旅のランキング

横須賀おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST20~

横須賀担当スタッフおすすめの横須賀を訪れたら絶対に外せない観光スポット20選!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている横須賀の穴場観光地も!

横須賀担当スタッフおすすめの横須賀を訪れたら絶対に外せない観光スポット20選!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている横須賀の穴場観光地も!

アメリカ文化と自然美が彩る横須賀へ!

幕末には黒船来航の地となり、戦後はアメリカ海軍も駐留する港町・横須賀。「YOKOSUKA軍港めぐり」や「どぶ板通り」「よこすか海軍カレー」「ネイビーバーガー」など、日米の歴史と文化の融合を体感できる特徴的な観光スポットやグルメが揃います。また、三浦半島の自然美にも恵まれ、「猿島」や「観音崎公園」「ソレイユの丘」などの景勝地をはじめ、「ヴェルニー公園」や「海辺つり公園」など都心のシーサイドパークも多彩です。

初めての人に訪れて欲しい!横須賀のおすすめ定番スポット

横須賀市

日米の艦船を見学!「YOKOSUKA軍港めぐり」

YOKOSUKA軍港めぐり

幕末に米国ペリー艦隊が上陸して以来、軍港として発展してきた横須賀港。アメリカ海軍第7艦隊の基地がある横須賀本港と、海上自衛隊の司令部がある長浦港をめぐり、日米の艦船を見学するクルージングツアーです。運がよければ、米海軍のイージス艦や南極観測船しらせの姿などを見ることもできます。所要時間は約45分間で解説付き。

【現地スタッフおすすめコメント】

横須賀ならでは!日本唯一の軍港クルーズ

営業時間
10:00~16:00(無休)※10:00便・16:00便は不定期の臨時便
料金
大人1,400円、小学生700円
アクセス
【電車】京浜急行「汐入」駅より徒歩約5分(ショッパーズプラザ横須賀1階「汐入ターミナル」から出港)
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約5分

横須賀市

横須賀の代表的スポット「三笠公園」

三笠公園

海に面した園内に4つの広場がある、横須賀のシンボル的公園。中央広場には日露戦争で活躍した戦艦「三笠」が保存され、乗艦して見学することも可能です。「水と光と音」をテーマに音楽に合わせて水が踊る噴水や、流れ落ちる水の中から壁画が浮かび上がるダイナミックな壁泉などもあり、夕方にはライトアップされた幻想的な雰囲気を楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」にも選出!

三笠公園
[営業時間]4月~10月 8:00~21:00 / 11月~3月 9:00~20:00 / 無休
[料金]無料
記念艦 三笠
[営業時間]9:00~16:30 / 17:00 / 17:30 ※時期により異なる(最終受付は閉艦30分前)
[休艦日]12/28~31
[料金]大人600円、高校生300円
アクセス
【電車】京浜急行「横須賀中央」駅より三笠循環バス「三笠公園」停下車すぐ
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中道路利用で約10分

横須賀市

異国情緒たっぷり!「どぶ板通り商店街」

どぶ板通り商店街

汐入駅から米海軍ベースまでの一帯にある商店街。第2次大戦後に横須賀に駐留した米軍の街として栄え、今もなおアメリカ文化溢れる街並みにディープな横須賀を感じられます。横須賀発祥のスカジャン専門店やミリタリーショップ、海軍カレー、ネイビーバーガーの店などが立ち並び、路面には横須賀に縁のある有名人の手形が埋め込まれています。

【現地スタッフおすすめコメント】

昔、通りの中央に流れていたドブ川に鉄板の蓋をしたのが名の由来

アクセス
【電車】京浜急行「汐入」駅より徒歩約3分
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約5分

横須賀市

日本海軍のレシピを再現!「よこすか海軍カレー」のお店

よこすか海軍カレー

日本海軍の軍隊食のレシピが紹介されていた、明治41年発行の「軍割烹術参考書」。その中にあるカレーライスのレシピを元に現代に復刻させたのが「よこすか海軍カレー」です。原則としては横須賀市内で提供され、サラダと牛乳がセットになっていること。現在は、45以上の認定店でそれぞれにアレンジを効かせた美味しさが味わえます。

【現地スタッフおすすめコメント】

全国のカレーファンにも人気の横須賀ご当地グルメです!


横須賀市

米海軍伝統の公式レシピ!「ネイビーバーガー」のお店

ネイビーバーガー

日本海軍の味を再現した「よこすか海軍カレー」が10周年を迎えた2008年、米海軍横須賀基地より横須賀市へ伝統的なアメリカンハンバーガーのレシピが提供されました。そのレシピに基づいて生まれたのが「ネイビーバーガー」です。まるでステーキのような牛肉100%のパテを挟んだ本場の味は、横須賀市内の約14店舗で堪能できます。

【現地スタッフおすすめコメント】

ベースの街・横須賀ならではのアメリカンハンバーガーです!


