非日常・絶景の旅

世界新三大夜景!稲佐山から長崎の夜景をたっぷり満喫しよう

世界有数の斜面都市・長崎県長崎市。その立体的な景色が作り出す長崎の夜景は、2012年に夜景観賞士らの審査でモナコや香港とともに「世界新三大夜景」に選ばれたことがあり、「1,000万ドルの夜景」とも呼ばれています。
中でも、稲佐山は長崎の街並みを一望でき、特別な一夜を演出してくれるスポット。カップルで訪れれば良い雰囲気が演出できて、思い出に残る夜になるでしょう。今回は、カップルにおすすめの稲佐山からしか観られない美しい夜景や周辺のグルメをご紹介します。

稲佐山ってどんなところ?

稲佐山から長崎の街を一望

稲佐山とは、長崎県長崎市の西方に位置する山。標高333メートルと高くはない山ですが、東京タワーとほぼ同じ高さから長崎の美しい街並みを一望することができます。そこから眺めることができる景色は、世界三大夜景に選ばれたこともある人気の観光地です。

稲佐山へのアクセス

稲佐山へのアクセス

【長崎駅から】
・長崎駅前より長崎バス3、4番系統に乗車し、バス停「ロープウェイ前」で下車。約10分
・無料送迎バス(ホテルベルビュー長崎出島〜ホテルモントレ長崎〜ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル〜ホテルニュー長崎〜JR長崎駅〜ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション〜長崎ロープウェイ「淵神社」駅間を循環)が運行中(要予約)

【長崎空港から】
・長崎空港リムジンバスで長崎駅まで。長崎駅前より長崎バス3、4番系統に乗車し、バス停「ロープウェイ前」で下車。約50分
・車(タクシー)で長崎出島バイパスを経由して約20分

長崎市内はバス網が発達していて、主要観光地を回るならバスが便利! ただ、乗り換えもあるので自家用車かレンタカーで回るのがおすすめですよ。

稲佐山山頂までのアクセス

稲佐山山頂までのアクセス

・長崎ロープウェイで「淵神社」駅〜「稲佐岳」駅まで約5分
・無料シャトルバスで稲佐山中腹駐車場〜稲佐山山頂駐車場まで約5分
・車(タクシー)で長崎ロープウェイ「淵神社」駅〜稲佐山山頂駐車場まで約5分
・徒歩で稲佐山中腹駐車場〜遊歩道〜稲佐山山頂駐車場まで約20分

稲佐山山頂駐車場は、夜になると「満車」のことが多いです。特に金・土・日曜日は満車になりやすいので、中腹駐車場に停めてそこから歩くか、ロープウェイを活用しましょう。ロープウェイであれば、頂上まで登りながらきれいな景色も楽しめますよ。

稲佐山中腹駐車場

営業時間
9:00〜22:00
料金
無料
駐車台数
約500台

稲佐山山頂駐車場

営業時間
24時間
※4〜9月の特定日の18:30〜22:30、10〜3月の特定日の17:30〜21:30はタクシー・シャトルバスのみ通行可能
料金
最初の20分間無料、以降30分100円
駐車台数
約40台

まずは、日中の稲佐山を散策!

時間に余裕があるのなら、日中の稲佐山も楽しんでみてください。日中の展望台からは長崎港がはっきりと一望でき、公園内は広々としていて散歩するととても気持ちいいですよ。

長崎市民の憩いの空間「稲佐山公園」

稲佐山公園

「稲佐山公園」は稲佐山の頂上付近にある公園で、長崎市のランドマーク的な存在。公園内にはイベント会場や野外音楽場、売店や動物広場などの施設があり、長崎市街を望める景色はもちろん、それ以外にも楽しめるスポットが多数あります。

