新規開設航路「東京九州フェリー」の就航日・運賃決定! 充実した船内施設で海上移動を楽しもう

関東と九州をつなぐ新設の「東京九州フェリー」。神奈川県・横須賀~福岡県・新門司間の運賃とともに、就航日について2021年7月1日となることが発表されました。

ペットと過ごせるステートルームも!

3層吹抜けのエントランス
3層吹抜けのエントランス

就航船舶は全長222.5m、総トン数が約15,400トン。旅客定員数268名を誇り、積載台数も乗用車約30台・トラック約154台にのぼります。客室の種類も1名個室寝台のドライバー室からデラックスルームまでバリエーション豊か。ペットと一緒に過ごせるステートルームも用意されました。

 

定員4名の「ステートルーム」
定員4名の「ステートルーム」

ダイヤは日曜日を除く週6便の運航となり、新門司を23時55分に出発して横須賀には翌日の20時45分に到着。横須賀発は23時45分、新門司には翌日の21時に到着するので、観光地から帰路に就く際は夜までゆっくり過ごせるのではないでしょうか。

気になる運賃はツーリストA旅客運賃(基本運賃)で12,000円、乗用車はたとえば車長5m未満で40,000円(ドライバー基本運賃を含む)に。ツーリストS・ステート・デラックス級は基本運賃に室料を加算するルームチャージ制が導入され、様々なニーズに合わせた船旅が楽しめるようになりました。ちなみにルームチャージ料金はツーリストSが6,000円、ステートルーム(4名定員)32,000円、ステートルーム(2名定員・ウィズペット)32,000円、デラックスルームで48,000円です。

 

海を見ながら食事ができるレストラン
海を見ながら食事ができるレストラン

船内には客室のほか、レストランやショップなどの施設も充実しています。レストランでは関東・九州の地元食材を活かした四季折々のメニューが用意され、おいしい料理とあたたかいサービスで船旅のひと時が彩られることに。さらに移り変わる洋上の風景を眺めながら、船上でバーベキューも楽しめます。

 

太平洋を走る船上の露天風呂
太平洋を走る船上の露天風呂

最上階の展望浴室に設置されているのは、広々とした浴槽だけではありません。サウナのほか、太平洋の風を肌で感じられる露天風呂も用意。またコンファレンスルームでは、プラネタリウムや映画を鑑賞することも可能です。

関東と九州をつなぐ約20時間の海上移動を、のんびりと満喫してみては?

 

東京九州フェリー 横須賀~新門司

就航日
2021年7月1日
運賃
ツーリストA旅客運賃(基本運賃)/ 12,000円~ 
※金額は消費税込
ルームチャージ料金
ツーリストS / 6,000円、ステートルーム(4名定員)/ 32,000円、ステートルーム(2名定員・ウィズペット)/ 32,000円、デラックスルーム / 48,000円 ※金額は消費税込
車両等
乗用車4m未満 / 35,000円(ドライバー基本運賃を含む)、乗用車5m未満 / 40,000円(ドライバー基本運賃を含む)、二輪自動車(排気量750cc未満)/ 12,000円、二輪自動車(排気量750cc以上)/ 15,000円 ※金額は消費税込
詳細
東京九州フェリー公式ページ
 
Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

また、自治体によって自粛要請がされている場合があります。あらかじめ公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。