北海道・札幌グルメの新定番!夜のしめパフェを楽しもう

北海道・札幌グルメの新定番!夜のしめパフェを楽しもう

札幌の夜に欠かせない名物グルメ「しめパフェ」。気の合う友達や大切な人と食事をして、お酒を飲んだ後のしめにパフェを食べる。札幌ではすっかり根付いている食文化のひとつです。居酒屋でお茶漬けを食べるように、行きつけのラーメン屋さんに行くように、札幌では飲んだ後にパフェを楽しむ人が多いのです。

 

そんな札幌の街には、深夜でもかわいくてフォトジェニックでおいしいパフェを食べられるお店がたくさんあります。あたたかい季節はもちろん、雪が降り積もる寒い冬でも、暖房のきいた店内で食べるパフェは格別なもの。ホットコーヒーやお酒と合わせるのもおすすめです。今回は札幌在住ライターが、札幌が誇る名物グルメ、しめパフェをご紹介します!

 

 

札幌パフェ推進委員会に聞く、札幌しめパフェとは

そもそもしめパフェとはどのようなものなのか、2015年から「札幌シメパフェ」公式サイトを運営している「札幌パフェ推進委員会」の小林さんにお話をうかがいました。

 

札幌パフェ推進委員会 小林さん
札幌パフェ推進委員会 小林さん(画像提供:札幌パフェ推進委員会)

パフェはもともとフランス語で「完全な」(parfait)という意味の言葉です。完璧なデザートをめざして19世紀にフランスで考案されたと言われています。

 

日本では、背の高いグラスに果物やチョコレート、生クリーム、アイスクリームなどが入ったものが主流ですね。『シメパフェ』はその名の通り、飲んだ後や食事をした後などに、1日の最後をしめくくるパフェのことです。札幌には、素材や造形にこだわったパフェなど個性豊かでおいしいパフェがたくさんあるので、北海道旅行の際にはぜひシメパフェを楽しんでいただきたいです。

 

1日の最後をしめくくるパフェ、とは何とも甘美な響き。ジンギスカンや海鮮、スープカレーなどの札幌グルメを楽しんだ後のしめとして、パフェは今や欠かせない存在です。

 

「パフェ、珈琲、酒、佐藤」のパフェ
「パフェ、珈琲、酒、佐藤」のパフェ(画像提供:札幌パフェ推進委員会)

「札幌シメパフェ」の公式サイトに掲載されているパフェ専門店は、2022年4月現在21店舗。北海道、札幌への旅行が決まったら、サイトで予習をしておくのがおすすめです!

 

深夜まで開いているお店が多いので、夕食の後少し時間をおいて出かけてもOK。営業時間が曜日によって異なるお店も多く、金・土・日は比較的遅くまで営業しています。状況により時短営業になっている場合もあるので、お店のWebページやインスタグラムなどで確認してから行くのがおすすめ。予約を受け付けているお店であれば、早めに予約しておくと安心です。

 

すすきのの名店「パフェテリアパル」でしめパフェを体験!

今回は夜パフェ発祥の店とも言われている「夜パフェ専門店 parfaiteria PaL(パフェテリアパル)」へ行ってきました。

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

場所は、札幌いちの歓楽街に面する「すすきの」駅より徒歩約3分。国道36号線沿いのビル6階にあります。ビルの入口にかかっているバクのイラスト看板を目印に向かいます。

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

看板だけでなく、店内にもあちこちにゆるくてかわいいバクの姿が。悪夢を食べてくれると言われるバクをモチーフにしたパフェテリアパルでおいしいパフェを食べて、いい夢を見られるように…という願いが込められているのだそう。これはまさに札幌しめパフェのスピリッツそのものです。

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

広々とした店内にはテーブル席の他にカウンター席もあり、バーのような雰囲気。パフェと一緒にお酒を飲みたくなる空間です。単品でなくお得なドリンクセットを注文するのがおすすめですよ。

 

 札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

今回はカウンター席に座り、飲み物とセットでパフェをいただきます。

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

驚くほどたくさんの具材が入っているパフェ。中身の説明書きをもらえます。セットのお酒を飲みながら説明に目を通して、パフェへの期待を高めましょう!