鹿放牧場
鹿のエサ

動物広場にある猿舎と鹿放牧場では、猿や鹿にエサをあげることもできます(100円)。

稲佐山公園

夜景を楽しむ前に訪れて公園内をぶらぶら散歩したり、動物たちと触れ合ってみたりするのもおすすめです。

稲佐山公園

住所
長崎県長崎市稲佐町ほか
定休日
無休
電話番号
095-829-1164(長崎市中央総合事務所)
アクセス
展望台から徒歩約15分
詳細
稲佐山公園公式ページ

雲仙・天草・五島列島も望める!「稲佐山山頂展望台」

稲佐山山頂展望台

稲佐山の頂上にある「稲佐山山頂展望台」。晴れた日中は、はるか雲仙・天草・五島列島まで望めます。夜は夜景鑑賞のベストスポットで、「1,000万ドルの夜景」とも呼ばれる長崎の夜景を360度一望できます。展望台の2階にはレストランもあるので、食事をしながら夜景を楽しむことも。

鶴のモニュメント
ハートツリー

また、展望台の中には、至るところに「ハート」が隠されています。「鶴のモニュメント」や「ハートツリー」、「プロミスハート」などのほか、足元にはライトやタイルでできたハートも。カップルで探してみましょう。

稲佐山山頂展望台

住所
長崎県長崎市稲佐町
営業時間
8:00~22:00(屋上展望所は24時間開放)
定休日
無休
電話番号
095-822-8888
アクセス
長崎ロープウェイ「淵神社」駅から約5分

迫力あるパノラマビューが楽しめる!長崎ロープウェイ

長崎ロープウェイ

麓にある淵神社から稲佐山頂上まで、およそ5分で行き来できる「長崎ロープウェイ」。移動手段としても便利ですが、展望台とはまた違った長崎の夜景が楽しめるビュースポットとしても人気です。

長崎ロープウェイは2011年11月にゴンドラのデザインをリニューアル。壁が全てガラス張りになったため乗車中も360度クリアな視界が広がり、長崎の街並みを存分に楽しめますよ。

長崎ロープウェイ

住所
長崎県長崎市淵町8-1
営業時間
9:00〜22:00
※平常は始発より15~20分間隔で運行
定休日
無休
※6月中旬は定期整備のため運休予定
料金
往復 1,250円、片道 730円
電話番号
095-861-3640
アクセス
長崎駅前からバスか車で「ロープウェイ前」バス停まで約10分
詳細
長崎ロープウェイ公式ページ

稲佐山の夜景は最高のデートスポット

稲佐山の夜景

稲佐山観光の1番の目玉は、やはり日没から観られる長崎の夜景です。斜面都市である長崎は、ほかにはない立体的な夜景を鑑賞することができます。稲佐山展望台からカップルでその夜景を観れば、忘れられない特別な夜になるでしょう。

日没前の夕日も要チェック!

稲佐山展望台からの夕日

稲佐山の夜景を存分に堪能するなら、日没前からスタンバイ! 稲佐山展望台からは、地平線に夕日が沈んでいく風景を一望できます。ほんの数分間で世界の様子が180度変わる、空の色が赤からオレンジ、青へと変化する幻想的な瞬間を観ることができますよ。

夕日を観ようとたくさんの観光客が集まるので、夕日の真正面を狙うなら早めに向かいましょう。

夜景は日没後30分以内が狙い目

稲佐山からの夜景

「夜景」と聞くと、真っ暗な夜空に煌々と輝く街並みをイメージすると思いますが、狙い目なのが日没後の30分以内。トワイライトタイムとも呼ばれ、明暗のコントラストが最も美しい時間帯です。

夜景をバックに記念写真を残すのも、このトワイライトタイムがおすすめ! ちなみに、「一眼レフカメラ」を持っているのなら、色設定を「蛍光灯」に変更すると、夜景が色鮮やかになってよりきれいに写せますよ。他の観光客もたくさんいるので、三脚を立てるなら周りの迷惑にならないよう手早く撮影しましょう。

星空もきれい!流れ星が見えるかも

展望台からの夜空

長崎市内の夜景だけでなく、ぜひ夜空にも目を向けてみましょう。満天の夜空とまでは言えませんが、展望台からは星空も一望できるので、肉眼でもたくさんの星を観ることができます。

