兵庫県神戸市に新感覚水族館「átoa」誕生へ! デジタルアートや舞台芸術を駆使したアート空間にうっとり

いくつもの水族館施設を有する関西圏で、2021年10月29日にアートと生物展示の融合を楽しむ「átoa(アトア)」が誕生。他の水族館とは一線を画す、“世界のどこにもない世界”を堪能できる新感覚都市型アクアリウムがオープンすることになりました。

目を見張る美しいアートに彩られた新感覚水族館!

神戸市が位置する六甲の地は100万年以上前の遥か昔、大地の隆起と水の浸食によって形成されたと言われています。「átoa」を包み込む施設「神戸ポートミュージアム(KPM)」は、そんな神戸の地の成り立ちを体現したアート作品のような外観に。その佇まいは重厚で美しく、思わず目を惹きつけられるのではないでしょうか。

現代アート美術館のような外観の神戸ポートミュージアム

施設名の「átoa」とは、「Aquariumu(水族館)to(と)Art(アート)」が掛け合わさった造語。館内は計8つものゾーンに分かれていて、デジタルアートや舞台芸術を駆使したアート空間に約100種類3,000点もの生き物たちが共存します。

施設に足を踏み入れた来館者を待っているのは「CAVE-はじまりの洞窟」。鏡面加工を施した壁面と床面に魚群型の照明が乱反射し、万華鏡の洞窟を歩いているかのような錯覚に陥りながら奥へ奥へと誘われていくことに。

幻想的な洞窟を抜けると海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」が広がり、ウェーブ照明と潮の香りが空間全体を演出。円柱型の水槽にはトラフザメやチンアナゴなどの海の生き物が展示されているので、海中を浮遊しているような感覚を楽しみましょう。

霧が立ち込める樹海の森「EREMENTS-精霊の森」

「EREMENTS-精霊の森」には霧が立ち込め、おとぎ話を彷彿とさせる世界に。淡水魚やアルダブラゾウガメなどのは虫類、水族館では珍しいウッドチャックといった可愛い生き物たちとも出会うことができます。

切り絵作家・酒井敦美氏による光の切り絵のショー
日本最大級の球体水槽「AQUA TERRA」が鎮座する「PLANETS」

3階で注目したいのは日本の風光明媚な和の世界を表現するゾーン「MIYABI」と、宇宙空間や深海の世界を体現した「PLANETS」。光の切り絵のショーを楽しめる「MIYABI」ではガラスに覆われた床のすぐ下を魚が泳ぎ、日本庭園の上を歩いているかのような不思議な感覚を味わえるのが特徴です。

4階「SKYSHORE 空辺の庭」は、開放的な空の下で楽しむ屋外展示。フンボルトペンギンやコツメカワウソなど可愛い海獣類たちとの出会いに、きっと心を癒されるに違いありません。

思わず写真を撮りたくなるフード&ドリンク
ベイエリアを一望できる絶景ポイント

他にも4階では、併設されたカフェで思わず写真を撮りたくなるようなフードやドリンク類を提供。展望デッキ「ROOF TOP」から眺める神戸の絶景は格別で、昼はもちろん夜には神戸ベイエリアの美しい夜景を楽しむことができます。アートと生き物の融合が生み出した世界に、じっくり身を浸してみては?

 

átoa(アトア)

住所
兵庫県神戸市中央区新港町7-2
料金
大人(中学生以上)2,400円、子ども(小学生)1,400円、幼児(3歳以上)800円、幼児(3歳未満)無料
営業時間
10:00~21:00 / 年中無休
詳細
átoa 公式サイト
Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

また、自治体によって自粛要請がされている場合があります。あらかじめ公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。