いま旬の旅

ホテルが取り組む「3密」回避の対策と、新しい衛生管理

新型コロナウイルスの流行によって、3密回避や衛生管理が重要視される昨今。感染リスクを下げるべく、宿泊施設も様々な対策に取り組んでいます。中でも、「星野リゾート」「ヒルトン」「マリオット・インターナショナル」の3つのホテルでの工夫と取り組みをご紹介します。

感染を予防する「3密」回避

「3密」とは、密閉・密集・密接のこと。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには、3密を避けることが重要とされています。

こまめな換気、日常的に人と2メートル以上の距離を開けること、対面の会話では距離を保ったりマスクを着用したりすることが推奨されています。

参照:厚生労働省Webページ

3密を回避した過ごし方を提案する「星野リゾート」

移動や直接の交流が制限されている今、これからを見据えたサービスに積極的に取り組んでいる宿泊施設があります。

その1つである「星野リゾート」が運営する都市型からアウトドア型まで国内外にある42施設も、3密回避をしながら宿泊を楽しめるサービスを提供中です。

客室チェックインや館内の混雑状況管理で、3密回避を徹底

星のや軽井沢 ライブラリーラウンジ
星のや軽井沢 ライブラリーラウンジ

全施設共通の3密対策として、混雑の緩和を徹底。例えば、ラグジュアリーブランド「星のや」や、温泉旅館「界」では、チェックインを客室で行います。

レストランでは、入店時間の分散化によって混雑状況を管理。テーブル席は間隔が2メートルほど取られているので、接触や飛沫を気にせず食事に集中できます。トングなどによる接触感染が気になるビュッフェ形式の食事は、セットメニューやテイクアウト形式に変更されました。

他にも、衛生管理の一環として、全ての宿泊者を対象に検温を実施。通常の客室清掃に加え、ドアノブや引き出し、スイッチ類など手が触れやすい部分はアルカリ電解水による除菌を徹底しています。

「星野リゾート」の3密回避・衛生管理について動画で見る

都会での息抜きを叶える「星のや東京」

星のや東京 客室例
星のや東京 客室例

宿泊施設ごとにも、3密回避や衛生管理を意識した過ごし方が提案されています。例えば、「星のや東京」。都市部にいながらリゾート体験ができる人気宿です。

東京・大手町に位置し、車の場合はホテル直結の地下駐車場を利用。東京・埼玉・神奈川の一部地域からであれば、タクシーの送迎オプションも用意されています。宿に到着したら、フロントではなく客室でチェックイン。人とほとんど接触することなく、自宅から客室まで向かうことができます。

星のや東京 星のや東京御膳

夕食は、ダイニングだけでなく、プライベートな空間で落ち着いて食事ができる部屋食を選択可能。いただけるのは、コース料理を御膳に仕立てた新発想の「星のや東京御膳」。メインの牛ヒレ肉を始め、前菜・スープ・デザートに至るまで出来立てをお部屋で楽しめます。

他にも、星のや東京の大きな魅力の1つ「大手町温泉」は、混雑状況をスタッフに確認しながら利用できたり、北辰一刀流の剣術と独自の呼吸法を融合させたアクティビティ「めざめの朝稽古」は屋外で開催されたりと、3密を避けた安心できる工夫が満載です。

星のや京都 客室例

関西圏なら、京都市街から車で30分圏内に位置する「星のや京都」があります。星のや東京と同じく、都市部から車で気軽に行ける場所にありながら、全室リバービューの客室に渓谷を流れる心地よい風が通り抜けます。

気持ちを整える「写経」は客室で体験、呼吸法と瞑想を取り入れたストレッチ「水辺の深呼吸」は定員を減らしてお庭で開催など、3密を避けたアクティビティも充実しています。

アウトドアで開放感を満喫できる「星のや富士」

星のや富士 客室例
星のや富士 客室例

自然の中で開放感を満喫できる、山梨県・富士山麓エリアの「星のや富士」でも、3密を回避した滞在が可能です。

グランピングをコンセプトにした施設の客室テラスリビングからは、雄大な富士山と河口湖の絶景をひとり占め。メインダイニングではなく客室での朝食「モーニングBOX」をチョイスすれば、日常では体験できない贅沢な朝時間が流れていきます。

星のや富士 クラウドテラス

自然の木を伐採せずに地形を活かして建てられた施設内は、客室以外にも開放的に過ごせるパブリックスペースがたくさん。森の中のウッドデッキ「クラウドテラス」なら、十分な間隔が取られた椅子に座って森林浴をのんびり楽しめます。

石窯で焼き上げるピザづくり、薪割り、富士山麓プライベートサイクリングなど人気アクティビティは、参加人数を少数に限定。密接・密集を避けた大自然なら、心身ともにリフレッシュできるはずです。

