カラフル地蔵に見守られて。暮らしが豊かになる御食国・若狭おばま散歩/福井県・小浜市

カラフル地蔵に見守られて。暮らしが豊かになる御食国・若狭おばま散歩/福井県・小浜市

提供:OZmall

 

編集部に届いた1通の手紙から、ローカルに暮らすあの人が教えてくれた、その町のいいもの・いいことを編集部が訪ねてみる話。今回はデザイン事務所UMIHICOの堀越さんから届いた手紙を頼りに、福井県・小浜市へ。編集部スズキが町を訪ね、お返事をしたためました。ローカルが足繫く通うスポットもご紹介。

オズモール、旅行、福井県小浜市

福井県・小浜市「ユーモアにあふれる豊かな町」

本州の日本海側で、最もくびれた部分にある人口約3万人のまち。古くから天皇に食材を献上してきた「御食国(みけつくに)」であり、海産物などの豊富な食材に恵まれています。海と都をつなぐ「鯖街道」沿いには神社仏閣が点在し、雲城水・津島名水が湧き出る・・・。暮らしの近くに穏やかな豊かさを感じる素晴らしいまちです。ぜひ、歩いてみませんか?(デザイン事務所UMIHICO 堀越さんより)

拝啓、堀越さんへ

寒中お見舞い申し上げます。御食国・小浜のお正月、いかがお過ごしでしたか? 海の宝石箱みたいなおせち料理が目に浮かびます。 

堀越さんからお手紙を頂戴し、初めましての福井県です。眼鏡・恐竜・東尋坊。そんな印象を抱きつつ、いざ乗り込んだのは京都行きの新幹線。(金沢行きじゃない…!)北陸から離れるように南西へ向かい、舞鶴のお隣、小浜着。ほんのり関西弁が混じる小浜の方々の言葉に、なんだか京の都が感じられるようです。

小浜の町にひそむユーモアを探す前に、まずは、生まれ変わった築200年超えの県指定有形文化財「GOSHOEN」でひと息。お殿様をもてなすために建てられたというだけあって、柱に床板、釘隠しと、細部の意匠に感服です。あまりの居心地よさに、一生居てしまいそうでしたので、海沿いの西津地区に繰り出す。そこで目が合ったのは、アバンギャルドでハッピーなメイクに、アルカイックスマイルを浮かべるお地蔵さん! な、なんだこの愛らしさは・・・。夏の地蔵盆の際に、ぜひ地蔵ラリーをしましょう。

余談ですが、わたしは津島名水派でした。  敬具

編集部が現地で訪ねた、小浜市のいいところ

オズモール、旅行、福井県小浜市、GOSHOEN(護松園)

【RECOMMENDED SPOT_1】GOSHOEN(護松園)

お殿様を迎えた別邸が“みんなの別邸”に。日本庭園を眺めて殿様気分。若狭塗のギャラリーもオープン

オズモール、旅行、福井県小浜市、ene coffee stand

【RECOMMENDED SPOT_2】ene COFFEE STAND

護松園に入るコーヒースタンド。本日のケーキといただくヘーゼルナッツラテが秀逸。つい長居しちゃう

オズモール、旅行、福井県小浜市、魚屋やまに

【RECOMMENDED SPOT_3】魚屋やまに

“近所の冷蔵庫”と呼ばれる、目利きの魚屋さん。小浜の特産・醤油干し&小鯛ささ漬はリピ必至です

オズモール、旅行、福井県小浜市、御菓子処

【RECOMMENDED SPOT_4】御菓子処 伊勢屋

こたつで食べたい、雲城水で仕込む上品な甘さの丁稚(でっち)ようかん。小浜の海と夕日が描かれたラベルが目印

オズモール、旅行、福井県小浜市、雲城水

【RECOMMENDED SPOT_5】雲城水

小浜ローカルが足しげく汲みに来る、船溜まり横に湧き出るおいしい水。すぐ近くの津島名水と飲み比べも

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。 編集者が厳選したグルメ・ビューティ・トラベルの最新トレンドや毎日を楽しく過ごすためのアイデアのほか、人気のOZのプレミアム予約をお届けします。

SS202403

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

 
 

TOP