廃瓶が琉球ガラスの器に!「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」で取り組み開始

廃瓶が琉球ガラスの器に!「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」で取り組み開始

沖縄県国頭郡宜野座の「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」は、沖縄の自然に抱かれながら地元食材を使ったフレンチを楽しめる美食のリゾート。そんな同ホテルで、レストランから廃棄されるボトルを沖縄の伝統工芸である琉球ガラスの原材料にする、アップサイクルな取り組みがスタートしました。

 

ホテルで廃棄されるガラスボトルを琉球ガラスの素材に

廃瓶が琉球ガラスの器に!「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」で取り組み開始

琉球ガラスは、かつて駐留米軍に持ち込まれたコーラやビールなどの空き瓶を原材料に、独特の風合いを生かした作品が魅力です。そんな琉球ガラスの工房では、コロナ禍を受けて原材料の不足が問題となっていました。

現代の名工にも選ばれた故・稲嶺盛吉さんの息子である盛一郎さんを「宙吹ガラス工房 虹」に尋ね、その現実を知った「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」の橋本和貴総支配人は、ホテルで廃棄されるガラスボトルを素材としてオリジナルの器やグラスをつくることはできないかと相談を持ちかけました。

 

廃瓶が琉球ガラスの器に!「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」で取り組み開始

同工房のガラス作品は、もともとホテルのショップでもお土産として人気を集めているもの。「地域の資源をいただくだけの一方通行ではなく、ホテルの立場から還元できるのではないか」という考えがその原点にありました。

 

琉球ガラスならではの美しいグリーンの器が誕生!

廃瓶が琉球ガラスの器に!「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」で取り組み開始

提案を受けた稲嶺さんは、ホテルのレストランで大量に出るスパークリングウォーターとミネラルウォーターのボトルを原料とした作品づくりに取り組むことに。特有の粘性や膨張率をもつ素材をもとに、グリーンの濃淡を生かした美しい表情を持つ器が生まれたのです。

廃ガラスを材料とした琉球ガラス特有の気泡と、ホテル敷地内でも目にすることができる原生林を思わせる鮮やかなグリーンが魅力の器は、名工の手を経てふたたびレストランのテーブルに。まずは泡盛のロックグラスとして提供がスタートしました。

さらに、器の持つ豊かな表情にシェフの創作意欲も刺激され、目でも楽しめる美しいオリジナルアミューズも誕生。お土産としてショップで販売される作品のラインナップも広がり、今後もアイテムが増やされていく予定だとか。

 

廃瓶が琉球ガラスの器に!「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」で取り組み開始

「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」では、今後もこの取り組みを継続することで廃棄を減らし、地域の環境負担低減にも貢献していく意向。人と人とのつながりから生まれた取り組みについては、特設サイト「読むひらまつ」でも紹介されています。

リゾートの魅力をさらに向上させ、長く続けていくために求められるアップサイクルな取り組み。美しい琉球ガラスの器でいただく料理はまた格別です。「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座」でのステイで、体感してみてはいかがでしょうか。

 

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS宜野座

住所
沖縄県国頭郡宜野座村字松田1425
総部屋数
19室
アクセス
「那覇空港」から車で約60分、高速バス「宜野座」ICから車で約15分(送迎あり)

 

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

SS202406

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

 
 

TOP