旅のランキング

現地スタッフ厳選!三重県のおすすめ観光スポットBEST20

三重県現地スタッフおすすめの三重を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている三重の穴場観光地も!

三重県現地スタッフおすすめの三重を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている三重の穴場観光地も!

スケールの大きな名所が揃う三重へ!

日本人なら一度は参拝したいといわれる「伊勢神宮」や、世界遺産に登録された巡礼の道「熊野古道」、ギネス記録の絶叫マシンが充実する「ナガシマスパーランド」など、スケールの大きな観光スポットが揃う三重県。風光明媚な海と山に囲まれ、山里の神秘の歴史に触れる「伊賀流忍者博物館」や、“美味し国”ならではの冬グルメ・浦村カキ食べ放題も魅力的。今回は、現地のスタッフが選ぶ、三重旅行で訪れるべき定番&穴場の観光名所をご紹介します!

初めての人に訪れて欲しい三重のおすすめ定番スポット

伊勢市

伊勢神宮

内宮(皇大神宮)

内宮(皇大神宮)

“お伊勢さん”“大神宮さん”と親しまれる「伊勢神宮」は、伊勢市と周辺に鎮座する125社の総称です。その中心となるのが「内宮(皇大神宮)」と、「外宮(豊受大神宮)」。内宮は国民の総氏神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀り、約2000年もの歴史があります。唯一神明造の御正殿ほか格式ある別宮も多彩です。

【現地スタッフおすすめコメント】

内宮前に架かる宇治橋は聖界と俗界との架け橋といわれます

外宮(豊受大神宮)

外宮(豊受大神宮)

伊勢神宮の内宮創建から500年後のおよそ1,500年前、伊勢の山田原にご鎮座された豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りしています。豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神(みけつかみ)であり、衣食住をはじめ産業の守り神でもあります。内宮とはまた違う静謐な雰囲気のなか、木漏れ日の射す参道を歩くと清々しい気持ちになります。

【現地スタッフおすすめコメント】

お伊勢参りは外宮から内宮の順にお参りするのが慣わしです

営業時間
5:00~18:00(季節により異なる)
料金
参拝無料
アクセス
【電車】外宮:近鉄山田線・JR参宮線「伊勢市」駅より徒歩約5分
    内宮:近鉄山田線・JR参宮線「伊勢市」駅または近鉄山田線・鳥羽線「宇治山田」駅より路線バス「内宮前」停下車、徒歩すぐ
【車】伊勢自動車道「伊勢」ICより約5~10分(外宮より内宮へは約10分)

志摩市

志摩スペイン村

志摩スペイン村

情熱の国スペインをテーマにした複合リゾート。異国情緒あふれる園内に、絶叫系から癒し系までバラエティ豊富なアトラクションが揃う「パルケエスパーニャ」を中心に、ホテル志摩スペイン村や伊勢志摩温泉「ひまわりの湯」も併設。ダルやチョッキーなどキャラクター総出演のミュージカルショーや、エキゾチックなフラメンコショーも必見です。

【現地スタッフおすすめコメント】

花火やプロジェクションマッピングなどのイベントも充実!

営業時間
9:30〜17:00(季節・曜日により変動あり)冬季に休園あり
料金
入園料(終日パスポート):大人5,300円、中人(12~17歳)4,300円、小人(3~11歳)・シニア(60歳以上)3,500円
アクセス
【電車】近鉄志摩線「鵜方」駅より直通バスで約13分
【車】伊勢自動車道「伊勢」ICより伊勢二見鳥羽ライン「松下」JCT・第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICへ。鳥羽南・白木ICよりR167経由で約20分

鈴鹿市

鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキット

丘陵地に広がるモビリティの一大テーマパーク。鈴鹿8時間耐久ロードレースやフォーミュラ・ニッポンなどのビッグレースが開催される国際的なレーシングコースを有し、レースのない日は東コース2.3キロメートルをゴーカートで走ることもできます。30種ものアトラクションが揃う「遊園地モートピア」やホテル、日帰り温泉施設も完備。

