【河口湖】山梨県厳選の「本物のおいしさ」に出会える「旅の駅 kawaguchiko base」

旅の駅 kawaguchiko base

富士山の絶景で人気の観光地「河口湖」に、オシャレな複合商業施設「旅の駅 kawaguchiko base」が2022年6月にオープン。ここでしか味わえない山梨グルメ、新鮮な地産の果物や野菜、ワイン、おいしいスイーツなど、食事やお土産ショッピングが楽しめる河口湖観光の新拠点です。
サスティナブルなアイテムのセレクトショップも併設しており、季節毎に開催予定のイベントスペースも確保。8月には河口湖初のワイナリーも誕生する予定です。

 

東京から約90分!河口湖の新しい観光拠点

旅の駅 kawaguchiko base

河口湖は富士山の北麓に位置しており、湖畔の大自然や美術館などの観光スポットをはじめ、キャンプや温泉、マリンレジャーや富士急ハイランドなど、多くのアクティビティが楽しめる人気の高原リゾート。

 

旅の駅 kawaguchiko base

「旅の駅 kawaguchiko base」はそんな河口湖の北岸エリア、富士吉田市と甲府市をつなぐ国道137号線に接する場所に誕生した、新世代型の「道の駅」です。

 

東京からのアクセスは、車で中央自動車道を利用して河口湖ICを経由すると約90分。
電車の場合は、新宿駅から特急に乗車して富士急行線河口湖駅で下車(約113分)、都内からの高速バスも1時間に1~2本程度の運行があり、新宿発の場合約105分の便利なロケーション。河口湖駅からは、タクシーを利用すれば約10分で到着できます。

 

旅の駅 kawaguchiko base
旅の駅 kawaguchiko base

4,000坪を誇る広大な敷地内には、山梨の自然の恵みを味わえる「テラスキッチン」、地産食材などを豊富に取りそろえた「あさま市場」を中心に、甲州牛や甲斐甘味豚が堪能できる「Grill USHIOKU(グリル うしおく)」、ドッグランなどがあり、ワインや食に関する学びの体験やその時々の出会いを楽しむ「イベントスペース」も用意されています。

 

旅の駅 kawaguchiko base

2022年8月には河口湖初のワイナリー「seven cedars winery(セブンシダーズワイナリー)」もオープン予定。過去に何度も日本ワインコンクールで金賞を受賞し、日本醸造家100人に選ばれた鷹野ひろ子さんが参画していることでも注目されています。醸造家やぶどう農家の個性を活かした小ロットのワイン作りにこだわって、チャレンジしていくそう。

 

山梨の食のテーマパーク「テラスキッチン」

旅の駅 kawaguchiko base
「テラスキッチン」テラス席

この「旅の駅 kawaguchiko base」の魅力のひとつは、旅をワンランクアップさせてくれるような、山梨の「本物のおいしさ」に出会えるグルメがたくさん用意されているところ。

 

「テラスキッチン」は富士河口湖町ゆかりの味をベースにした創作料理が楽しめる地産レストラン。店内に約120席、テラス30席のスペースがあり、オープンエアの開放的な空間の中で食事を楽しめます。

 

旅の駅 kawaguchiko base
甲州牛 ガーリック牛ステーキプレート 2,980円

甲州牛を味わえるメニューも充実。甲州牛は山梨県で飼育された黒毛和種肥育牛の中でも4等級もしくは5等級に分類される牛のこと。毎年約300頭のみの出荷で、山梨県外で甲州牛を見るのは珍しいことから幻のブランド牛とも呼ばれています。わざわざ、甲州牛を食べるために山梨県を訪れる人も少なくありません。

 

「甲州牛 ガーリック牛ステーキプレート」は、相性抜群のガーリックと絶妙な焼き加減にこだわった一品。甲州牛の特徴である、柔らかい肉質、鮮やかな肉色、豊かな舌ざわりを存分に堪能できるメニューです。

 

旅の駅 kawaguchiko base
甲州牛ローストビーフ丼 2,980円
旅の駅 kawaguchiko base
甲州牛 富士山ローストビーフラーメン 1,980円

