旅の楽しみ方

絶景にグルメ…最新の松島を楽しむのんびり散策モデルコース

日本三景のひとつに挙げられる松島へ、いつか訪れてみたいと考えている人も多いはず。近年、松島はおしゃれなお店も増えて新たな魅力を発信しています。海沿いに観光スポットが集まる松島で、ゆったり散策&グルメを堪能するおすすめコースをご紹介します。

宮城県随一の観光名所・日本三景「松島」

日本三景 松島

海上に点々と連なる小島が描く絶景は、古くから観光の名所として愛されてきました。美しい入江、高台からの眺め、緑に囲まれた歴史ある寺院、ずらりと並ぶ土産物店など、景勝地の貫禄を保ちつつ、ここ数年は若い世代が運営する新しいお店が増え、新しい風が吹いています。

松島観光エリアまでのアクセス

松島観光 アクセス

東京駅から仙台駅まで新幹線で約1時間半。そこから観光の起点となる松島海岸駅までは、仙石線に乗り換えて約40分。車なら、仙台駅から三陸自動車道経由で約40分です。

カフェ「le Roman」の絶景&ふわふわクロックムッシュ

松島 カフェ「le Roman(ロマン)」

まずは松島海岸駅から車で約4分、「西行戻しの松公園」内にある素敵なカフェ「le Roman(ロマン)」へ。徒歩も楽しいですが、ここは高台にあるのでタクシーがおすすめです。

松島 カフェ「le Roman(ロマン)」

松島湾に浮かぶ島々を見下ろすパノラマビューを堪能できます。季節のフルーツを使ったスイーツや各種コーヒーなど、メニューが豊富なロマンは男女問わず人気です。

松島 カフェ「le Roman(ロマン)」

料理はすべてお店の手作り。国産小麦にこだわった自家製パンのクロックムッシュ(870円)は、ハムを挟んだボリュームのあるふわふわパンに、ベシャメルソースがたっぷり染み込んで、心まで満たされるおいしさです。

松島 カフェ「le Roman(ロマン)」

香りと酸味と苦味の調和を大切にしているというブレンドコーヒー(500円)は、すっきりと飲みやすく香り豊か。「景色や食事をトータルで楽しんでいただきたい」と話す店長の齋藤さん。スタッフの接客も心地よく、ゆったりと過ごすことができます。

le Roman(ロマン)

住所
宮城県宮城郡松島町松島字犬田10-174
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約22分
営業時間
11:00〜17:00L.O.
定休日
火曜日(祝日の場合は翌日)

悪縁を絶つ、雄島の「渡月橋」

松島 「縁切り橋」

松島海岸駅から徒歩約5分。雄島(おしま)にかかる朱塗りの渡月橋は、悪縁を絶つ「縁切り橋」といわれています。かつて修行僧たちが島へ渡る際に俗世との縁を切ったことに由来するようです。島内には人の手によって掘られた岩窟に仏像が安置されていて、霊場であることがうかがえます。

雄島

住所
宮城県宮城郡松島町松島字浪打浜24
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約5分

「円通院」でオリジナル数珠づくり体験

松島 「円通院」で数珠づくり体験

雄島から徒歩約10分。素敵な庭園があることで知られるお寺「円通院」で数珠づくり体験をしてみましょう。四季折々の美しい景色を眺めながら境内の散策もおすすめです。

松島 「円通院」で数珠づくり体験

今回体験したのは天然石のブレスレットタイプで3,000円からとなります。

松島 「円通院」で数珠づくり体験

19種類の石の中から一番大きな親珠をひとつ選び、それを囲むように残りの石を選んでいきます。他にプラスティックやガラス素材でつくることもできます。

松島 「円通院」で数珠づくり体験

好きな色や組み合わせを考えて選んだら、最後に紐を通して完成です。天然石で数珠をつくった場合は、完成後に選んだ石にまつわる意味を教えてくださいます。情熱を湧き起こす石、健康運、想像力を高める石など、意味を知るとより愛着が湧いてきますね。

臨済宗妙心寺派 円通院

住所
宮城県宮城郡松島町松島字町内67
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約5分
拝観時間
4月~10月下旬 8:30~17:00、10月下旬~11月 8:30~16:30、12月~3月 9:00~16:00(※コロナウイルスの影響で現在は 平日9:00~15:00、土日祝日9:00~16:00)
定休日
無休
拝観料
大人 300円、高校生 150円、小人(中・小学生) 100円
※数珠づくり体験・数珠のお直しの方も別途拝観料(大人300円)が必要です。