【現地スタッフおすすめコメント】

「遊園地モートピア」は家族みんなで楽しめます

営業時間
モートピア営業時間:10:00~17:00(季節、レースイベントなどにより変更あり)、年2回休
料金
モートピアパスポート(入園+のりものパスポート):大人(中学生以上)4,300円、小学生3,300円、幼児(3歳以上~未就学児)2,100円
アクセス
【電車】近鉄名古屋線「白子」駅よりバス約20分
【車】東名阪自動車道「鈴鹿」ICより約20分

桑名市

なばなの里

なばなの里

東海地方を代表する花と緑のテーマパーク。四季を通じて美しい花を観賞できる日本最大級の花ひろばや、世界各国から集めた数百種1万2千株のベコニアガーデンほか、日帰り温泉、地ビール園、レストランなどを完備。毎冬のイルミネーションも全国的に有名で、敷地全体に壮大なスケールと圧倒的なクオリティの光の世界が広がります。

【現地スタッフおすすめコメント】

今年のイルミネーションはあの大人気ゆるキャラが登場!

営業時間
9:00~22:00(平日~21:00)特定日あり 詳細は営業日カレンダー参照
※イルミネーション開催期間は2017/10/14~2018/5/6(予定)
料金
入場料:通常期間1,600円、イルミネーション開催期間2,300円
※里内で利用できる金券1,000円付
アクセス
【電車】JR関西本線・近鉄名古屋線「桑名」駅よりバス約10分
※イルミネーション開催期間は「近鉄長島」駅より直通バス運行
【車】伊勢湾岸自動車道「湾岸長島」ICより約15分

伊勢市

伊勢内宮前 おかげ横丁

伊勢内宮前 おかげ横丁

伊勢神宮内宮の門前町の中ほどに、江戸期から明治期の伊勢路の代表的な建築物が移築・再現された町。約4000坪の敷地には伊勢志摩ならではの老舗グルメや土産処などが立ち並び、ご当地の魅力がギュッと凝縮しています。日本の神話をテーマにした施設「おかげ座 神話の館」では、映像と和紙人形で神話の世界を体感できます。

【現地スタッフおすすめコメント】

グルメも観光も迷ったらココに!

営業時間
9:30~17:30(4~7月の土日祝と8、9月は~18:00、11~1月、2月~17:00)
※一部の飲食店は夜間営業あり。お盆、お正月などの繁忙期は特別設定
料金
入場無料 ※おかげ座のみ 大人300円 、小人(小学生)100円
アクセス
【電車】近鉄山田線・JR参宮線「伊勢市」駅または近鉄山田線・鳥羽線「宇治山田」駅よりバス「神宮会館前」停下車、徒歩すぐ
【車】伊勢自動車道「伊勢」ICより約5分

桑名市

ナガシマスパーランド

ナガシマスパーランド

約50種以上のアトラククションが揃う国内有数の遊園地。全長2,479メートルで世界一のスケールを誇るギネス認定コースター“スチールドラゴン2000”や、日本初登場のフライングコースター“アクロバット”、日本最大の木製コースター“ホワイトサイクロン”など絶叫マシンが充実。夏のジャンボ海水プールや花火大会も人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

アウトレットモールや日本最大級の日帰り温泉施設も隣接!

営業時間
9:30~17:30(季節により異なる) 
料金
パスポート(入場+乗り放題):大人5,000円、小学生3,900円、幼児(2歳以上)2,300円
アクセス
【電車】JR関西本線・近鉄名古屋線「桑名」駅よりバス約20分
【車】伊勢湾岸自動車道「湾岸長島」ICよりすぐ

紀北町~尾鷲市

熊野古道

熊野古道

三重県にある熊野古道は伊勢路と呼ばれ、伊勢神宮から熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へ詣でるための巡礼の道。「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産にも登録されています。「道の駅 海山」を拠点とする馬越峠コースは、尾鷲ヒノキの林の中に石畳の道が続き、趣きある古道ウォーキングが楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