横須賀市

東京湾に浮かぶ無人島「猿島」

猿島

東京湾唯一の無人島。年間を通してバーベキューや釣り、磯遊びなどが楽しめ、夏は海水浴場もオープン。また、かつては一般の立ち入りを禁じていた旧日本軍の要塞の島でもあり、島内には砲台跡やレンガ積みのトンネル、兵舎などの国史跡が残ります。手つかずの美しい自然のなか、貴重な歴史遺産を巡って散策するのもおすすめです。

【現地スタッフおすすめコメント】

三笠桟橋から約10分の船旅で気軽に行ける無人島です

航路運行時間
8:30~17:00(無休)※12~2月は9:30~16:00土日祝のみ運行
料金
往復乗船料:大人1,300円、小学生650円
猿島入園料:大人(15歳以上)200円、小中学生100円
アクセス(三笠桟橋まで)
【電車】京浜急行「横須賀中央」駅より徒歩約15分
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約10分

横須賀市

日本最古の洋式灯台「観音崎公園(観音崎灯台)」

観音崎灯台

東京湾に突き出た観音崎に広がる公園。フランス人技師F.L.ヴェルニーが建設した日本最初の洋式灯台がシンボルです。戦前は軍の要塞地域で立ち入り禁止だった時期もあり、当時の砲台跡なども残っています。タブノキやアシタバが生い茂る変化に富んだ自然美や、観音崎自然博物館、レストランなどもあり、海辺の1日を堪能できる場所です。

【現地スタッフおすすめコメント】

灯台からのパノラマビューも見事です

観音崎灯台
[営業時間]5月~9月 9:00~16:30 / 10~4月 9:00~16:00 / 不定休
[料参観寄付金]大人(中学生以上)200円、小学生以下無料(保護者同伴の場合)
観音崎自然博物館
[営業時間]9:00~17:00(最終入館16:30)、月曜休(祝日の場合は翌日)・年末年始休
[料金]大人400円、高校生300円、小中学生200円、4歳以上100円
アクセス
【電車】京浜急行「浦賀」駅より京浜急行バス「観音崎」停下車、徒歩約10分
【車】横浜横須賀道路「馬堀海岸」ICより約5分

横須賀市

海、森、自然と一体化!「横須賀美術館」

横須賀美術館

観音崎公園内にあり、目の前の海や風光明媚な自然環境と一体化するようなガラス張りの美術館。横須賀・三浦半島に縁のある画家作品や、日本の近現代美術の名品を約5,000点収蔵し、「週刊新潮」の表紙絵で知られる谷内六郎氏の作品も常設展示しています。海側と森側のどちらからでも入館でき、周囲の散策とともに美術鑑賞が楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

アート情報サイトが選ぶ「絶景美術館トップ5」にも選出!

営業時間
10:00~18:00、第1月曜休(祝日の場合は開館)・12/29~1/3休
料金
常設展:大人310円、高校生・大学生・65歳以上の方210円
アクセス
【電車】京浜急行「馬堀海岸」駅から京急バス「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」停下車、徒歩約2分
【車】横浜横須賀道路「馬堀海岸」ICより約5分

横須賀市

自然や動物と触れ合える「ソレイユの丘」

ソレイユの丘

フランスのプロヴァンス地方をモチーフにした農業体験型総合公園。21.3ヘクタールの広い園内には四季の花が咲き、季節野菜の収穫体験や動物たちとの触れあい、パンやピザ作り、屋外遊具、ゴーカート、絶景ビューの観覧車など多彩な楽しみが満載です。バーベキューや農村バイキングなどもあり、遊び疲れた後には日帰りで入れる露天風呂もスタンバイ!

【現地スタッフおすすめコメント】

石畳の道やレンガの建物はインスタ映えも抜群!

