旅の楽しみ方

圧倒的な美しさ! 冬の風物詩・あしかがフラワーパークのイルミネーション

栃木県を代表する観光スポットのひとつ、あしかがフラワーパーク。冬はイルミネーションが園内を彩り、フォトスポットとしても大人気。おすすめの散策コースや撮影ポイントなどを徹底解説!

栃木県を代表する観光スポットのひとつ、あしかがフラワーパーク。冬はイルミネーションが園内を彩り、フォトスポットとしても大人気。おすすめの散策コースや撮影ポイントなどを徹底解説!

都内から電車で約2時間と、意外とアクセスしやすい栃木県・あしかがフラワーパーク。
春の大藤が有名ですが、冬は「日本三大イルミネーション」のひとつにも選ばれた幻想的なイルミネーションが楽しめるスポットでもあります。今回は、毎年10月末~2月上旬に開催されるイルミネーション「光の花の庭」の見どころや、楽しみつくすためのポイントをたっぷりとご紹介いたします。


2018年4月に新設!「あしかがフラワーパーク駅」を利用しよう

あしかがフラワーパーク駅

電車であしかがフラワーパークを訪れる場合は、2018年4月に新設されたJR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」が玄関口。栃木県内では35年ぶりに開業したJR新駅で、あしかがフラワーパークまでは徒歩約3分と抜群の立地に構えています。
車で来る場合は、駅のそばにある西ゲート付近の駐車場か、正面ゲート付近の駐車場を利用するのがおすすめ。無料で24時間利用できるため、朝イチで来て開場までパークで過ごす観光客も多いとか。藤やイルミネーションの繁忙期には周辺も駐車場として開放され、約6,000台が収容可能となります。

あしかがフラワーパーク駅改札に至る階段

改札に至る階段は、あしかがフラワーパークの顔である藤をデザイン。美しい紫が気分を高揚させてくれます。

あしかがフラワーパークに至る通路

あしかがフラワーパークは駅の目の前にあるので、迷う心配はありません。柵に沿って、正面ゲートを目指します。ゲートへは徒歩約3分といったところ。

あしかがフラワーパーク正面ゲート

昼の部は正面ゲートを入り、おみやげ売り場や花売り場を横目にまっすぐ進むと、そこが入園券売り場。夜の部はショッピングハウス手前がチケット売場になります。クリスマスシーズンは写真のように大きなツリーがお出迎えしてくれます。入園料は訪れた12月中旬時点では大人が昼の部300円、夜の部900円となっていますが、時期によって変動するので、事前に把握したい場合は公式サイトや電話で確認することをおすすめします。

あしかがフラワーパーク

冬の昼の部は閑散としていて、人影もまばら。見ごろの花も多くはありませんが、そのぶんのどかで、貸し切り状態でゆったりと園内を散策できるのが魅力。夜の部に備えて、事前にルートを予習しておくのもいいかもしれません。

あしかがフラワーパーク

電飾が灯る前の状態を見学できるのも昼の部の楽しさのひとつ。同じ構図で撮影して夜の部と比べてみるのも面白いかも?

イルミネーションディナープレート

ひと通り散策したら、休憩がてら夜の部に備えて腹ごしらえはいかがでしょう。正面ゲート近くのレストラン「ウエステリア」では、イルミネーションの時期に数量限定の「イルミネーションディナープレート」(2,200円・税込)を提供しています。魚介のブイヤベースや有機野菜のサラダ、トリュフのクロケット、下野牛のステーキなどを一皿にまとめた豪華なメニューで、イルミネーションを意識したカラフルなビジュアルが楽しい! 遅い時間帯になると売り切れる場合もあるので、食べたい場合はお早めに。

電球は450万球以上と圧倒的スケール! イルミネーションを堪能

あしかがフラワーパーク イルミネーション

15時半から、いよいよ夜の部がスタート! 開園直後はまだ空も明るいため、観光客の姿はまだ少なめ。17時ごろになると園内も暗くなり、イルミネーションも輝き始めます。このころから人が一気に多くなり、あちこちで撮影を楽しむ人の姿が目に入ります。あしかがフラワーパークの職員の方によると、開園直後以外では閉園間際の19時半以降は人が少なくおすすめの時間帯だそうです。

あしかがフラワーパーク イルミネーション

同園職員の方によると、イルミネーションはバラの形や藤の形などのキャップを、スタッフ総出で450万個以上の電球に一個ずつ手作業でつけているのだとか。

光のフラワーステージ

正面ゲートを入ってすぐの「光のフラワーステージ」はさまざまな色のイルミネーションが花壇を埋め尽くし、幻想的な光景。散策スタート直後からテンションが高まること必至!