馬越峠はこれぞ熊野古道という雰囲気が味わえるスポット

アクセス
【電車】JR紀勢本線「尾鷲」駅より路線バス「鷲毛」停下車、徒歩約10分(「道の駅 海山」まで)
【車】紀勢自動車道「海山」ICよりR42経由で約5分(「道の駅 海山」のパーキングに駐車)

鳥羽市

鳥羽水族館

鳥羽水族館

飼育種類数日本一を誇る水族館。約1,200種の生きもののなかでも、日本で唯一飼育されているジュゴンやパラオオウムガイなどは必見です。12のゾーンに分かれた館内では、毎日アシカやセイウチのショーも開催。変わった生きものたちを集めた「へんな生きもの研究所」や、実は水辺で暮らすカピバラやスナドリネコまで多彩な展示が魅力です。

【現地スタッフおすすめコメント】

室内型としては国内でも類を見ないほどの大型水族館

営業時間
9:00~17:00(7/20~8/31は8:30~17:30)※最終入館は閉館1時間前まで
料金
入館料:大人2,500円、小人(小・中学生)1,250円、幼児(3歳以上)630円
チケット予約
楽天のチケット予約サイト「Voyagin」で予約
アクセス
【電車】JR参宮線・近鉄鳥羽線・志摩線「鳥羽」駅より徒歩約10分
【車】伊勢自動車道「伊勢」ICより伊勢二見鳥羽ライン経由で約15分

四日市市

四日市コンビナート

四日市コンビナート

昭和30年代に日本で初めて作られた石油化学コンビナート。かつては大気汚染、水質汚染の元凶と敬遠されましたが、良好な環境を取り戻した現在は、工場夜景の観賞スポットとしても注目を集めています。おすすめは四日市港ポートビルの展望室「うみてらす14」から週末限定で見下ろせるプラント群。海上からの夜景クルーズも人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

敬遠されてきた工場の夜景が熱い注目を受けています

営業時間
うみてらす14:10:00~17:00 土日祝は~21:00 ※入場は閉館30分前まで
水曜(祝日の場合は開館)、12/29~1/3休
夜景クルーズ:2018/3/31までの特定の金・土曜日開催(2017/12/30を除く)※要予約
料金
四日市港ポートビル「うみてらす14」:一般(高校生以上)300円
夜景クルーズ60分コース:大人(13歳以上)3,900円、小人(6歳以上)3,400円 
アクセス
【電車】JR関西本線「富田浜」駅より徒歩約15分
【車】東名阪自動車道「四日市東」ICより約15分

菰野町

御在所ロープウエイ

御在所ロープウェイ

標高約400メートルの湯の山温泉から標高1,212メートルの御在所岳山上までを、全長2,161メートル、約12分で結ぶロープウエイ。ゴンドラの窓からは春はツツジ、夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷と、四季ごとの絶景が楽しめます。運がよければ、岩場を飛び跳ねるニホンカモシカの姿も見られるかも。山頂には県内唯一のスキー場も完備。

【現地スタッフおすすめコメント】

山上公園のレストランでは名物「御在所カレーうどん」をぜひ!

営業時間
4~11月9:00~17:00、12~3月9:00~16:00
不定休(2018/6/1~7/10は定期点検工事のため運休)
料金
ロープウエイ往復:大人(中学生以上)2,160円、小人(4歳~小学生)1,080円、3歳以下無料
アクセス
【電車】近鉄「湯の山温泉」駅よりバス「三交湯の山温泉」停下車、徒歩約10分
【車】東名阪自動車道「四日市」ICより約30分

現地にいるからこそ知ってる三重のおすすめ穴場スポット

伊賀市

伊賀流忍者博物館

伊賀流忍者博物館

伊賀の土豪屋敷を移築した、世界一の忍術資料を誇る伊賀流忍者の博物館。屋敷内では、くノ一(女忍者)の案内で、ドンデン返し、仕掛け戸、もの隠しなど様々な仕掛けの実演が楽しめます。手裏剣打ちなどの忍術体験や、忍者集団・阿修羅による迫力満点の忍者ショーも人気。忍者オリジナルグッズの売店も併設されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