※新型コロナウイルスの影響で営業時間変更の可能性があります。

優しい味の人気パン屋さん「ぱんや あいざわ」

松島 パン屋さん「ぱんや あいざわ」

土産物屋が並ぶ海岸沿いのメインストリートから一本山側に入った水主町(かこまち)通りに、人気のパン屋さん「ぱんや あいざわ」があります。国産小麦と自家製酵母でゆっくりと自然の力で発酵を促してつくるのがおいしさの秘密です。

松島 パン屋さん「ぱんや あいざわ」

いろんな種類がある大人気のカンパーニュは、週末は午前中で売り切れてしまいます。逃したくない方は電話予約ができるそうですよ。平日は午前10時半頃に焼き上がるので、その時間に尋ねるのもおすすめ。

松島 パン屋さん「ぱんや あいざわ」

「ぜひ松島に来てまちを楽しんで」とオーナーの相澤さん。食べ歩きに向いているパンを伺ったところ、「あんこと発酵バター・柔」(248円)をおすすめしていただきました。北海道あずきの自家製あんこと発酵バターの絶妙なハーモニーがパンと相性バッチリ、おいし過ぎます!歩き回った疲れを癒してくれる、優しい味のパン屋さんです。

ぱんや あいざわ

住所
宮城県宮城郡松島町松島字町内157-2
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約10分
営業時間
8:30〜17:00 ※パンがなくなり次第終了
定休日
月曜日(月曜祝日の場合営業、他不定休あり)
電話番号
022-354-0233

駅前「松島イタリアン Toto(トト)」の魚介たっぷりランチ

松島 「松島イタリアン Toto(トト)」

海の幸がおいしい松島ですが、ここでランチにおすすめのイタリアンをご紹介します。松島海岸駅のすぐ横に立つこちらのお店は、地元の新鮮な魚介と野菜をたっぷり使ったイタリアンがいただけるレストラン。ランチセットなら、お好みのパスタまたは窯焼きピザに前菜とドリンク、焼き菓子がついて、ご当地の味をたっぷり堪能できます。

松島 「松島イタリアン Toto(トト)」

一番人気のペスカトーレセット(1,700円)をオーダー。塩釜港直送の魚介をふんだんに使ったメインのパスタは、ムール貝、あさり、しじみ、海老などが豪快に盛り付けられています。もちもちのリングイネパスタに魚介の旨味が絡んで絶品です。この日の前菜は、仙台の枝豆とトウモロコシを使ったフリッタータやタコのテリーヌ、自家製アップルビネガーを使ったサラダなどが彩りよく並んだ一皿。

松島 「松島イタリアン Toto(トト)」

南イタリアをコンセプトにした店内。店名は、南イタリアのシチリアを舞台にした映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の主人公からとったそうで、劇中で描かれる広場と映画館のように、旅人も住民も集まる楽しい場所にしたいという思いが込められています。松島では珍しい、地元食材を使った本格イタリアンが楽しめる素敵なお店です。

松島イタリアン Toto(トト)

住所
宮城県宮城郡松島町松島字浪打浜10
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約10秒
営業時間
ランチ11:00〜16:00(L.O15:00)
ディナー17:00〜21:00(L.O20:00)
定休日
無休 ※不定休あり

地元の名物グルメに出会える「M Pantry」

松島 「カキとコメと」

「ぱんや あいざわ」から徒歩約5分。食にまつわるセレクトショップ「M Pantry(エム パントリー)」で、お店の名物「カキとコメと」(1枚 250円)をいただきます。宮城の牡蠣と宮城の米「ひとめぼれ」を使った珍しいお煎餅で、注文するとその場で焼いてくれます。

松島 「カキとコメと」
松島 「カキとコメと」

団子状の米粉に牡蠣を丸ごと一個のせてプレスすると、牡蠣の出汁が焦げる良い香りが店中に広がります。牡蠣の水分量が異なるので焼き加減が難しく、研究を重ねて今の味にたどり着いたそうです。