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

こちらは「ピスタチオとチョコレートのパフェ」(単品1,250円、セット1,500円)。


ピスタチオを使って作られたジェラートに、チョコレートのフレーバーは相性抜群です。フランス・ヴァローナ社のチョコレートを使ったジェラートはカカオの風味豊かな大人の味。ジェラートの下にはカタラーナやシフォンケーキ、フロランタンにヘーゼルナッツのクリームなどが何層にも重ねられています。

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

グラスの中には、バクをかたどったクッキーも入っています。お店のコンセプト通り、いい夢が見られそう。おいしさだけでなく、見た目も楽しんでもらいたいというおもてなしの心を感じます。かわいすぎるクッキーや濃厚なピスタチオのジェラートで、身も心も癒されるパフェでした。

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

パフェテリアパルでは、期間限定のパフェもあります。毎月必ずと言っていいほどのペースで新作が出るので、何度もリピートして通いたくなります。

 

伺った日には、こどもの日シーズンに合わせて「恋のぼり2022」(単品1,850円、セット2,100円)という期間限定パフェが登場。平たくて横長の器に盛られたパフェは、縦にスプーンを添えるとまさに鯉のぼりのよう!まるで芸術品のような美しさで、ついつい写真を撮るのに夢中になってしまうほど。アイスクリームが溶けないうちにいただきましょう。

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

新鮮なイチゴにチョコレート、あんこの寒天や求肥、よもぎのジェラート、抹茶のティラミスなどが入った和の味わいです。ひとつひとつの具材がお互いを引き立て合い、絶妙なバランス。食感の違いや華やかな香りも楽しみながら食べ進められます。

 

札幌しめパフェ Parfaiteria Pal パフェテリアパル

人気のパフェテリアパル。平日で早めの時間帯が狙い目です。予約もできるので、ハイシーズンに札幌旅行を考えている場合は事前に予約しておくのがおすすめ。

 

夜パフェ専門店 parfaiteria PaL(パフェテリアパル)

住所
北海道札幌市中央区南4条西2-10-1 南4西2ビル6階
営業時間
月~木・日曜日・祝日:18:00~24:00(LO 23:30)
金・土曜日・祝前日:18:00~26:00(LO 25:30)
問い合わせ
011-200-0559(20:00来店分まで予約可)
定休日
不定休

 

まだまだある、札幌しめパフェの名店

パフェテリアパルの他にも、札幌には魅力的なパフェのお店がたくさんあります。今回はその中から3店舗をご紹介しましょう。

 

ブームの火付け役!「パフェ、珈琲、酒、佐藤」

札幌しめパフェ パフェ、珈琲、酒、佐藤
画像提供:札幌パフェ推進委員会

札幌のしめパフェ、夜パフェブームの火付け役と言われているのが「パフェ、珈琲、酒、佐藤」。地元民からも観光客からも愛されているお店です。札幌の中心にある道内最大級の商店街・狸小路の裏路地という隠れ家的な立地でありながら、寒い冬でもお店の外まで行列ができるほどの人気ぶりです。

 

札幌しめパフェ パフェ、珈琲、酒、佐藤
画像提供:札幌パフェ推進委員会

名前の通り、コーヒーやお酒とパフェのペアリングが楽しめます。カウンター席と小上がり席がある店内は、モダンな和の雰囲気。くつろいで過ごせます。

 

札幌しめパフェ パフェ、珈琲、酒、佐藤
画像提供:札幌パフェ推進委員会

お酒、おつまみ、パフェ、コーヒーがセットになった「佐藤の堪能コース」(2,860円)が人気。お酒やコーヒーとのペアリングで、佐藤のしめパフェの世界観を堪能できます。

 

パフェは見た目の美しさはもちろん、一つひとつの素材にこだわったおいしさにも定評があります。北海道産の牛乳を使ったソフトクリーム、アイスクリーム、ケーキやムースもすべて手作り。北海道らしさを感じられる濃厚なソフトクリームのファンも多いそうです。

 

