
9:00~17:30(下り最終・冬季(11/15~3/14)は17:00まで)
アクセス
【車】東九州自動車道「別府」ICから約5分
【電車】JR「別府」駅から亀の井バスで約20分、観光快速バス「ゆふりん」鉄輪経由で約40分
公式・関連ページ
鶴見岳

 

 

 

4.吊り橋から紅葉絶景を楽しむ

熊本県八代市

五家荘(ごかのしょう)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

八代市の「五家荘(ごかのしょう)」は、標高1,300~1,700メートル級の山々に囲まれ、秘境の趣たっぷりのエリア。壇ノ浦の戦いに敗れた平家の落武者が逃げのびて里を開いたという伝説も残るこの地には、紅葉の絶景スポットが点在しています。大迫力の「せんだん轟(とどろ)の滝」では、飛沫を浴びる滝つぼ付近まで遊歩道で下りることが可能。全長116メートル・高さ55メートルの「梅の木轟(とどろ)公園吊橋」から眺める渓谷の紅葉も見事です。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月中旬
アクセス
【車】九州自動車道「松橋」ICから約90分
【電車】JR 鹿児島本線「有佐」駅からタクシーで約70分
公式・関連ページ
五家荘

 

 


大分県玖珠郡九重町

九酔渓(きゅうすいけい)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

玖珠川流域に広がる「九酔渓(きゅうすいけい)」は、カーブが連続する流れに沿った両岸に約2キロにわたって断崖絶壁が続き、「十三曲がり」の別名でも知られる渓谷です。周辺にはモミやツガ、カツラ、カエデ、イチョウなどの原生林が広がり、秋には赤や黄色に色づいた美しい姿を見せてくれます。峠には展望台があり、渓谷を見下ろす絶景を眺めることも可能。近くには「九酔渓温泉」もあります。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月中旬
アクセス
【車】大分自動車道「九重」ICから約20分
公式・関連ページ
九酔渓

 

 

 

5.水辺で紅葉を楽しめるスポット

熊本県菊池市

菊池渓谷

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

阿蘇外輪山の北西部、標高500メートルに位置する「菊池渓谷」は、菊池川の源をなす清流を、うっそうとした天然生広葉樹林が覆う憩いの森。阿蘇外輪山の伏流水がつくる大小さまざまな滝や瀬、淵に、秋には紅葉が映えて美しい風景となります。木々の紅葉はもちろん、水面に揺れる落ち葉や足元に広がる紅葉の絨毯も見事。自然の力強さを感じさせる原生林が織りなす渓谷美に、思わず息を呑んでしまいます。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月中旬
営業時間
8:30~17:00(4/1~11/30)
アクセス
【車】九州自動車道「植木」ICから約40分(約30km)
【電車・バス・タクシー】JR 鹿児島本線「熊本」駅から熊本電鉄バス菊池方面行き「菊池プラザ」下車(約1時間10分)、タクシーで約30分
公式・関連ページ
菊池渓谷

 

 


熊本県阿蘇郡産山村

池山水源・山吹水源

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

熊本県阿蘇郡産山村は、知る人ぞ知る紅葉の名所。特に原生林に囲まれた水源地では、水面に映る紅葉のリフレクションもまた見ものです。環境省の名水百選にも選ばれた「池山水源」は、毎分30トンという豊富な湧水を誇る水源。中央には水神様も祀られています。「池山水源」から車で約10分の原生林の中に静かに佇む「山吹水源」は、入口から500メートルほど整備された遊歩道の雰囲気も魅力。まるでファンタジーの世界に迷い込んだような、幻想的な風景が広がります。

 

例年の見ごろ
10月下旬~11月下旬
アクセス
【車】九州自動車道「熊本」IC、「益城熊本空港」ICからそれぞれ約1時間30分、大分自動車道「九重」ICから約50分、同「日田」ICから(小国/大観峰経由)約1時間30分
公式・関連ページ
池山水源・山吹水源

 

 