伊賀流忍術の本物の資料や本格的な忍者体験が楽しめる施設

営業時間
9:00〜17:00(入館受付は16:30まで)、12/29〜1/1のみ休
料金
入館料:大人(高校生以上)756円、小人(4歳〜中学生)432円 
※別料金:忍者ショー1人400円(休演日あり・要事前確認)、手裏剣打ち体験1人5枚200円
アクセス
【電車】伊賀鉄道「上野市」駅より徒歩約10分
【車】名阪国道「上野東」ICより約5分

鳥羽市

浦村の牡蠣小屋

牡蠣小屋 浦村

鳥羽市浦村は「浦村カキ」の特産地。毎年10月中旬から4月初旬頃までは、カキ食べ放題を行う牡蠣小屋が立ち並びます。基本は焼きガキですが、カキ飯やカキの佃煮、カキグラタン、カキフライなどのサービスメニューが付く店や、焼き・蒸し両方味わえる店、生ガキを別途注文できる店などもあります。好みの店には早めの予約がおすすめです。

【現地スタッフおすすめコメント】

冬のカキシーズン限定! 美味しいカキ食べ放題の店が揃います

営業時間
営業時間は店舗により異なる。要予約
アクセス
【電車】JR参宮線・近鉄鳥羽線・志摩線「鳥羽」駅下車、バスで「本浦港」「向井」停などで下車
【車】伊勢自動車道「伊勢」ICより約35分

伊勢市

伊勢夫婦岩ふれあい水族館 伊勢シーパラダイス

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス

“距離感ゼロの水族館”というコンセプト通り、トドやセイウチ、アザラシなどの動物たちを身近に見て、触れて、体温を感じることができるのが魅力。ツメナシカワウソとの握手やイルカとのキャッチボールなど、他の水族館では味わえない多彩なふれあいアトラクションが用意されています。2016年4月に「二見シーパラダイス」から名称変更。

【現地スタッフおすすめコメント】

たくさん開催されるイベントのスケジュールを調べてから行くのがおすすめです!

営業時間
9:00~17:00(季節により変更あり)、設備点検のため12月に2日間休館日あり
料金
入館料:大人1,600円、小人(小・中学生)800円、幼児(3歳以上)400円、シニア(65歳以上)1,400円
アクセス
【電車】JR参宮線「二見浦」駅より徒歩約20分
【車】伊勢自動車道「伊勢」ICより伊勢二見鳥羽ライン「二見JCT」経由で約5分

志摩市

志摩マリンランド

志摩マリンランド

地球と生物の歴史を紹介する「古代水族館」と、世界各地の珍しい海の生き物たちを飼育展示する「水族館」で構成。悠々と泳ぐマンボウの水槽や、 サメ、ブリなどおよそ50種約2,500匹の魚が泳ぐ回遊水槽での海女の餌付けショーなどオリジナルな展示も人気です。皮膚の角質を食べるドクターフィッシュ“ガラ・ルファ”体験もぜひ!

【現地スタッフおすすめコメント】

白い磯着姿の海女さんの餌付け実演が見られる水族館です

営業時間
9:00~17:00(季節により異なる)※最終入館は閉館の30分前まで
無休
料金
入館料:大人1,400円、中高生900円、小学生600円、幼児(3歳以上)300円
アクセス
【電車】近鉄志摩線「賢島」駅より徒歩約2分
【車】伊勢自動車道「伊勢西」ICまたは「伊勢」ICより伊勢道路・R167経由で約40分

桑名市

三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島

三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島

ナガシマリゾートにあるアウトレットパーク。2017年秋に日本最大の302店舗へスケールアップしました。 アメリカニューオリンズの街並みをテーマにした2階建のモール内にラグジュアリーブランドや国内外の人気セレクトショップ、スポーツ&アウトドア用品、キッズファッション、メンズ・レディスのファッション雑貨などが充実しています。
※店舗数・店舗面積で日本最大のアウトレットモール(2017年6月現在 株式会社ビデオリサーチ調べ)

【現地スタッフおすすめコメント】

みそかつやひつまぶしなどの名古屋メシが味わえる飲食店も!

