「富士山花火2021」が12月に開催!日本一高地の花火大会を遊園地や車から楽しもう!

2021年12月18日、「富士山花火2021」が開催されます。「富士山花火2021」の舞台となるのは、世界遺産であり、日本最大の文化資源でもある富士山。観覧エリアは静岡県裾野市、富士山南麓二合目にある「遊園地ぐりんぱ」で、“日本で最も高い場所で開催される花火大会”となります。

 

富士山の麓でwithコロナ時代の新しい花火大会が開催!

日本のシンボルとも言える富士山と、日本が誇る伝統文化の花火。コロナ禍で観光事業が危機を迎えるなか、未来に継承すべき2つの重要な文化資源の魅力を発信していきたいという思いで開催が決定したのが、「富士山花火2021」です。

富士山花火 イケブンの花火
イケブンの花火

「富士山花火2021」では、日本の自然と伝統文化が織りなすダイナミックな絶景を、富士山の麓から楽しむことが可能。花火の製作を担うのは、内閣総理大臣賞受賞歴を持つ国内屈指の花火企業イケブンです。

本花火大会では広大な敷地内にソーシャルディスタンスを十分に確保し、約4,500席で開催予定。安心して花火を鑑賞できるように人との接触も最小限になるよう工夫された、withコロナ時代の新しい花火大会となっています。

富士山花火 イケブン
イケブンの花火

花火打上げ場所と観覧エリアが近く、迫力ある花火を楽しめるのも大きな魅力。地形を活かした観覧エリアのため、席によっては目線よりも低い位置から打ち上げ花火を見ることができます。

観覧エリアの遊園地内は、厳格な人数制限がおこなわれ、ソーシャルディスタンスを十分に確保できるようなシートを配布予定。自由に好きな場所にシートを広げて花火を鑑賞できます。そのほか迫力ある花火を間近で楽しめるエキサイティングエリアでは、リクライニングチェアや椅子の指定席が用意されています。

富士山花火 イケブン
イケブンの花火

観覧エリアが遊園地であることを活かした鑑賞チケットだけでなく、自家用車から花火を観覧できるドライブイン花火のチケットがあるのも嬉しいポイントです。こちらは車に乗ったままチェックインし、プライベート空間を保った暖かい車中で花火鑑賞ができるというプラン。終了後も車に乗ったままチェックアウトし、帰路に着くことができます。

なお本花火大会は、富士山を囲む各市町村と連携し、毎年リレー形式での開催を目指します。初年度となる2021年は、静岡県裾野市での開催が決定。富士山×花火を象徴する大会として、来年度以降は富士山を囲む山梨・静岡の各市町村を巡る予定です。
 
花火大会といえば夏のイメージが強いという方もいるかもしれませんが、冷たく澄んだ空に打ち上がる美しい冬花火を見ることができるのは、この季節ならでは。クリスマスを目前としたこの時期、澄み切った空と富士山の雪化粧に映える花火を見に、ぜひ大切な人と一緒に訪れてみては?

 

富士山花火2021

開催日時
2021年12月18日(土) ※荒天の場合中止
開場:遊園地エリア13:30、ドライブインエリア13:30 (予定)
開演:16:30(予定)
終演:18:00(予定)
開催場所
遊園地ぐりんぱ(富士山二合目)
※自家用車またはバスツアーに参加のうえ来場
住所
静岡県裾野市須山字藤原2427
詳細
富士山花火公式サイト
Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。