軽井沢の四季とグルメを満喫する!バスで旅するおすすめ観光モデルコース

標高約1,000メートルの高原にあり、文化人をはじめ多くの著名人に愛されてきた軽井沢は、全国でも有数のリゾート地として知られています。とくに避暑地として有名ですが、自然にも恵まれていることから、四季を通じて楽しめるスポットも数多く存在しています。

 

今回は、そんなリゾート地・軽井沢を満喫すると同時に、豊かな自然や、季節やイベントに合わせて各スポットで開催されるイルミネーション、多彩なお店が集うショッピングスポットなど、一年を通して楽しめるおすすめの観光コースをご紹介します。

 

 

 

軽井沢駅からのバスルートを紹介

軽井沢駅からのバスルート

軽井沢駅の北口にあるロータリーからは、旧軽井沢銀座や星野エリア、白糸の滝など、各観光スポットを巡るバスルートがあり、車窓からの景色を眺めながら、ゆったりと軽井沢観光が楽しめます。

 

軽井沢駅からのバスルート

写真の軽井沢駅北口にあるバスロータリーからは、1番乗り場から町内を回る町内循環バスや西武観光バスが、2番乗り場からは旧軽井沢を経由して白糸の滝までを約20分で結ぶ草軽交通バスが発着しています。山道の運転が心配という人にも安心です。

 

旧軽銀座から標高約1,200メートルの見晴台をつなぐレトロな赤バス

旧軽銀座から標高約1,200メートルmの見晴台をつなぐレトロな赤バス

真っ赤な車体が印象的なレトロなボンネットバスは、通称「赤バス」。万平ホテルや旧軽井沢を経由して旧中山道を登り、碓氷峠頂上近くにある「見晴台」までを結ぶ季節限定の路線バスです。

 

赤バス

往復利用の人は、往路の乗車時に希望を伝えると、復路分の赤バス写真入りの乗車券が手渡されます。利用後は、旅の記念に持ち帰ることができるのもうれしいですね。

 

赤バス

車窓からは四季折々に移り変わる木々の姿が眺められ、往路では、運転手さんのガイドもありますので、旅行気分が満喫できるのもポイントです。

 

運行期間
例年4月下旬~11月最終日曜日
休業日
期間中なし ※濃霧など悪天候の場合は運休
乗車料金
12歳以上1回500円、こども1回300円
公式サイト
軽井沢交通バス

 

長野や群馬の名峰を一望できる穴場スポット

旧碓氷峠見晴台

碓氷峠の山頂近くにあり、標高約1,200メートル から見渡す大パノラマが楽しめる展望公園。天気の良い日は、浅間山、妙義連峰、八ヶ岳、北アルプスなど、遠方に聳える数々の名峰を眺めることができます。また、特に夕暮れの景色が美しいことから、サンセットポイントとも呼ばれています。

 

旧碓氷峠見晴台

道路沿いの駐車場からは徒歩約5分ほどですが、約4キロメートルの遊歩道もありますので、もっと自然と触れ合いたいという人におすすめです。

 

旧碓氷峠見晴台

住所
長野県北佐久郡軽井沢町峠町
入園料
無料
アクセス
「観光会館前」から赤バスで片道約10分「見晴台」下車徒歩約8分、軽井沢駅からタクシーで約15分→徒歩約5分

 

パワースポットを巡ったあとは名物グルメに舌鼓

熊野皇大神社

お社の中央に長野と群馬の県境があり、その長野県側に位置するのが「熊野皇大神社」です。創建は1900年以上前と古く、パワースポットとしても有名です。樹齢約1000年のご神木「しなの木(科の木)」は、「科」の語源が「結ぶ・くくる・しばる」であることから、開運や縁結びにご利益があるそうです。

 

熊野皇大神社

ご祈祷を行う皇大殿の中には、『ジョジョの奇妙な冒険』で有名な漫画家・荒木飛呂彦氏によって奉納された日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)の絵が掛けられ、デビット・スタンリー・ヒューエット氏から2021年に奉納された、2,400枚の金沢金箔を使用した作品が天井を厳かに彩ります。

 

