フェリーに乗って瀬戸内に浮かぶ男木島へ。のんびりてくてく猫さんぽ

フェリーに乗って瀬戸内に浮かぶ男木島へ。のんびりてくてく猫さんぽ

提供:ことりっぷ

 

香川県の男木島(おぎじま)は瀬戸内国際芸術祭の舞台でもあるアートの島。3年に一度開催される芸術祭期間を中心に、夏休みシーズンなどは観光客で賑わいますが、オフシーズンはのんびり穏やかな空気に包まれます。たくさんの猫が自由気ままに暮らしていて、島内を散策すればいたるところで猫に会えるんですよ。

 

香川・高松港からフェリーに乗って出発です

香川・高松港からフェリーに乗って出発です こちらは旧型の船体。必ず女木島を経由する

男木島へのアクセスはフェリーのみ。高松港から女木島(めぎじま)経由で男木島港へと向かいます。高松港から女木島へは約20分、さらに女木島から男木島へは約20分。「めおん号」に乗り込んで出発すると、海上からは高松の町並みがぐんぐんと遠くなっていくのが見えます。「めおん号」は2021年に縞々模様の新船も登場したので、新しい船体を楽しむのもいいですね。

 

海上から高松港とビル群が見える

かわいらしい赤い灯台が目に留まる

港を出るとすぐに赤い灯台が見えてきます。これは高松港玉藻防波堤灯台で、通称「せとしるべ」。高松港のシンボルとしてデザインされた世界初のガラス灯台で、高さは14メートル。透明ガラスブロックの内側に赤色フィルムを貼り付けたものが1600個も使用され、灯台全体が発光します。昼の落ち着いた赤色もすてきですが、赤く輝く夜の姿もすてきなので、帰りもチェックしたいですね。

 

斜面に家が連なる男木島へ到着

斜面に家が連なる男木島へ到着

高松港から約40分で男木島が見えてきます。山の斜面に沿って民家が建つ様子は、“うろこ状に家が連なる”と表現される独特な風景。平地がほとんどない坂道と路地の島で、芸術祭期間でなくても見られるアートが点在し、歩くたびに不思議な風景や猫たちに出会えます。

 

港では猫たちがおでむかえ

港では猫たちがおでむかえ 人懐っこい子は近寄ってきてくれることも

港に降りると早速猫たちがおさんぽ中。ものおじせず観光客に近寄ってくる子もいれば、観光客なんて気にも留めずに、気ままにひなたぼっこをしている子もいてさまざまです。早速カメラにおさめたくなる光景が広がっていることも多いので、まずは港周辺を散策してみるのがおすすめです。

 

砂地にごろりと横たわる姿は気持ちよさそう

 

くねくねした路地と急な坂道が醸し出すノスタルジックな風景

くねくねした路地と急な坂道が醸し出すノスタルジックな風景

男木島は周囲約4.7kmの小さな島。島内の交通手段は徒歩かレンタサイクルでバスはありません。猫さんぽするなら迷路のような路地を迷いながら歩いてみましょう。急な斜面もちょっとずつ進めば、気づくとのぼりきれていますよ。

 

角を曲がるたびに現れるにゃんこたち

角を曲がるたびに現れるにゃんこたち どこからともなく増えていく猫たち

坂をのぼっていると、次から次へと猫が姿を現します。ひなたに寝転んでいる姿や毛づくろいする姿などを無防備に見せてくれるので、シャッターを切る手が止まりません。写真を撮られていても一向に気にしないところが猫のかわいいところ。時間を忘れて猫を眺め、癒しのひとときを過ごしましょう。

 

坂から下をのぞくと逆に猫にのぞかれている

 

島一番のビュースポットにももちろん猫

島一番のビュースポットにももちろん猫 港の大鳥居から参道が続いている

坂道をのぼった先には、地元の人から「玉姫さん」と呼ばれて親しまれている「豊玉姫神社」があります。高台に建っているので見晴らしがよいビューポイントでもあります。
神社のまわりにもたくさん猫がいるので、まずはお参りをしたら、そこかしこにいる猫ちゃんたちにも挨拶をしてまわりましょう。

 

日当たりがいいのでたくさんの猫が集まってくる おとなしいので写真うつりもバッチリ

 

男木島の島内には美しいみどころがあります

男木島の島内には美しいみどころがあります (左上・下)水仙郷の遊歩道からの眺めと可憐に咲く水仙の花 (右上)どっしりした石造りの男木島灯台 (右下)灯台横の浜辺

男木島には島ならではの見どころが点在しています。島の一番北にあるのが男木島灯台。総御影石造りというめずらしい洋式灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれています。灯台の横には小さな浜辺があり、透明度の高い波が穏やかに打ち寄せます。

また灯台から山のほうに遊歩道を少しのぼっていくと「水仙郷」と呼ばれる花畑が広がります。1月下旬から3月上旬にかけて1100万株ともいわれる水仙の花があちらこちらに咲き、美しい海を背景にメルヘンチックな光景を演出します。
このエリアは中心部から少し離れているので、電動レンタサイクルの利用がおすすめです。

 

斜面が多い島では下り坂もまた絶景となります。遠くに見える青い海を眺めながらゆっくりと下っていきましょう。帰り道もきっと猫たちに出会えますよ。

 

猫たちに癒されたら港へ戻ります

猫たちに癒されたら港へ戻ります

コンパクトな島は1日でまわるのにちょうどいい広さ。アート作品も眺めながら散策を楽しんだら男木島港から再びフェリーに乗って高松港へ戻りましょう。フェリーの運航は1日6便程度なので、あらかじめ時間をチェックしておくのがポイントです。

島ならではの穏やかな時間とのんびり自由なにゃんこたちに癒されたら、いつの間にか心が軽くなっているかもしれません。瀬戸内には小さくとも魅力的な島がたくさんあるので、また島旅を楽しんでくださいね。

 

 

文:写真:中村あゆみ

 

ことりっぷの最新記事

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

旅行ガイドブック「ことりっぷ」編集部がお届け。旅と日常をつなぐ、旅好きな女性のためのメディアです。

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

TOP