運が良ければ流れ星を観ることも

さらに、運が良ければ流れ星が観られるかもしれません。実際に、取材時にも周りから「あっ!流れ星!」とはしゃぐ声が。流れ星に永遠の愛を誓って…なんともロマンチックです。

周辺にも意外なフォトスポットが

稲佐山の電波塔

街並みや夜空以外にも、展望台からは色々な風景が観られます。例えば、展望台のすぐ横にある電波塔。暗闇に煌々と光り輝く電波塔はどこか近未来的な雰囲気を醸し出していて、意外なフォトスポットです。

帰りはロープウェイからの景色も

稲佐山から長崎の街を一望

展望台から観る夜景ももちろん素晴らしいのですが、ロープウェイからの夜景も必見! ゴンドラが斜面を下っていくごとに表情を変えていく様子は、斜面都市・長崎だからこそ観られる特別な景観です。

長崎和牛や海の幸を堪能!稲佐山のグルメとお土産スポット

長崎グルメ

せっかく長崎まで来たのなら、夜景だけでなくグルメやお土産も堪能したいところ。稲佐山の敷地内にも素敵なレストラン、土産物屋、売店などがあるので要チェック! 特に、レストランでは食事と一緒に夜景を楽しめますよ。

長崎の定番土産から稲佐山限定グッズまで!「淵神社駅売店」

ロープウェイ淵神社駅内のお土産店

ロープウェイの淵神社駅内には、お土産屋があります。

カステラアイス

カステラやラスクなど長崎ならではの定番土産から、長崎カステラとソフトクリームを合わせた「カステラアイス」(300円)のような変り種まで。22:00まで営業と、夜景鑑賞の帰りにも立ち寄りやすくて便利ですよ。

長崎ロープウェイ淵神社駅売店

住所
長崎県長崎市淵町8-1
営業時間
9:00〜22:00
定休日
無休
※6月中旬はロープウェイが定期整備のため休業予定
電話番号
095-861-3640
アクセス
長崎駅からバスか車で約10分

稲佐山公園散歩の休憩に「アゼリア」

アゼリア

「アゼリア」は、稲佐山公園中腹駐車場のすぐ側にある売店です。

北海道ミルクソフト

フランクフルトやサンドイッチ、北海道牛乳を使った濃厚な味わいの「北海道ミルクソフト」(350円)も。カップルでぶらぶら散歩しながら食べるのには持ってこいですよ。

アゼリア

住所
長崎県長崎市稲佐山
営業時間
10:00~17:00
定休日
月曜日、そのほか天候次第
電話番号
095-847-0680
アクセス
稲佐山展望台から徒歩約15分

長崎の海・山の幸を存分に楽しめる「レストランロータス」

レストランロータス

稲佐山の中腹付近にある、「稲佐山温泉 ホテル アマンディ」内の「レストランロータス」。店内はバリのような南国を思わせるお洒落な空間で、窓に広がる長崎の街並みを眺めながら食事を楽しめます。

花籠御膳
花籠御膳

海に囲まれた長崎の新鮮な魚介、長崎和牛を使用した豊富なメニューが揃っています。おすすめは季節の味を堪能できる「花籠御膳」(3,200円・税抜)。長崎の新鮮な素材を刺身や焼き物、揚げ物で味わえる贅沢な御膳です。※花籠御膳は、季節ごとに内容が変わります。

長崎の幸 ぜいたく海宝丼
長崎の幸 ぜいたく海宝丼

「長崎の幸 ぜいたく海宝丼」(1,300円・税抜)もおすすめ。長崎の新鮮な魚介類がご飯の上に山盛りに載っています。最初は黄身醤油にわさびを溶いて。お好みのタイミングで、鯛だしをかけて茶漬けにすれば2度楽しめますよ。