熊野皇大神社

毎月1日と15日には羽を広げたタイプも登場する八咫烏(やたがらす)のおみくじなど、おみくじの種類が豊富。さらに、ご神木の幹に隠れたハートをはじめ、境内にはたくさんのハートが隠れていますので、ぜひ探してみてくださいね。

 

熊野皇大神社

住所
長野県北佐久郡軽井沢町峠町1
参拝時間
9:00~16:00 ※ご祈祷は予約優先。電話にて受付
公式サイト
熊野皇大神社
アクセス
「観光会館前」から赤バスで片道約10分「見晴台」下車、軽井沢駅からタクシーで約15分

 

元祖力餅しげの屋

元祖力餅しげの屋

熊野皇大神社の向かいにあり、創業から300年以上を数える老舗茶屋。江戸時代の昔から、旅人が碓氷峠を越える際に、しげの屋の力餅を食べて旅の力を蓄えたそうです。

 

元祖力餅しげの屋

平安時代中期の武将・源頼光の四天王の一人、碓氷貞光が碓氷峠で生まれ育ったことから誕生した名物力餅。毎朝つくというお餅はふわふわと柔らかく、つきたてのおいしさが実感できます。自家製あんこやくるみなど、全6種類(各520円)が揃います。

 

元祖力餅しげの屋

門前そばとして親しまれている、信州蕎麦粉を使った八割そばは、カツオ節や昆布が香る風味の良いつゆでいただきます。中でも人気のくるみざる(920円)は、甘く味付けされたクルミとつゆの相性が抜群で、ここでしか味わえない逸品です。

 

元祖力餅しげの屋

住所
長野県北佐久郡軽井沢町峠町2・群馬県安中市松井田町峠甲3
営業時間
10:00~16:00 ※季節変動あり
定休日
不定休
アクセス
観光会館前から赤バスで片道約10分「見晴台」下車、軽井沢駅からタクシーで約15分

 

旧軽銀座に佇む老舗喫茶でひと休み

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

ミカドコーヒーは、1948年に東京日本橋に創業したコーヒーロースターです。軽井沢に直営喫茶店を設けたのは1952年のことで、軽井沢で最も古い喫茶店ともいわれています。

 

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

ノスタルジックな雰囲気が漂う2階の喫茶室では、世界中から選りすぐったコーヒー生豆を、ミカドコーヒーの焙煎士達が、伝統と匠の技でじっくりと焙煎したこだわりの1杯を味わうことができます。

 

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

ミカドコーヒーのモカソフト(R)(喫茶 600円、テイクアウト 450円)※2022年1/11~改定)は有名ですが、そんなモカソフトと、まるでコーヒーを食べているような豊かな風味が堪能できる店内手作りの コーヒーゼリーが同時に味わえる、モカゼリー(840円 ※喫茶室のみの提供)もおすすめです。

 

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

住所
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢786-2
営業時間
11:00~16:30(L.O.16:00)
定休日
不定休
公式サイト
ミカド珈琲商会
アクセス
軽井沢駅から旧軽井沢バス停までバスで約4分→徒歩約2分

 

雨の日も楽しめる憩いのスポット<チャーチストリート軽井沢>

チャーチストリート軽井沢

チャーチストリート軽井沢

旧軽銀座通りと聖パウロカトリック教会をつなぐチャーチストリート軽井沢。1階にはグルメや雑貨など約20の多彩なショップが並び、雨でも気にせず買い物や食事が楽しめます。2階には「HOTEL KARUIZAWA CROSS」も備え、軽井沢気分をより深く味わいたい人におすすめです。

 

チャーチストリート軽井沢

中央広場沿いにあり、手作りと作り立てにこだわるCreperie Angelina(クレープリー・アンジェリーナ)では、レギュラーメニューのほかに、桃やシャインマスカットなど長野県産の旬のフルーツを使った季節限定のクレープも楽しめます。

 

チャーチストリート軽井沢

アクセサリーや食器など、県内外を問わず厳選されたアーティストの作品が並ぶQcul Atelier(旧軽アトリエ)。店内を飾る雑貨の中から、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

 