ソレイユの丘
[営業時間]9:00~18:00(12~2月は9:30~17:00)※季節により変動する場合あり
[料金]入園無料 ※体験プログラムには有料のものあり
温浴施設「海と夕日の湯」
[営業時間]10:00~21:00(最終入館20:30)、無休
[料金]大人(中学生以上)650円、子供(3歳~小学生)300円
アクセス
【電車】京浜急行「三崎口」駅より京急バス「ソレイユの丘」停下車すぐ
【車】三浦縦貫道路「林」ICより約10分

横須賀市

富士山と巨岩と海の美景「立石公園」

立石公園

三浦半島 秋谷の海岸にある、高さ約12メートル、周囲約30メートルの巨岩「立石」をシンボルにした景勝地。江戸時代の絵師・初代歌川広重が「相州三浦秋屋の里」を描いたことでも有名です。特に、富士山を背景にした眺めが素晴らしく、昼間はもちろん、夕暮れの幻想的な美景は一見の価値あり。静かな海辺の散策スポットとしても人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

「立石」は三浦七石の一つにも数えられています

アクセス
【電車】JR「逗子」駅または京浜急行「新逗子」駅より京急バス「立石」停下車すぐ
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより約20分

担当スタッフおすすめ!横須賀の穴場スポット

横須賀市

横須賀本港を一望!「ヴェルニー公園」

ヴェルニー公園

平成13年末にフランス庭園様式を取り入れてリニューアルした旧臨海公園。対岸には横須賀製鉄所跡地を望み、その建設に貢献したフランス人技師ヴェルニーと、当時の勘定奉行小栗上野介忠順の胸像が立ちます。約1,400株のフランス品種中心のバラが植栽され、海に面したボードウォークは潮風を感じながら散策できる人気スポットです。

【現地スタッフおすすめコメント】

毎年5月と10月にはローズフェスタも開催されています

アクセス
【電車】JR「横須賀」駅より徒歩約1分
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約5分

横須賀市

渡し船で結ぶ良縁スポット「東叶神社」「西叶神社」

東叶神社・西叶神社

浦賀港を挟み、港を行き来する浦賀の渡しで結ばれる東西の「叶神社」。平安時代末期、文覚上人が応神天皇を祭神として建立した「西叶神社」に始まり、西叶神社を勧請して創建されたのが「東叶神社」です。西叶神社の勾玉を、東叶神社のお守り袋に納めて身に付けると良縁に恵まれるといわれ、ともに願いが叶うパワースポットとして人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

叶神社の狛犬は東西で一対になっているとの説も!

東叶神社
【電車】京浜急行「浦賀」駅より京急バス鴨居方面行き「新町」停下車、徒歩約5分
【車】横浜横須賀道路「浦賀」ICより約10分
西叶神社
【電車】京浜急行「浦賀」駅より京急バス久里浜駅行き「紺屋町」停下車、徒歩約1分
【車】横浜横須賀道路「浦賀」ICより約10分

横須賀市

港の東西を結ぶ約3分の船旅「浦賀の渡し」

浦賀の渡し

港に隔てられた東西の浦賀の町を結ぶ渡し船。浦賀奉行が置かれて間もない1725(享保10)年頃から始まる長い歴史を持ち、「ポンポン船」の愛称で親しまれています。時刻表はなく、渡船が対岸にいる時はボタンを押せばすぐにやってくる仕組み。約3分の船旅中には、浦賀湾や浦賀造船所跡地に建つクレーンやドッグの眺めも楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

東西の叶神社巡りにも欠かせない浦賀のシンボルです!

営業時間
7:00~18:00頃(12:00~13:00は休み)、12/31~1/3ほか荒天時・船の点検時休
片道乗船料
大人200円、小中学生100円、未就学児は大人1人付き1人まで無料(2人以上は小中学生料金)、その他(自転車など)50円
アクセス
東浦賀桟橋
【電車】京浜急行「浦賀」駅より京急バス鴨居方面行き「新町」停下車、徒歩約3分
【車】横浜横須賀道路「浦賀」ICより約15分
西浦賀桟橋
【電車】京浜急行「浦賀」駅より京急バス久里浜駅行き「紺屋町」停下車、徒歩すぐ
【車】横浜横須賀道路「浦賀」ICより約10分

横須賀市

名物ポテチパンを食べたい!「中井パン」

1953年創業の老舗ベーカリー。名物は、テレビなどで幾度も紹介されている「ポテトチップスパン(通称ポテチパン)」。近所の菓子問屋で余ったポテトチップスをキャベツとマヨネーズで和え、こだわりの伝統製法で手作りするパンに挟んだのが始まりだと言われています。横須賀を訪れたなら一度は味わいたい生粋の地元グルメです。

【現地スタッフおすすめコメント】

横須賀市民のソウルフード・ポテチパンの元祖店です!