大分県由布市湯布院町

金鱗湖(きんりんこ)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

由布院の温泉街にもほど近い場所にある「金鱗湖(きんりんこ)」は、木々に囲まれた静かな湖。一周400メートルほどとこじんまりした湖には遊歩道が設けられており、秋には色鮮やかな紅葉と、それが映り込む美しい湖面を眺めながら歩けます。魚や水鳥の姿も見られ、散策にはぴったりのコースです。さらに秋が深まり、冷え込みが厳しい朝には、湖面から湯気が立ちのぼる幻想的な風景が見られることも。

 

例年の見ごろ
11月上旬~11月中旬
アクセス
【車】大分自動車道「湯布院」ICから約10分
公式・関連ページ
金鱗湖

 

 


鹿児島県伊佐市

曽木の滝公園

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

大口盆地の中央を流れる川内川とその支流が集まってつくられる一大瀑布が「曽木の滝」。幅210メートル、高さ12メートルと壮大なスケールを誇り、「東洋のナイアガラ」とも称される滝の周辺は自然公園として整備されており、秋には紅葉と豪快な滝とが織りなす絶景を楽しみに、多くの人が訪れます。紅葉が見ごろを迎える時期にはライトアップも行われており、昼間とは異なる幻想的な景色も楽しめます。

 

例年の見ごろ
11月中旬~12月上旬
ライトアップ情報
18:00~21:00
アクセス
九州自動車道「栗野」ICから約25分、同「人吉」ICから約50分
公式・関連ページ
曽木の滝公園

 

 

 

6.紅葉のリフレクションが美しいスポット

佐賀県唐津市

環境芸術の森

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

唐津の紅葉名所といえば、その筆頭に挙がるのが「環境芸術の森」。作礼山の斜面に広がる私有林を生かし、人工物を極力排除しながらおよそ40年をかけて育て上げた森の空間です。1万本を超えるモミジが一斉に色づく秋の風景はまさに圧巻。敷地内にある「風遊山荘」では、漆塗りのテーブルに窓からの紅葉が映り込み、フォトジェニックな景色を楽しめます。長短2種の散策コースもおすすめです。

 

例年の見ごろ
11月上旬~中旬
アクセス
【電車】JR唐津線「厳木」駅からタクシーで約15分
【車】長崎自動車道の「多久」ICから約20分、西九州自動車道「唐津」ICから約40分
公式・関連ページ
環境芸術の森

 

 


長崎県佐世保市

寿福寺

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
 

佐世保・江迎(えむかえ)の街並みを見下ろす高台に立つ「寿福寺」は、1635年に創建された平戸藩の祈願寺。境内の木々が美しく色づく秋には、「逆さ紅葉」が期間限定で一般公開されます。期間中は広間の畳を一部アクリル板に交換することで、庭園の紅葉を映し込んで室内から観賞可能。美しいリフレクションを楽しみに、例年多くの人が訪れます。境内には「寿福寺ギャラリー」もあり、さまざまな展示も楽しめます。

 

例年の見ごろ
11月中旬~下旬(逆さ紅葉は2023年11月15日~24日)
営業時間
12:00~16:00
アクセス
【車】西九州自動車道「佐々」ICから約20分
【電車】松浦鉄道「江迎鹿町」駅徒歩約10分、JR 佐世保線「佐世保」駅前から西肥バス平戸行など「江迎バスセンター」下車(約1時間)徒歩約5分
公式・関連ページ
寿福寺

 

 

 

7.寺社を散策しながら紅葉観賞

福岡県福岡市

紅葉八幡宮(もみじはちまんぐう)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

福岡市高取に鎮座する「紅葉八幡宮」は、1482年に創建されたという歴史ある神社。江戸時代には福岡藩主・黒田家の守護神として、篤く信仰されてきました。秋になると境内では樹齢200年を超える大モミジをはじめとして多くの木々が色づき、訪れる人の目を楽しませます。例年11月最後の週末には「もみじ祭り」が開催され、屋台の出店や奉納イベントも。夜にはライトアップが実施され、限定の御朱印もいただけます。

 

例年の見ごろ
11月中旬~下旬
ライトアップ情報
夕方~20:00
アクセス
西鉄バス「高取1丁目バス」徒歩約5分
公式・関連ページ
紅葉八幡宮

 