甲州牛を使用したローストビーフも絶品で、柔らかくしっとり仕上げられたローストビーフを存分に味わえるメニューも。ダイヤモンド富士のように盛り付けられた「甲州牛ローストビーフ丼」、「甲州牛 富士山ローストビーフラーメン」も要チェックです。

 

旅の駅 kawaguchiko base
富士桜ポーク ソースカツ丼定食 1,880円
旅の駅 kawaguchiko base
富士桜ポーク ロースカツカレー 1,200円

山梨県は牛肉と並び豚肉の生産も盛ん。山梨県の姉妹県州であるアメリカのアイオワの豚を、山梨県で品種改良して開発されたのが「フジザクラ」です。

 

「富士桜ポーク ソースカツ丼定食」や「富士桜ポーク ロースカツカレー」など、この「フジザクラ」を使ったメニューもテラスキッチンで味わえます。

 

旅の駅 kawaguchiko base
まぐろ富士山丼 1,980円 
旅の駅 kawaguchiko base
富士の介といくら丼 1,200円

お肉料理だけではなく、見た目も華やかな2種の海鮮丼メニューも注目。豪快にまぐろを盛り付けた「まぐろ富士山丼」や「富士の介といくら丼」などの海鮮丼メニューも用意しています。

 

「富士の介(ふじのすけ)」とは、山梨県水産技術センターがニジマスとマス類の最高級とされるキングサーモンを交配し開発したブランド魚。豊かな旨み、ほどよく乗った上品な脂、鮮やかなサーモンピンクが特徴のおいしい魚です。

 

旅の駅 kawaguchiko base
信玄鶏と季節野菜のガーデンドリア 1,380円

鶏肉がお好きな方におすすめなのは、「信玄鶏と季節野菜のガーデンドリア」。地産の新鮮野菜もたっぷり入った、ヘルシーなメニューです。

 

「信玄どり」は鶏たちが安全でおいしく育つように、餌や環境にこだわって飼育されたブランド鶏。とうもろこしやじゃがいもから取れる天然の甘味料を与え、鶏特有の匂いのない美しい桃色の肉質が特徴。本物のおいしさを味わえる鶏肉です。

 

旅の駅 kawaguchiko base
浅利ときのこのほうとう 1,180円
旅の駅 kawaguchiko base
明太クリームほうとう 1,200円
 

メニューのラインナップには、山梨の郷土料理「ほうとう」をフェットチーネ風にアレンジしたメニューも。伝統的な「ほうとう」よりも薄く伸ばした、オリジナルのほうとうを開発。トゥルンとした新食感が味わえます。

 

旅の駅 kawaguchiko base
左:ワインソフト 480円、右:ミルクソフト 400円

ほかにも、おそば、ソフトクリーム、ドリンクなど、豊富なメニューが充実。「お子さまラーメン」や小さな丼ぶりも数種類あるので、小腹が空いた時にもおすすめです。

 

河口湖初出店!山梨県の老舗食肉卸直営のテイクアウト&レストラン「Grill USHIOKU」

旅の駅 kawaguchiko base
旅の駅 kawaguchiko base

敷地内の別棟にはハンバーグとステーキのレストラン「Grill USHIOKU(グリル うしおく)」もオープン。昭和2年創業、山梨県産銘柄牛の食肉卸専門店「牛奥商店」の直営店です。

 

店内では最高級のA5ランク甲州牛サーロインステーキセット(8,800円)や、甲州牛入りハンバーグ(1,680円)などのぜいたくなメニューを山梨のワインや地ビールと一緒に味わえます。キッズハンバーグ(980円)などのお子さまメニューもあり、ファミリー利用にもおすすめ。

 

旅の駅 kawaguchiko base

うれしいのは、手軽に「Grill USHIOKU」の味が堪能できる、テイクアウトコーナーも併設されているところ。

 

旅の駅 kawaguchiko base
左:甲州牛メンチカツ 400円、奥:信玄鶏骨付きモモ 800円、右:フランクソーセージ各種 400円~
※テイクアウト商品は紙皿やペーパーバッグでご提供

丸い形の「甲州牛メンチカツ」は、スタッフ自慢の一品!甲州牛がぎっしり詰まっていて、ひと口食べると肉汁があふれます。「牛奥商店」は甲州牛1頭買いなどをしている卸売店なので、ステーキなどを切り分ける時に出た品質の良い肉などをたっぷりと使えるのです。