穴子天丼
穴子天丼

「穴子天丼」(1,300円・税抜)は、丼からはみ出るほど巨大な穴子がまるまる1本。その上から甘めで濃厚な味のタレがたっぷりとかかっていて、食欲をそそります。カップルなら両方とも注文して、シェアするのもありですね。

レストランロータス

住所
長崎県長崎市曙町39-38
営業時間
ランチ 11:30〜17:00、ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
無休
電話番号
095-862-5555
アクセス
長崎駅から車で約5分 ※長崎駅から無料送迎バスあり

稲佐山温泉 ホテル アマンディ

住所
長崎県長崎市曙町39-38
総部屋数
19室
駐車場
あり(120台)

「稲佐山山頂展望台 ひかりのレストラン」で夜景ディナー

稲佐山山頂展望台 光のレストラン

昼は稲佐山公園で動植物とたわむれて、夜は展望台で夜景鑑賞。そして帰りにレストランでディナー、というのが稲佐山観光での定番の流れ。中でも、「稲佐山山頂展望台 ひかりのレストラン」は、展望台の2階にある人気のレストランです。

店内は壁面がガラス張りになっていて、席にもよりますが長崎の夜景を大パノラマで観ることができます。「1,000万ドルの夜景」の素晴らしい展望、素敵な音楽、おいしい食事。旅の締めくくりに最高です。

長崎和牛ステーキトルコライス
長崎和牛ステーキトルコライス (右)

ちゃんぽん、皿うどん、トルコライスの長崎三大名物を始めとした色々な料理を楽しむことができ、中でも人気なのは「長崎和牛ステーキトルコライス 」(2,500円・税抜)。長崎和牛ステーキにピラフ、スパゲティナポリタン、サラダにストロガノフソースが付いたセットです。

長崎和牛ステーキには牛肉の部位でも特に柔らかい「ランプ」が使われていて、口の中で噛みしめるごとにとろけるような食感としっかりとした肉の旨味を感じることができます。

稲佐山山頂展望台 ひかりのレストラン

住所
長崎県長崎市稲佐町364(展望台2階)
営業時間
11:00~21:30
定休日
無休(天候によっては休業)
電話番号
095-862-1050
アクセス
長崎ロープウェイ「淵神社」駅から約5分
詳細
ひかりのレストラン公式ページ

稲佐山の夜景をたっぷり楽しむなら「稲佐山観光ホテル」へ

稲佐山観光ホテル

夜景を存分に楽しむのであれば、長崎の街並みを一望できるホテルで一泊してみては? 「稲佐山観光ホテル」は稲佐山の中腹にあり、施設内の至るところで夜景を眺めることができます。

客室からは街並みの夜景を独り占め

客室からはパノラマビューの夜景を独り占め! オーシャンビューが望める部屋もあります。長崎や稲佐山を観光した後は、ホテルの一室でお酒でも飲みながらゆったりとくつろぐ。ここでしか味わえない贅沢な時間です。

稲佐山観光ホテル

住所
長崎県長崎市曙町40-23
総部屋数
157室
駐車場
あり(60台)
アクセス
長崎駅から車で約10分 ※長崎駅から無料送迎バスあり

1,000万ドルの夜景を観ながら大切な人と特別な夜を

稲佐山から長崎の街を一望

長崎の夜景を一望できる「稲佐山」をご紹介しました。長崎港をぐるっと囲むように、白やオレンジ、緑など様々な色彩の街の明かりが灯ります。それらが立体的に浮かび上がる斜面都市ならではの風景は、観る者を魅了します。

稲佐山展望台からの夜景

日中は動物広場で動物たちと触れ合ったり、夜は夜景を鑑賞したりと1日たっぷり楽しめます。特に、「1,000万ドル」と称される稲佐山山頂展望台からの夜景を望めば、特別な夜になることは間違いなし! カップルで訪れたならば、2人の距離もぐっと縮まるはず。告白やプロポーズのスポットとしても人気の稲佐山を訪れてみませんか?

取材・撮影・文/堀本一徳

トップヘ