チャーチストリート軽井沢

ショッピング中の休憩にもちょうどいい中央広場では、マルシェやイベントなども開催され、例年12月からは美しいイルミネーション(12/1~翌年2/14を予定)が煌めきます。

 

チャーチストリート軽井沢

住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢601-1
営業時間
ショップ・カフェ10:00~18:00(L.O.17:30)、レストラン11:00~15:30 (L.O.15:00)、17:30~20:30 (L.O.20:00)※それぞれ季節によって変動あり
休館日
あり、詳細はHPを参照 ※店舗ごとに別途定休日あり
公式サイト
チャーチストリート軽井沢
アクセス
軽井沢駅から旧軽井沢バス停までバスで約4分→徒歩約3分

 

みっふぃーあんぱんやお土産にも喜ばれる信州限定グッズも

みっふぃー森のきっちん
みっふぃー森のべーかりー

みっふぃー森のきっちんみっふぃー森のべーかりー

アーチ形の入り口を抜けると、たくさんのミッフィーに出会える夢のようなショップ。旧軽銀座に佇み、パステルカラーの温もりある外観が目印です。

 

みっふぃー森のきっちんみっふぃー森のべーかりー

店内には、無料で名前が入れられる箸や、軽井沢限定の耐熱ガラスマグ(1,760円)、かすてらまんじゅう(972円)などもあり、自分用はもちろん、お土産にもぴったりです。

 

みっふぃー森のきっちんみっふぃー森のべーかりー

ベーカリースペースでは、全国的に人気のみっふぃーあんぱん(302円※2022年10月時点の価格)のほかにも、キューブ型のパンなど種類も豊富。風味の良さとキュートさを兼ね備えたパンは、どれにしようか選ぶ時間も楽しめます。

 

みっふぃー森のきっちん
みっふぃー森のべーかりー

住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢559
営業時間
9:30~17:30 ※冬時間(12/6~3/5)9:30~17:00
定休日
なし
公式サイト
みっふぃーきっちん
アクセス
軽井沢北口バスターミナルから旧軽井沢バス停までバスで約4分→徒歩約3分

 

川のせせらぎと豊かな自然に癒される<星野エリア>

ハルニレテラス

星野エリアは、軽井沢野鳥の森で自然観察ツアーを行う「ピッキオ」 や、木々の息吹を感じながらスケートが楽しめる「ケラ池スケートリンク」、自生していた春楡の木を生かし、清流に寄り添うように佇む「ハルニレテラス」など、自然豊かな立地。例年冬にはイルミネーションも点灯し、四季を通して訪れたいスポットです。

 

ハルニレテラス

9棟ある建物の中には、長野県東御市にある「永井農場」が手掛ける、旬の食材を取り入れたジェラートを提供する「HARVEST NAGAI FARM」や、上質な北欧雑貨を扱う「NATUR TERRACE」、軽井沢創業の珈琲専門店「丸山珈琲」など、16の個性豊かな店舗が並びます。

 

ハルニレテラス

住所
長野県軽井沢町星野
営業時間
8:00~22:00(時期、店舗により異なる)
定休日
なし
公式サイト
星野リゾート
アクセス
軽井沢北口バスターミナルから星野温泉トンボの湯バス停までバスで約20分→徒歩約2分、軽井沢駅からタクシーで約15分

 

村民食堂

村民食堂

星野エリア内にある「村民食堂」は、軽井沢の別荘で暮らしていた小説家・堀辰雄が、作品の中で「美しい村」と著したことに由来しています。店内はガラス張りで開放感にあふれ、美しい軽井沢の景観が眺められます。

 

村民食堂

長野県中信のご当地グルメとしても知られる山賊焼きが堪能できる味噌山賊焼き定食(1,730円※2022年10月時点の価格)や、信州の味覚を詰め込んだ「信州の彩り御膳」(3,500円※2022年10月時点の価格)に加え、県内の地酒や全国選りすぐりの日本酒、軽井沢限定のクラフトビールなども揃います。

 