松島 「カキとコメと」

パリパリ食感で、凝縮された牡蠣の旨味、米の甘みが余韻になって残ります。

松島 M Pantry「カキとコメと」

地元を愛する店主の鈴木さんが、宮城のおいしいものをもっと知ってもらおうと開いたこちらのお店には、県内各地のうまいものが大集合していて、宮城の食の豊かさを実感できます。お土産にもおすすめです。丁寧な解説をしてくれる店主との会話も弾むお店です。

M Pantry

住所
宮城県宮城郡松島町松島字仙随10
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約15分
営業時間
9:30〜18:00 ※但し当面の間16:00までの短縮営業
定休日
水曜日

良縁をもたらしてくれる「福浦橋」へ

松島 カフェ・ベイランド(福浦橋入口)

M Pantryから海岸へ向かい徒歩約5分。福浦島にかかる「福浦橋」は、長さ約252mの朱塗りの橋で、良縁をもたらしてくれる「出会い橋」といわれています。福浦島は島全体が自然公園になっていて、30分〜1時間ほどで散策できます。橋のたもとにある「カフェ・ベイランド」が入場口です。

カフェ・ベイランド(福浦橋入口)

住所
宮城県宮城郡松島町松島字仙髄39-1
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約15分
通行可能時間
3月〜10月 8:30〜17:00
11月〜2月 8:30〜16:30
通行料金
大人 200円、小人 100円

足の疲れを癒す「ホテル海風土」の無料足湯

松島 「ホテル海風土(うぶど)」の無料足湯

福浦橋から遊歩道に沿って徒歩約5分、旅の後半でぜひ立ち寄りたいのが「ホテル海風土(うぶど)」の前にある無料足湯。タオル持参で訪れてみましょう。地元の人も利用する足湯で楽しい出会いがあるかもしれません。

松島 「ホテル海風土(うぶど)」の無料足湯

松島は温泉郷でもあり、海風土は元湯です。「太古天泉」と名づけられた、なめらかで優しい泉質は、化粧水のようなとろみで入るとお肌がぷるぷるになります。松島温泉の宿の中には、海を眺める展望露天風呂や露天風呂付き客室があり、優雅なひとときを過ごせます。

松島 「ホテル海風土(うぶど)」松島温泉組合長 西條さん

今回、旅のアドバイスをくださった松島温泉組合長の西條さんは、「宿泊すると美しい日の出や月夜の風情を堪能できます。ぜひ松島で非日常を楽しんでもらえたら」と話していました。2017年の温泉総選挙では絶景部門第3位に輝いた松島温泉。その魅力をぜひ泊まって確かめてみてはいかがでしょうか?

松島温泉元湯 ホテル海風土

住所
宮城県宮城郡松島町松島字東浜5-3
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約17分
利用時間
9:00〜日没まで

オリジナルのお土産が豊富な「松島 雪竹屋」

松島 雪竹屋

ホテル海風土から徒歩約10分、海岸沿いの名所「五大堂」前にあるお店です。店頭でお煎餅を焼いているのが目印。店内にはお煎餅を扱うコーナーと、その奥に個性豊かなオリジナル商品を中心としたお土産が並んでいます。

松島 雪竹屋

名物の「雪ざらめ」(550円)は、焼き上がったらわざと割ってタレをたっぷり染み込ませたお煎餅です。五大堂をかたどった「五大堂せんべい」(各120円)。お店のオリジナルエコバッグ(350円)。鳥の絵はもともと「カモメに気をつけて」とお店の方が描いた注意書きでしたが、あまりにシュールだったため商品化。若い女性に人気なのだそうです。

松島 雪竹屋

日本や東北の文化を感じられる商品を扱っている雪竹屋。手拭いや工芸品などの雑貨を、クリエイターや企業とコラボし、世界でここにしかないオリジナルグッズを制作・販売しています。オンリーワンのお土産を選ぶならはずせないお店です。

松島 雪竹屋

住所
宮城県宮城郡松島町松島字町内109
アクセス
JR松島海岸駅より徒歩約7分
営業時間
10:00〜17:30
定休日
無休 ※冬期のみ火曜定休

自分の足で松島の穴場を散策しよう

松島 観光

徒歩でめぐった松島の旅。自分の足で歩いてみれば、地域の空気や人の優しさに触れられる素敵な出会いが待っていました。おもてなしの心が息づく街並みと名所、バラエティに富んだグルメ、そして若い担い手たちがつくる新しい松島に、あなたも出かけてみませんか。

松島散策マップ

写真・取材・文/Junko Saito

トップヘ