そのほか、USHIOKUの「甲斐甘み豚」を使用した「フランクソーセージ」もおすすめ。「甲斐甘み豚 白フランクソーセージ」と「甲斐甘み豚オレガノ荒挽き」は、世界に類を見ないソーセージを作る「hayari」とのコラボで生まれた、お店の自信作。肉の甘みを閉じ込めた深い味わいと、なめらかな食感は、何度でも食べたくなるほどのおいしさ。
「信玄鶏骨付きモモ」も、この価格でこのボリューム感!しっかりとお肉を味わえます。

 

旅の駅 kawaguchiko base
 左:丸ごと飲めるオレンジ 400円、右:丸ごと飲めるグレープフルーツ 500円

おもわず写真に撮りたくなる見た目の「丸ごと飲めるオレンジ」や「丸ごと飲めるグレープフルーツ」や、「山梨県産イチゴスムージー(400円)」など、フルーツを使ったドリンクも販売されています。

 

老舗の手作りパン工房「KAWAGUCHIKO BAKERY by saintcloud」も出店!

旅の駅 kawaguchiko base

地元で70年間愛され続ける手作りパン工房「サンクルー」も、この旅の駅に新店舗「KAWAGUCHIKO BAKERY by saintcloud(サンクルー)」をオープン。

 

旅の駅 kawaguchiko base

地元の野菜をたっぷり使った「ラタトゥユソーセージ(280円)」や「チーズカレー(237円)」など、定番パンや季節の新作パンなどの約50種類のパンが並びます。

 

旅の駅 kawaguchiko base

サンド系のパンメニューには、「パストラミビーフとモッツァレラ」(356円)や、「ツナメルト」(356円)なども用意。富士山の美味しい水を使った手作りパンを購入できます。

 

地産の魅力が詰まった品と出会える「あさま市場」

旅の駅 kawaguchiko base

旅の駅の中心にある「あさま市場」。天窓から光が差し込む、71平米の広々とした店内には、約2,000品目を超える山梨の名産品やオリジナル商品がずらり。

 

歴史ある老舗の味から、若手生産者が作る新たな味まで、地産の魅力が詰まった多種多様な商品が集合。化学肥料や合成保存料にも目を向け、安心・安全な食品の提供にこだわっています。

 

旅の駅 kawaguchiko base

「産直マルシェ」は100件以上の農家と契約し、こだわり抜いて作られた「本物のおいしさ」を厳選。富士河口湖町産のレタスやきゅうり、都留市産のかぶ、忍野村産のしいたけなど、四季折々の野菜や果物が並びます。

 

お土産にもオススメ!かわいい山梨スイーツ

旅の駅 kawaguchiko base
左:旅するプリン 550円、右:おひさまゼリー 500円〜

お土産にぴったりのスイーツもたくさん取りそろえています。旅の駅オリジナルの「旅するプリン」は、黒富士農場の卵をたっぷり使用した品。フルーツ王国の山梨ならではの「おひさまゼリー」もおすすめです。

 

旅の駅 kawaguchiko base
季節毎の干菓子デザインイメージ
旅の駅 kawaguchiko base
上生菓子 162円~220円、富士山の干菓子セット 400円、もろこしまんじゅう 162円

富士山の形の干菓子セットや、上生菓子など、味だけでなく見た目のディテールにもこだわったスイーツも見逃せません。

 

テイスティングしながら購入できるワインコーナー

旅の駅 kawaguchiko base
温度・湿度が管理されているワインコーナー
旅の駅 kawaguchiko base
カード式のテイスティングマシン

「あさま市場」の一角には、山梨県を中心とした多彩な地産ワインがずらりと並ぶ「ワインコーナー」も。テイスティング用のカードを購入すると、数百円で気になる銘柄のワインを手軽に味わえます。自分好みの味を探して購入できるのもうれしいポイントです。

 