住所
長野県軽井沢町星野
営業時間
11:30~21:30(ラストオーダー 20:30) ※ 夜メニューは17:00〜
定休日
なし ※臨時休業2022年11月29日、2023年1月10日~2月22日
公式サイト
星野リゾート
アクセス
軽井沢北口バスターミナルから星野温泉トンボの湯バス停までバスで約20分→徒歩約1分、軽井沢駅からタクシーで約15分

 

軽井沢高原教会

軽井沢高原教会

大正時代、北原白秋や島崎藤村ら多くの文化人が 集った「芸術自由教育講習会」に始まり、1921年から続く、由緒ある教会です。日曜の礼拝だけでなく、夏や冬にはイベントも開催され、誰もが気軽に足を運べる教会として親しまれています。

 

軽井沢高原教会

例年8月には、「軽井沢高原教会 サマーキャンドルナイト」が開催されます。教会の森一面にランタンキャンドルが灯り、森は光にあふれます。ランタンを手に森を巡る「ランタン散策」や、音楽礼拝などが催され、清らかな空気の中、特別な時間が過ごせます。

 

軽井沢高原教会

クリスマスの4週前の日曜日から12月25日まで開催される「星降る森のクリスマス」では、ランタンキャンドルと約6メートルのもみの木ツリー、森の中央には星に照らされる道「星明かりのプロムナード」が登場し、森全体が幻想的な雰囲気に包みこまれます。

 

軽井沢高原教会

住所
長野県軽井沢町星野
見学時間
10:00~17:00(挙式時を除く) ※イベント時は別途
定休日
なし
公式サイト
軽井沢高原教会
アクセス
軽井沢北口バスターミナルから星野温泉トンボの湯バス停までバスで約20分→徒歩約6分、軽井沢駅からタクシーで約15分

 

子ども連れもおすすめ!<軽井沢・プリンスショッピングプラザ>

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

軽井沢駅南口からすぐの場所にある、日本最大級のショッピングモール。ファッションや雑貨、スポーツ用品、アウトドアグッズ、グルメなど約240店舗のバラエティ豊かなショップがあり、通路も広く開放的で、子ども連れでもゆったりショッピングが楽しめます。

 

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

敷地内には広々とした芝生広場もあり、伸びやかなロケーションも魅力的。さらに7月~9月まではサマーイルミネーション、10月はハロウィン仕様、11月~3月まではウィンターイルミネーションと、季節やイベントごとに変化するイルミネーションも眺められるので、非日常感も味わえます。

 

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
営業時間
10:00~19:00 ※季節により変動あり、詳細は公式サイトを参照
定休日
なし
公式サイト
軽井沢・プリンスショッピングプラザ
アクセス
軽井沢駅南口から徒歩約3分

 

四季折々の表情が楽しめる<白糸の滝>

白糸の滝

旧軽井沢から北軽井沢へと続く白糸ハイランドウェイの途中にある白糸の滝。湯川の源流にもなる滝で、幅約70メートルの湾曲した岩壁に、無数の白い絹糸のように流れ落ちる様子は神秘的で、癒し効果も抜群です。

 

白糸の滝

春は新緑の緑と滝の白のコントラストが美しく、夏は清涼感、秋は紅葉、冬は雪景色というように、四季を通じて自然の美しさに触れることができます。また、夏や冬、イベントに合わせて行われる期間限定のライトアップも見どころです。

 

住所
長野県北佐久郡軽井沢町長倉(小瀬)
ライトアップ期間
真夏のライトアップ(2022年実施状況):7月下旬から8月下旬の金・土・日曜(内開催しない期間あり)、真冬のライトアップ(2021~2022年実施状況):クリスマス、ニューイヤー、バレンタインシーズンに開催
公式サイト
白糸ハイランドウェイ
アクセス
軽井沢駅から白糸の滝バス停までバスで約25分→徒歩約5分

 

 

軽井沢は東京から新幹線で約60分、アクセスも良好なリゾート地です。自然に癒されたい、ショッピングを楽しみたいなど、ぜひ気軽に足を運んで、四季折々に移り変わる軽井沢の姿を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

取材・文/児玉 さつき 撮影/Piro Photo Works

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

summersale202407

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

 
 

TOP