営業時間
10:00~20:00(時期により変更する場合あり)※飲食店は店舗により異なる 不定休
アクセス
【電車】JR関西本線・近鉄名古屋線「桑名」駅より三交バス「長島温泉」停下車すぐ
【車】伊勢湾岸自動車道「湾岸長島」ICよりすぐ

鳥羽市

神明神社 石神さん

神明神社 石神さん

相差地区にある神明神社の境内にある末社。御祭神は玉依姫命(たまよりひめのみこと)という女神様で、地元の海女たちの間では古くから“女性の願いなら一つは叶えてくれる”と伝わります。今では全国から数多くの女性の参拝客が訪れ、“セーマン・ドーマン”といわれる海女の魔除けの印が刺しゅうされたお守りもラッキーアイテムとして人気。

【現地スタッフおすすめコメント】

女性の願いを叶えてくれる強力パワースポットです!

アクセス
【電車】JR参宮線・近鉄鳥羽線・志摩線「鳥羽」駅よりバスで約40分「相差」停下車、徒歩約5分
【車】伊勢自動車道「伊勢」ICより伊勢二見鳥羽ライン鳥羽出口から約35分

名張市

赤目四十八滝

赤目四十八滝

室生赤目青山国定公園の中心に、大小さまざまに美しい滝が全長4キロメートルにも渡って続く「赤目四十八滝」。特に“赤目五瀑”として有名な不動滝、干手滝、布曵滝、荷担滝、琵琶滝は見るものを圧倒する存在感。滝を繋ぐ回遊路は散策コースとしても人気で、桜、新緑、紅葉など四季ごとの鮮やかな風景のなかで自然のアートを体感できます。

【現地スタッフおすすめコメント】

日本の滝百景や森林浴の森百景などにも選出される景勝地

営業時間
9:00~16:30(4~11月は8:30~17:00)、12/28~31と1~3月の木曜休
料金
入山料:大人400円、小・中学生200円
アクセス
【電車】近鉄大阪線「赤目口」駅よりバス「赤目滝」停下車
【車】名阪国道「上野」ICより約40分

亀山市

東海道関宿

東海道関宿

東海道五十三次の47番目の宿場町として栄え、参勤交代やお伊勢参りで多くの人が行き交った「東海道関宿」。江戸後期から明治にかけての町家建築が200棟以上も現存し、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。街道沿いには、かつての大旅籠で味わう季節のおこわや江戸期創業の老舗和菓子屋など、風情のある食事処や土産処も点在。

【現地スタッフおすすめコメント】

旧東海道の中で唯一、歴史的な町並みが残る宿場町です

営業時間
散策自由、無休(施設や店により営業時間・定休日は異なる)
アクセス
【電車】JR関西本線「関」駅より徒歩約5分
【車】名阪国道「関」ICより約5分

熊野市

鬼ヶ城

鬼ヶ城

熊野古道・伊勢路の途中にある凝灰岩の大岸壁。熊野灘の荒波や風化による大小の海蝕洞が約1.2キロメートル続き、国の名勝・天然記念物に指定されています。海岸線に沿って遊歩道があり、上下二段の大きな岩窟“千畳敷”や、鬼の見晴台といわれる展望台からの絶景は見もの。隣接する「鬼ヶ城センター」には熊野灘を見晴らすカフェなど完備。

【現地スタッフおすすめコメント】

「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産にも登録

営業時間
散策自由、無休
鬼ヶ城センター:9:00~17:00※施設によって異なる、無休
料金
散策無料(鬼ヶ城センター入場無料)
アクセス
【電車】JR紀勢本線「熊野市」駅よりバス「鬼ヶ城東口」停下車、徒歩すぐ
【車】熊野尾鷲道路「熊野大泊」ICよりすぐ

今回ご紹介した三重の観光スポット

三重旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ
});