旅行・観光におけるサステナビリティへの意識調査

207views
旅行・観光におけるサステナビリティへの意識調査

楽天トラベルでは、旅行者を対象に「旅行や観光分野のサステナビリティへの取り組みに関する意識調査」をインターネットで実施いたしました。旅行先や宿泊施設でのサステナビリティに向けた課題例をいくつかあげて問題意識をたずねたところ、気になることはないと回答した人は3割以下にとどまり、4人のうち3人(74.6%)がいずれかの課題に問題意識を感じていることがわかりました。

 

それらの課題に取り組む意欲についてもたずねたところ、約8割(80.7%)がいずれかの取り組みをしたいと回答。今回の調査を通じて、旅行先や宿泊先のサステナビリティへの取り組みについて、旅行者が高い関心を持っていることがわかりました。

 

調査対象:「直近2年以内に宿泊旅行経験がある」かつ「自分自身で宿泊の手配をした」男女20歳~69歳 1,081名
調査期間:2021年8月

 

 

 

 

1.旅行先や宿泊施設のサステナビリティ課題への問題意識は高い

行先宿泊先のサステナビリティ課題に対し問題だと感じるかたずねたところ、「気になることはない」と答えた人は25.4%とり、74.6%の人がいずれかの課題に対して問題意識があるという結果になりました。

 


ゴミ・廃棄物のポイ捨て、適切に清掃や廃棄がされていないこと」(41.4%) 、「多くの食品の廃棄を感じる、食べきれない量の食事の提供」(35.2%)、「宿泊施設で過度なサービスの提供(不要な使い捨てアメニティの提供や頻繁なタオル・シーツ等の交換など)」(24.3%)と続いており、不必要、不適切な廃棄の削減に関する課題対して関心が高い傾向がみられます。

 

Q1 : 旅行や観光をしていて問題だと感じることはありますか?

旅行に対する意識調査Q1

 

2.旅行先や宿泊施設のサステナビリティ課題に取り組む行動意欲も高い

「Q1」で提示した課題に対し「改善に向けた取り組を行動したいかどうか」たずねたところ、80.7%の人がいずれかの行動をしたいと回答しました。

 

Q1での問題意識と同様に、観光地の不適切なゴミ処理、食品(フード)ロス宿泊施設での不要な使い捨て備品や頻繁なタオル交換など過度なサービスの提供行動意欲においてもトップ3にランクイン。

 

Q1・2のアンケートを通じて、民族文化や建築物・自然環境の保全といったスケールの大きい課題よりも、旅行先や宿泊施設の身近な課題に対してより関心が高い傾向となりました。

 

Q2 :旅行や観光に関するサステナビリティの取り組みとして、どのような行動をしたいですか?

旅行に対する意識調査Q2

 

3.旅行先や宿泊施設のサステナビリティへの取り組みに関する情報は不足している

旅行先や宿泊施設のサステナビリティへの取り組みについて、旅行前に得られる情報の充足度を聞いたところ、選択肢全ての情報において6割から7割が「得られていない」と回答。旅行先や宿泊先のサステナビリティの取り組みに関心をもつ旅行者が多い一方で、事前に参考になる情報が不足している現状が明らかとなりました。

 

 

Q3 : 旅行や観光をする前に、下記の情報についてどの程度得られていますか?

旅行に対する意識調査Q6

 

4.宿泊施設を選ぶ際に参考にしたいサステナビリティな取り組みは、地域の食文化の提供や廃棄の削減が上位に

地域の食文化の提供への取り組み」(40.4%)がトップで、続いて「フードロスや使い捨てアメニティなどの廃棄の減少、削減への取り組み」(39.8%)と、ともに4割近い結果。
「連泊時のタオルや寝具、シーツ等の過度な洗濯、交換を控えることができる、またバスルームの節水など、水の使用量削減への取り組み」(34.7%)と続きました。

 

宿選びにおいては、その地域ならではの食材を使った料理の提供や食品(フード)ロスなどの食事に関する取り組みや、備品の使い捨て、過度な利用の抑制などによる廃棄の削減に対して、特に高い関心がみられます。

 

 

Q4 : 以下の宿泊施設によるサステナビリティの取り組みについて、宿を選ぶ際に好感をもって参考にしたいものを全て選んでください。

 

旅行に対する意識調査Q4

 

調査結果まとめ

■旅行者の4人のうち3人(7割以上)が、旅行先や宿泊施設のサステナビリティへの取り組みについて、何らかの問題意識を感じている。

■旅行先や宿泊施設でのサステナビリティに向けた課題トップ3
【1】観光地でゴミがポイ捨てされているなど、不適切なゴミ処理
【2】旅行先や宿で食べきれない量の食事がでるなど、食品(フードロスの問題
【3】宿泊施設での使い捨て備品の提供や頻繁なタオル交換など、過度なサービスの提供

■旅行者の8割以上が、旅行先や宿泊施設で何らかのサステナビリティの取り組みを行いたいと考えている。

■宿泊施設を選ぶ際に参考にしたいサステナビリティの取り組みトップ3
【1】地産地消や地域の食文化の提供
【2】食品(フードや使い捨てアメニティなどの廃棄の削減
【3】連泊時の備品の過度な洗濯交換を控えることなどによる水資源の節約

 


Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

SS2112

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

また、自治体によって自粛要請がされている場合があります。あらかじめ公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。