レインボーマジック

「光のフラワーステージ」を堪能したら、次は2018年シーズンから新たに登場した「レインボーマジック」へ。左手に大きな虹がかかるので、暗がりでも迷わずに見つけられるでしょう。イルミネーションはさまざまな形に変化するので、足を止めてゆっくりと味わいたいところです。

屈指の人気ポイント! 幻想的な「奇蹟の大藤」

奇蹟の大藤 イルミネーション

同園のシンボルツリー「奇蹟の大藤」のある場所では、藤色の花房をイメージした電飾が咲き広がり、幻想的な空間を演出しています。屈指の人気ポイントで、撮影を楽しむ人もたくさん! 

奇蹟の大藤 イルミネーション

カメラで撮影する際は、暗いので三脚を持参するのがおすすめです。全景が写るように、イルミネーションからはやや距離を置いて。エリアの中央には人が集まっていますが、イルミネーションを斜めの角度から見られる端の方は意外に空いており、撮影しやすいポイントです。

奇蹟の大藤 イルミネーション

やはり最大の見どころなので、ゆったりと見物したいもの。多めに時間を確保しておき、いろいろな角度から撮影して自分だけのベストポイントを見つけてみましょう!

メルヘンな世界観が楽しい「フラワーキャッスル」へ

スノーワールド イルミネーション

次は、「奇蹟の大藤」と並ぶ人気スポット、「フラワーキャッスル」へと向かいましょう。園内中央に位置する「奇蹟の大藤」から見て左サイドを進むと、途中にあるのは「スノーワールド」。かわいらしい雪だるまのイルミネーションがずらりと並び、気持ちを盛り上げてくれます。

スノーワールド イルミネーション

可愛らしいカラフルなイルミネーションがずらりと並ぶスポット。

光のピラミッド

右手にはピラミッドのイルミネーション「光のピラミッド」。こちらも2018年に新設されたスポットです。中央のイルミネーションタワーやピラミッドが水面に映る位置取りを工夫してみるといいでしょう。

フラワーキャッスル

さらに奥へ進むと、一面のお花畑とその後方にたたずむ白いお城のイルミネーションが登場! 

フラワーキャッスル

お城の背後には花火が打ちあがっているような演出も。正面、斜め、下からなど、いろいろなアングルで撮影してみると、印象が異なった一枚が撮れるでしょう。「フラワーキャッスル」は園の最深部にあります。

未来への翔き

「フラワーキャッスル」を出たら、左手に進むとそこは「未来への翔き」。鳥をイメージしたイルミネーションが可愛らしい!

あしかがフラワーパーク イルミネーション

このエリアは、実は「光のピラミッド」や「スノーワールド」などがきれいに見えるポイントでもあります。撮影の際は、ピラミッドの重なり具合が良いバランスの位置を探してみましょう。

あしかがフラワーパーク イルミネーション

カラフルな蒸気機関車も登場。煙を吐き出す演出が施されていて本物のよう!

あしかがフラワーパーク イルミネーション

「白藤のトンネル」を抜けると、正面ゲートはもう目の前。「奇蹟の大藤」を出て、「フラワーキャッスル」~「未来への翔き」~「白藤のトンネル」へと移動すると、ちょうど園内を一周するルートとなりますので、ルート選びの参考にしてみてください。撮影するなら、閉園1時間前を狙うと人が少なくなるのでおすすめです。電車利用の場合も、前述「あしかがフラワーパーク駅」から21時台に出発する電車に乗って、当日中に都内に戻ることも可能です。
夜は一気に冷え込むので、防寒対策は念入りに!

あしかがフラワーパーク イルミネーション
あしかがフラワーパーク イルミネーション
あしかがフラワーパーク イルミネーション
あしかがフラワーパーク イルミネーション

画像提供/あしかがフラワーパーク

幻想的なイルミネーションが満喫できる、あしかがフラワーパーク。ゴールデンウィーク付近になるとダイナミックな大藤が登場し、初夏は約500種約2,500株のバラが咲き誇ります。夏は熱帯性スイレン、秋は約30万本の紫の花・アメジストセージが埋め尽くし…。1年を8つのテーマで分けており、年間を通して楽しめるのが魅力です。周辺には、日本最古の学校として日本遺産に認定された「足利学校」や温泉、ご当地の佐野ラーメン…と楽しみも多いので、さまざまな魅力を探しに当地を訪れてみてはいかがでしょうか?

あしかがフラワーパーク フラワーファンタジー「光の花の庭」

住所
栃木県足利市迫間町607
開園時間
昼の部10:00~15:00/夜の部15:30~21:00(土日祝は21:30まで。昼の部と夜の部は入替制)
入園料
花の咲き具合により料金が変動します。詳しくはお電話にてお問合せ下さい。
定休日
なし(2月第3水曜・木曜と12月31日は休園)
電話番号
0284-91-4939
アクセス
JR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」より徒歩約3分

取材・写真・文/カワハタユウタロウ

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。


トップヘ