パフェ、珈琲、酒、佐藤

住所
北海道札幌市中央区南2条西1-6-1 第3広和ビル 1階
営業時間
火・水・木曜日:18:00~24:00(LO 23:30)
金曜日:18:00~24:00(LO 23:30)
土曜日:13:00~26:00(LO 25:30)
日曜日:13:00~24:00(LO 23:30)
問い合わせ
011-233-3007(予約不可)
定休日
月曜ほか不定休

 

昼間や観光の合間にも立ち寄りやすい「パーラーエノキ」

札幌しめパフェ パーラーエノキ

「パフェ、珈琲、酒、佐藤」がプロデュースする「パーラーエノキ」も要チェックです。ファミリーで訪れたい、旅行最終日の昼間にあとひとつ追いパフェしたい!という方におすすめ。お店は、札幌中心地にありレンガの外観が印象的な複合商業施設「サッポロファクトリー」の中にあり、ショッピングやサッポロビールの醸造所などを楽しんだ後に気軽に立ち寄ることができます。平日でも10:00からオープンしているほか、家族連れにうれしいキッズプレートもあります。

 

札幌しめパフェ パーラーエノキ

「塩キャラメルとピスタチオ」(1,419円)はフォトジェニックなパフェ。香ばしいピスタチオとほろ苦い塩キャラメルのジェラートは甘さひかえめ。さらにさっぱりした赤い実・赤すぐりと、レモンのフレーバーが効いていて、夏にもぴったりの爽やかな味わいです。

 

札幌しめパフェ パーラーエノキ

ランチの後でも軽く食べられそうなのがサンデー。写真の「ショコラとマンゴーサンデー」(847円)のほか、さまざまなフレーバーがあります。

 

パーラーエノキ

住所
北海道札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー3条館 2階
営業時間
10:00〜20:00
問い合わせ
011-211-1031(予約可)
定休日
施設の休館日に準じる

 

アクセス便利で小さめサイズもうれしい「INITIAL(イニシャル)」

札幌しめパフェ イニシャル

道内最大級、東西約900メートルに渡る商店街「狸小路商店街」のアーケード内にあり、雨や雪の日でもアクセスしやすい夜パフェ専門店が「イニシャル」。「すすきの」駅からは徒歩約3分です。

 

旬の果物をたっぷり使ったフルーツサンドやカクテルも人気のお店。おなかがいっぱい、という時でも食べられる小さめサイズのパフェもおすすめです。

 

札幌しめパフェ イニシャル

写真の「ぶどうのパフェ」(1,012円)は、ベースのソフトクリームを+300円で濃厚ピスタチオ×フランボワーズに変更したもの。自分好みにカスタマイズできます。

 

札幌しめパフェ イニシャル

「チョコレート」(1,012円)は、北海道産の牛乳の風味とカカオの香りが楽しめる一品。自家製ガトーショコラやサクサクした食感のクランチなど、小ぶりなグラスにたくさんの楽しみが詰まっています。

 

INITIAL(イニシャル)

住所
北海道札幌市中央区南3条西5-36-1 F.DRESS五番街ビル2階
営業時間
日・月・火・水・木曜日:17:00~24:00
金・土曜日・祝前日:17:00~26:00
問い合わせ
011-211-0490(予約不可)
定休日
不定休

 

札幌の夜は「しめパフェ」でしめくくる。

札幌しめパフェ
「パフェ、珈琲、酒、佐藤」のパフェ(画像提供:札幌パフェ推進委員会)

札幌の夜を彩る魅惑のスイーツ、しめパフェ。フォトジェニックなだけでなく、北海道のおいしい乳製品や新鮮なフルーツを余すところなく味わえる札幌名物グルメです。パフェ専門店の数が多い上に期間限定のパフェも次々に発売されるため、何度もリピートしたくなります。

 

がんばった自分へのごほうびに、大切な人との楽しい旅の一コマに、ぜひ食べたいパフェが札幌にはたくさんあります。1日のしめくくりに、おいしいパフェを。札幌旅行の思い出に、ぜひ訪ねてみてくださいね。

 

 

今回ご紹介したしめパフェMAP

 

取材・撮影・文/羽田さえ

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

TOP