 


佐賀県三養基郡基山町

大興善寺(だいこうぜんじ)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

奈良時代の養老元年、行基菩薩が十一面観世音菩薩を刻み、草庵に安置したことに由来するという「大興善寺(だいこうぜんじ)」。「つつじ寺」として広く知られるとともに、秋には紅葉の名所としても愛されています。苔むした本堂の茅葺き屋根が赤や黄色の紅葉に彩られるさまは、風情にあふれています。北側に広がる山林植物園「契(ちぎり)園」の紅葉も美しく、入口付近の「八万四千の最初の塔」から本堂を見下ろす景色もおすすめです。

 

例年の見ごろ
11月上旬~12月上旬
営業時間
8:30~17:30(入園は17:00まで)
ライトアップ情報
2023年11月25日(土)
アクセス
【車】鳥栖筑紫野道路「園部」ICより約5分、九州自動車道「筑紫野」IC、「鳥栖」ICよりそれぞれ約15分
【電車】JR鹿児島本線「基山」駅よりタクシーで約7分(紅葉期間中のみ臨時バスもあり)
公式・関連ページ
大興善寺

 

 


福岡県糸島市

雷山千如寺大悲王院(らいざんせんにょじだいひおういん)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

糸島市にある標高約954メートルの雷山中腹にあるのが、真言宗寺院「雷山千如寺大悲王院(らいざんせんにょじだいひおういん)」。県の天然記念物にも指定されている樹齢400年の大カエデがあり、紅葉の名所として知られています。さらに少し登ると「雷神社」には樹齢900年のイチョウや400年以上のイロハカエデ、1000年を超す観音杉などもあり、巨樹・老樹の宝庫となっている周辺を散策してみても。

 

例年の見ごろ
11月上旬~11月下旬
営業時間
9:00~16:30
アクセス
【車】福岡前原道路「前原」ICより約15分
【電車】JR筑肥線「筑前前原」駅南口からバス(雷山線)「雷山観音前」下車徒歩約7分 ※バスの本数が少ないので事前にご確認ください。
公式・関連ページ
雷山千如寺大悲王院

 

 


福岡県糟屋郡篠栗町

呑山観音寺(のみやまかんのんじ)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

「のみやまさん」の愛称で親しまれ、年間100万人を超える参拝者が訪れる高野山真言宗の別格本山「呑山観音寺」。標高450メートルの山中にあり、秋には境内各所で美しく色づいた紅葉が見ごろを迎えます。一番早く色づく天王院の紅葉参道は特に人気が高く、他にも六地蔵池周辺の紅葉や、百観音堂周辺を真っ赤に染め上げる約1,000本のドウダンツツジなど見どころ満載です。10月下旬から11月下旬にかけて紅葉まつりも開催されます。

 

例年の見ごろ
10月下旬~12月上旬
営業時間
6:00~17:00
アクセス
【電車】JR福北ゆたか線「篠栗」駅からタクシーで約15分
公式・関連ページ
呑山観音寺

 

 


鹿児島県霧島市

霧島神宮

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

霧島エリアきってのパワースポット「霧島神宮」は、人気の紅葉スポットでもあります。朱塗りの大鳥居や社殿と真っ赤に染まった紅葉の組み合わせが特に美しく、見ごろになると多くの参拝者の目を楽しませています。二の鳥居奥に広がる参道沿いのモミジも鮮やか。現在の社殿は江戸時代、薩摩藩主・島津吉貴の寄進によるもので、「本殿」「幣殿」「拝殿」が2022年2月の官報告示により国宝の指定を受けたばかりです。

 

例年の見ごろ
11月中旬~11月下旬
営業時間
8:00~17:00(授与所)
アクセス
【車】九州自動車道「溝辺鹿児島空港」ICから約40分
【電車】JR日豊本線「霧島神宮」駅より霧島いわさきホテル行きバス「霧島神宮」下車(約15分)すぐ
公式・関連ページ
霧島神宮

 

 

 