営業時間
7:00~18:00、日曜休
料金
ポテトチップスパン150円ほか
アクセス
【電車】京浜急行「県立大学」駅より徒歩約8分
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約12分

横須賀市

花とハーブに包まれる「くりはま花の国」

くりはま花の国

花をテーマに、自然の地形を生かした緑豊かな公園。広大な園内には蒸気機関車の型の乗り物「フラワートレイン」が運行し、春はポピー、秋は約100万本のコスモスが咲き誇ります。5~7月に見頃のラベンダーがあるハーブ園や、季節のハーブがブレンドされた無料の足湯、ゴジラの滑り台が人気の冒険ランドなども充実しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

オーシャンビューの天空BBQやガーデンレストランも人気です

フラワートレイン
[営業時間]10:00~16:00 ※運行ダイヤは季節により異なる
[休業日]月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、雨天時 ※ポピー・コスモスまつり期間中は無休
[料金(片道)]大人210円、子供(3歳~中学生)100円
ハーブ園
[営業時間]4月~10月 9:00~17:30 / 11~3月 9:00~17:00 / 年末年始休
アクセス
【電車】JR「久里浜」駅または京浜急行「久里浜」駅より徒歩約15分
【車】横浜横須賀道路「佐原」ICより約10分

横須賀市

地元の味が揃う産直市場「すかなごっそ」

すかなごっそ

横須賀の「すか」、野菜の「菜(な)」、ごちそうの意味の「ごっそ」を合わせた名前の農産直売所。地産地消のアンテナショップとして、地元横須賀・葉山の400名以上の生産者が育てた朝採れ野菜をはじめ、葉山牛を使ったコロッケなどのオリジナルの惣菜や、関口牧場のソフトクリームも人気です。敷地内には長井町漁業協同組合直営の「すかなごっそ・さかな館」もオープン。

【現地スタッフおすすめコメント】

三浦半島産のかぼちゃのロールケーキなどお土産に最適なスイーツも!

営業時間
9:30~18:00、水曜休(祝日の場合は営業)
アクセス
【電車】京浜急行「三崎口」駅より京急バス「小根岸」停下車、徒歩約1分
【車】三浦縦貫道路「林」ICより約3分

横須賀市

家族連れにもおすすめ!「海辺つり公園」

海辺つり公園

全長約500メートルのボードウォークに広がる海釣りスポット。猿島や房総半島を眺めながら、四季を通じて誰でも気軽に海釣りを楽しむことができます。東京湾に面した園内には、芝生広場や遊具、さらにトイレや水道、駐車場まで完備。子供連れのピクニックにも最適で、市民の憩いの場として親しまれています。

【現地スタッフおすすめコメント】

広場には東屋や噴水もあり、散策スポットとしても人気

営業時間
5:00~22:00 無休(天候により休園する場合あり)
アクセス
【電車】京浜急行「堀ノ内」駅より徒歩約10分
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約13分

横須賀市

海辺のBBQも楽しめる!「うみかぜ公園」

うみかぜ公園

東京湾を一望できるシーサイドパーク。敷地内にはマウンテンバイクコースや壁打ちテニスコート、スケートボードエリアなどが整備され、アクティブに楽しみたい日に最適です。また、猿島を望む広い芝生広場では手ぶらバーベキューも可能。海の生物が観察できる親水護岸や遊具広場、芝すべりなどもあり、大人も子供も楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

2018年3月には3×3バスケットコートもリニューアル!

アクセス
【電車】京浜急行「県立大学」駅より徒歩約15分
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約10分

横須賀市

目の前から軍港めぐりが出航!「ショッパーズプラザ横須賀」

ショッパーズプラザ横須賀

イオン横須賀店と、ファッションや飲食店などの専門店街で構成されているショッピングモール。建物1階には「YOKOSUKA軍港めぐり」の汐入ターミナルがあり、店内から横須賀港の軍港が見えることもあります。シネマコンプレックスやボウリング場、ゲームセンターなどのアミューズメント施設は、横須賀市民の定番デートスポットです。

【現地スタッフおすすめコメント】

旅先の買い物はもちろん雨の日や待ち合わせにも便利!

営業時間
9:00~21:00(一部店舗は異なる)、無休
アクセス
【電車】京浜急行「汐入」駅より徒歩約3分
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約3分

横須賀市

芸術文化と賑わいの拠点!「横須賀芸術劇場」

横須賀芸術劇場

米海軍兵員集会所跡地に平成6年に開館した芸術劇場。馬蹄形のオペラハウス仕様で、約1,800人を収容できる大劇場「よこすか芸術劇場」と、600人収容の小劇場「ヨコスカ・ベイサイド・ポケット」を備えています。国内最高レベルの舞台設備で、本格的なオペラやクラシック、演劇、古典芸能など多彩な演目を公演しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

国内外から多くのアーティストが来演しています!

アクセス
【電車】京浜急行「汐入」駅より徒歩約1分
【車】横浜横須賀道路「横須賀」ICより本町山中有料道路利用で約4分

今回ご紹介した横須賀の観光スポット

横須賀旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2018 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