星のや軽井沢 客室例
星のや軽井沢 客室例

「星のや富士」と同様に、長野県にある「星のや軽井沢」も「軽井沢野鳥の森」に面した自然豊かな環境にあるのが特長。水辺・山路地・庭路地、全タイプの客室に備えられた開放的なテラスリビングでくつろげます。

宿泊者専用の入浴時間があり混雑が避けられて、ヒノキの内湯と野趣あふれる露天の岩風呂が楽しめる「星野温泉 トンボの湯」や、ウォーキングと屋外でのプライベートなストレッチレッスンを体験する「森林ウォーキング 森の深呼吸体操」など、日々のストレスから解放し深いリラクゼーションに導く設備やアクティビティも充実しています。

新たな衛生管理プログラムで滞在を快適にする「ヒルトン」

世界各国でホテルを展開しているヒルトンでも、新たな衛生基準・消毒基準を設けたプログラムを導入予定です。

アメリカの医療機関や消毒製品メーカーとのタッグを実現

ヒルトン東京

ヒルトン東京

現在検討されているプログラムは、洗浄・消毒製品メーカー「RB」と全米屈指の医療機関「メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)」の協力のもとに進められている、北米で「ヒルトン・クリーンステイ・ウィズ・Lysolプロテクション(Hilton CleanStay with Lysol Protection)」と呼ばれるもの。

科学的アプローチで検討されているガイドラインには、ボールペンや紙類の撤去を始め、客室が清掃・消毒済みでその後の入室者がいないことを示す「クリーンステイ客室」シールの導入などが盛り込まれています。

人と接触しない「コンタクトレス・チェックイン」、デジタル・キー技術の強化や、除菌を目的とした静電噴霧器・UVライトといった技術の導入も検討中なのだそう。

都会の夜景や美しい海を眺めて気分転換できるホテル

ヒルトン東京 客室例
ヒルトン東京 客室例
ヒルトン沖縄北谷リゾート
ヒルトン沖縄北谷リゾート

ヒルトンの宿泊施設はいずれもアクセスに優れた好立地。テーマ性のある客室は、のんびりホテルにこもる「おこもり」旅に利用すれば気分転換になるはず。

例えば「ヒルトン東京」は、西新宿の高層ビル群を望むロケーションで夜景を楽しみながら、障子や襖といった一部客室で取り入れられている和の文化に囲まれて、落ち着いた時間が過ごせます。

沖縄にある「ヒルトン沖縄北谷リゾート」なら、県内屈指のリゾート地・北谷に位置し、沖縄のテイストを取り入れた客室の一部からは透明感が美しい沖縄の海を一望。自然の光と風を取り込む客室で過ごす、開放感あふれるひとときです。

先端テクノロジーを使った衛生対策を発表「マリオット・インターナショナル」

マリオットを始め、リッツ・カールトンやウェスティン、シェラトンなど様々なブランドを展開している「マリオット・インターナショナル」も、3密回避・衛生への対策を発表しています。

WHOも推奨する技術を駆使した衛生・消毒対策

大阪マリオット都ホテル
大阪マリオット都ホテル

ウイルス対策に最先端のテクノロジーを導入していく予定で、その1つが米国疾病対策予防センター(CDC)や世界保健機関(WHO)が推奨する最高度の消毒剤を使用した静電噴霧器。客室やロビー、ジムといった公共スペースまで、ホテル全体の洗浄・殺菌を行っていきます。客室キーや従業員の共有機器を消毒する紫外線技術についても、テストを実施中。

フロントデスクに仕切りを追加したり、3,200軒を超える一部ホテルではチェックインなどゲスト自身の電話から依頼できる要件を増やしたりと、3密への対策も進めています。

都市部でもリゾート地でも開放感を堪能できる様々なホテルがラインナップ

大阪マリオット都ホテル 客室例
大阪マリオット都ホテル 客室例
ザ・リッツ・カールトン沖縄 客室例
ザ・リッツ・カールトン沖縄 客室例

マリオット・インターナショナル傘下には、様々なラグジュアリーホテルが揃います。中でも、ホテル滞在が目的になるような、広々とした美しいロケーションが楽しめる施設に泊まれば、日々の煩わしさを忘れられそう。

例えば日本一高いビル「あべのハルカス」の上層階にある「大阪マリオット都ホテル」は、床から天井まで広がる大きな窓が自慢。スイートからコンフォートルームまで、シーンに合わせた多彩な客室から大阪の街を見渡せます。

リゾートタイプなら、沖縄県名護市・喜瀬の高台に建つ「ザ・リッツ・カールトン沖縄」。沖縄本島で最も美しいとも言われる名護湾や、やんばるの森を一望する客室の中でも、沖縄の風や太陽の光を肌で感じるテラスは特等席です。


今回は3つのホテルの取り組みの一例をご紹介しましたが、3密対策と衛生管理への工夫は、多くのホテル・宿に広がりつつあります。今後の旅選びの参考にしてみてください。

文/市川茜

トップヘ