ヘルシーなペット用ジビエもおすすめ

旅の駅 kawaguchiko base

わんちゃん・ねこちゃん用のジビエも販売しています。食べてほしい時にサッとかけると風味&栄養がアップする「魔法の粉 鹿肉ふりかけ」(1,650円)や、わんちゃんが夢中になってカミカミするおやつ「鹿アキレス」(691円)など、ペットの健康を考えたおいしいジビエが勢ぞろい。

 

旅の駅 kawaguchiko base

敷地内には、ウッドチップを敷き詰めたドッグランも完備。レストランのテラス席ではペット(小型〜中型)と一緒に食事やカフェタイムを楽しめるので、ペット連れでの立ち寄りも安心です。

 

サスティナブルアイテムのセレクトショップ「PLANET&ME」

旅の駅 kawaguchiko base

「PLANET&ME」は、2021年に富士河口湖町に本社移転したサザンオールスターズらが所属する芸能事務所「株式会社アミューズ」が手がけるセレクトショップ。山梨県産のものをはじめ、国内外から地球にも人にも楽しくて優しいサスティナブルアイテムを厳選し、店頭販売しています。

 

旅の駅 kawaguchiko base
甲斐国物語「Kai Cream」388円~

甲斐国物語「Kai Cream」は、形が不ぞろいで贈り物に使えないぶどうで作られたアイスクリーム。シャインマスカットは、1番の完熟期に収穫したものをピューレにしてブレンド。ラムレーズンは丸ごと大きな1粒のラムレーズンが入っており、クリームにクッキーを練り込んだレーズンサンドを思わせる濃厚な大人の味が魅力です。

 

旅の駅 kawaguchiko base
左:GOT BAG 18,150円、右:PLASTICITY 15,400円

写真左はインドネシアで回収した海洋廃棄プラスティックをリサイクルして生産された「GOT BAG」のデイパック。デイパックひとつに約2.5kgのプラスティックが海から回収され、リサイクルされています。

 

写真右の白色の2WAYトートバッグは「PLASTICITY」のキルティング2WAYトートバッグ。廃棄ビニール傘を独自の方法で何層にも重ねたプラスチックに加工した生地を用いて作られています。防水性とクッション性に優れているので、モバイル機器の持ち運びにも便利な品です。

 

旅の駅 kawaguchiko base
manucurist green ネイルポリッシュ 2,970円~

フランス製のナチュラルネイルカラー「manucurist green(マニキュリスト グリーン)」は、ジャガイモ、トウモロコシ、サトウキビ、小麦などの植物由来成分84%で構成された商品。有害成分不使用、動物実験が行われていないヴィーガン&クルエルティフリーの製品です。

 

特にベースコートは、ピスタチオ樹脂やアボカド、ほうれん草、緑茶エキスが豊富に含まれており、ビタミンの濃縮物ともいえるほど栄養素が豊富。抗酸化作用があり、爪の保護やエイジングケアをしてくれるトリートメントです。自分へのお土産や、女性へのプレゼントにもおすすめ。

 

SDGsに配慮し、地域とともに成長していく旅の駅

旅の駅 kawaguchiko base

旅の駅は河口湖の豊な自然と調和する、心安らぐ「旅」の拠点。地域の生産者・事業者がこだわり抜いて作った多彩な商品が数多くそろい、旅行者だけでなく、地域住民も参加して楽しめるイベントも定期的に開催。河口湖の魅力に様々な形で触れることができます。

 

「2023年春には、こだわりのワインを楽しみながらゆっくりとした時間を過ごせる、グランピング施設「7c Villa」も開業する予定です」と、社長の伴一訓氏。また、河口湖には素泊まりの宿泊施設も多くあるので、「旅の駅 kawaguchiko base」では朝食の提供も企画していくそうです。


建物の周りや駐車場に植えた樹木や草花が、10年20年先には木立となり、やがて森の中に建物が存在するような場所になっていく構想。施設全体がヒーリング効果を生み出すような、この地ならではの体験が育っていくことでしょう。これからますます成長してゆく「旅の駅 kawaguchiko base」に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

旅の駅 kawaguchiko base

住所
山梨県南都留郡富士河口湖町河口521-4
営業時間
9:00~17:00
アクセス
富士急行河口湖駅より車で約10分
詳細
旅の駅 kawaguchiko base 公式HP

 

撮影・取材・文/北川りさ

 

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

TOP