仙台うみの杜水族館でナイトアクアリウムシアター「SEATOPIA」が開催!ケープペンギンの新施設もオープン

宮城県仙台市の「仙台うみの杜水族館」では、2022年7月22日〜8月28日の期間限定で、ナイトアクアリウムシアター「SEATOPIA(シートピア)」を開催します。期間中は、閉館後の館内が劇場のようなファンタジー空間に大変身。夜の水族館ならではの幻想的な雰囲気を活かした演出とパフォーマンスによって、まるで海の中にいるような没入感を味わえます。

 

閉館後の水族館で楽しむ、幻想的な「ナイトエンターテインメント」

仙台うみの杜水族館 ナイトアクアリウムシアター「SEATOPIA」

ナイトアクアリウムシアター「SEATOPIA」は、仙台出身の世界的パフォーマンス集団「白A」とのコラボレーションによって誕生した次世代のエンターテインメント。

閉館後の水族館に“うみ”の生きものと“ひと”が融合した新たな生命体「Umingle(ウミングル)」が出現し、ゲストを“うみ”と“ひと”がつながるファンタジーの世界「SEATOPIA」へと誘います。

 

仙台うみの杜水族館 DIVE TO SEATOPIA

なかでも見どころとなっているのが、2頭のイルカ、トレーナー、Umingleに扮した11人のパフォーマーたちが迫力満点のパフォーマンスを繰り広げる「DIVE TO SEATOPIA」です。

メインパフォーマンスの「DIVE TO SEATOPIA」では、臨場感をたっぷり味わえるスタジアムを最大限に活かしたパフォーマンスと、ムービングライト、プロジェクションマッピングによる演出が見事に融合。まるで海の中にいるような没入感と一体感を楽しめます。

さらに、ゲストも参加できる簡単なダンスパートや掛け合もあり、ゲスト、イルカ、パフォーマーが一体となって楽しめるエンターテイメントを通して、“うみ”と“ひと”とのつながりを表現します。

 

仙台うみの杜水族館 ナイトアクアリウムシアター「SEATOPIA」

その他にもエントランスやクラゲエリアにはプロジェクションマッピングが投影され、水族館が夢の世界に入り込んだかのようなファンタジー空間に変身!

大水槽前で繰り広げられる水陸同時パフォーマンスをはじめ、館内のあちこちでもUmingleに扮したパフォーマーたちによる美しいパフォーマンスやアクロバット、ダンスを楽しめます。

 

7月15日にケープペンギンの新施設もリニューアルオープン!

さらに7月15日には、ケープペンギンの新施設「うみの杜ビーチ - PENGUIN LIFE -」がオープン。ケープペンギンが多く生息する南アフリカのボルダーズビーチをモデルにた生息環境を再現しつつ、ペンギンたちをより身近に感じられる展示にリニューアルします。

 

この夏は「仙台うみの杜水族館」で、ナイトアクアリウムシアターやペンギンの魅力を感じられる新体験プログラムを満喫してみてはいかがでしょうか?

 

仙台うみの杜水族館

住所
宮城県仙台市宮城野区中野4-6
料金
大人(18歳以上)2,400円、中・高校生(12〜18歳)1,700円、小学生(6〜12歳)1,200円、幼児(4歳〜未就学児)700円、シニア(65歳以上)1,800円
※2022年7月15日以降
アクセス
JR仙石線「中野栄」駅下車、徒歩約15分
詳細
仙台うみの杜水族館 公式サイト

 

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

TOP