8.史跡巡りと紅葉狩りを満喫

福岡県朝倉市

秋月城跡(あきづきじょうあと)周辺

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

黒田如水の弟でキリシタンであった黒田直之の居館を、1623年に黒田長政の三男長興が修復して居城とした「秋月城」。水堀、石垣、瓦坂、長屋門などが現在に残り、「秋月城跡」として県の史跡に指定されています。移築された黒門(大手門)付近は紅葉の名所としても人気が高く、黒門と色鮮やかな紅葉のコントラストが秀逸。付近には「筑前の小京都」と称された城下町の風情も残されており、そぞろ歩きも楽しいエリアです。

 

例年の見ごろ
11月下旬~12月上旬
アクセス
【車】大分自動車道「甘木」ICから約20分
【電車】甘木鉄道「甘木」駅から甘木観光バス(秋月線)「博物館前」下車(約20分)徒歩約8分
公式・関連ページ
秋月城跡

 

 


福岡県福岡市

舞鶴公園

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

筑前領主・黒田長政が築いた福岡城の本丸址を中心に整備された「舞鶴公園」は、季節の花に彩られる美しい公園。市街地にありながら自然豊かで、秋にはイチョウやサクラ、イロハモミジなどの紅葉が楽しめます。園内には福岡城の多聞櫓や御門跡などが残されており、苔むした石垣に鮮やかな紅葉が風情を添えています。本丸、二の丸の大イチョウ周辺には黄色の絨毯が広がり、天守台跡から見下ろす紅葉も見事です。

 

例年の見ごろ
11月上旬~11月下旬
アクセス
【車】福岡都市高速道路「西公園」ランプ、「天神北」ランプからそれぞれ約5分
【電車】福岡市営地下鉄「赤坂」または「大壕公園」駅よりそれぞれ徒歩約8分
【電車・バス】西鉄バス「福岡城・鴻臚館前」、「福岡市美術館東口」、「大手門・平和台陸上競技場入口」下車それぞれ徒歩約5分~約8分
公式・関連ページ
舞鶴公園

 

 


佐賀県神埼市 

九年庵(くねんあん)・仁比山(にいやま)神社・仁比山地蔵院

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

佐賀東部の神埼市にある「九年庵」は、明治時代の実業家・伊丹弥太郎が、9年の歳月と巨大な費用を費やして築きあげたといわれる別荘と庭園。雲仙岳と筑紫平野を借景とする庭園は国の名勝指定を受けており、新緑の春と紅葉の秋に一般公開されています。また、すぐ近くに位置する「仁比山神社」や「仁比山地蔵院」も紅葉の名所。紅葉を楽しみながらの周辺散策もおすすめです。

 

例年の見ごろ
11月中旬~11月下旬(一般公開:2023年11月15日~23日)
営業時間
8:30~16:00
アクセス
【車】長崎自動車道「東脊振」ICから約10分
【電車】JR長崎本線「神埼」駅からタクシーもしくは路線バスで約10分【高速バス】長崎自動車道高速「神埼」バス停下車徒歩約15分
公式・関連ページ
九年庵・仁比山神社・仁比山地蔵院

 

 


熊本県球磨郡あさぎり町

麓城跡(ふもとじょうあと)

【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選
【2023最新】九州のおすすめ紅葉スポット30選

熊本県球磨郡あさぎり町、日本七薬師のひとつでもある「谷本薬師」の本堂脇をしばらく進むと、到着するのが「麓城跡(ふもとじょうあと)」。かつて付近を治めた豪族・上村氏の城跡です。およそ100本のモミジが植えられており、秋になると360度どちらを向いても絵になる風景ばかり。11月下旬になると落葉が地面を真っ赤に染め、苔の緑と鮮やかなコントラストを見せてくれます。

 

例年の見ごろ
11月中旬~11月下旬
アクセス
【電車】くま川鉄道「あさぎり」駅からタクシーで約15分
【車】九州自動車道「人吉」ICより約30分
公式・関連ページ
麓城跡

 

 


 

九州の宿を探す

 

楽パック(航空券+宿)プランを探す

 

九州の高速バスを探す

 

九州のレンタカーを探す

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

SS202403

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

 
 

TOP