旅のランキング

人気投票で決定!乗って良かった人気の観光列車ランキング

豪華絢爛な外観と、デザインが工夫された空間で旅に彩りを与えてくれる観光列車。楽天トラベル会員が選んだ、乗って良かった観光列車をランキングでご紹介!

豪華絢爛な外観と、デザインが工夫された空間で旅に彩りを与えてくれる観光列車。楽天トラベル会員が選んだ、乗って良かった観光列車をランキングでご紹介!

観光列車の魅力

ななつ星in九州の人気や現美新幹線の開業などで注目の観光列車。観光列車は単なる移動手段としてだけではなく、旅情感あふれる内装や非日常を感じさせる外観から、旅行そのものの目的として注目を集めています。自然風景を走り四季を感じる列車から、長旅を快適に過ごす列車まで幅広くご紹介します。さあ、「列車に乗る旅」に出掛けましょう!

Number 1 ranking

神奈川県

箱根登山電車

1,515
箱根登山電車
箱根登山電車
箱根登山電車

小田原と強羅を結ぶ箱根登山電車は、粘着式普通鉄道では日本最急の勾配を誇り、進行方向を転換するスイッチバックを繰り返して進んでいく珍しい鉄道です。ゆっくりと登りながら進んでいく車窓からは四季も感じることができ、6月中旬から7月上旬のあじさい開花時期は夜間のライトアップも楽しむことができます。

Number 2 ranking

京都府

嵯峨野トロッコ列車

1,050
嵯峨野トロッコ列車
嵯峨野トロッコ列車
嵯峨野トロッコ列車

京都・嵐山と亀岡を結び、保津峡を走る嵯峨野トロッコ列車は、四季に変わりゆく景色が魅力です。春は桜のトンネル、夏は生い茂る新緑、秋は真紅に染まる紅葉、そして冬は厳かな雪景色。復路は側を流れる保津川を舟で下る「保津川下り」を楽しむこともできます。

Number 3 ranking

静岡県

SL急行

656
SL急行
SL急行
SL急行

大井川沿いの田園風景を楽しむことができる、SL急行は新金谷から千頭駅までを約1時間20分かけて走ります。車両内は昔ながらの座席でレトロな雰囲気。車中で食べる弁当の味も格別です。日本で唯一、ほぼ毎日運行するSLとしても知られています。

Number 4 ranking

北海道

くしろ湿原 ノロッコ号

575
くしろ湿原 ノロッコ号
くしろ湿原 ノロッコ号
くしろ湿原 ノロッコ号

釧路湿原をのんびり走るノロッコ号では、湿原ならではのエゾシカやタンチョウなどの動物を見ることができます。ゴールデンウィークの時期から10月まで運行しており、釧路川のカヌーとともに人気の観光コースとなっています。

Number 5 ranking

福岡県~大分県

特急ゆふいんの森

544
特急ゆふいんの森
特急ゆふいんの森
特急ゆふいんの森

博多から由布院を経由して、別府まで走る特急ゆふいんの森は、温もりを感じる木造のインテリアと荘厳かつ落ち着いた緑の外観が人気です。車内販売も充実しており、大豆アイスやゆふいんサイダーなどの地元のグルメも堪能することができます。

Number 6 ranking

福岡県~大分県

ソニック

516
ソニック
ソニック
ソニック

メタリックブルーで洗練された外観と落ち着きのある内装が魅力のソニック。ヘッドレストに本革を使用するなど、乗り心地も申し分なしです。博多から別府までの旅路に、周防灘や田園の風景を楽しむのもおすすめです。

Number 7 ranking

岩手県

三陸鉄道

501
三陸鉄道
三陸鉄道
三陸鉄道

宮古駅と久慈駅を結ぶ北リアス線と盛駅と釜石駅を結ぶ南リアス線の2つの路線が走っています。広大な太平洋を眺めながら三陸の海鮮丼をお座敷でいただくひとときは極上です。定期的に企画列車も運行しており、キャラクターやドラマとのコラボレーションが人気となっています。

Number 8 ranking

青森県~秋田県

リゾートしらかみ

479
リゾートしらかみ
リゾートしらかみ
リゾートしらかみ

秋田駅から青森駅の日本海側を結ぶ五能線を走るリゾートしらかみは「橅」「青池」「くまげら」の3種類が運行しています。2016年7月から運行している「橅」は東北の夏祭りをイメージした華やかな色のシートや秋田・青森の木材を使った温もりのある展望室があり、地元の空気を移動中も存分に堪能することができます。

▼関連記事はこちら

Number 9 ranking

山口県~鳥取県

SLやまぐち号

424
SLやまぐち号
SLやまぐち号
SLやまぐち号

SLやまぐち号は1937年に製造され、一度引退しましたが、1979年に現場復帰した蒸気機関車です。5両編成で新山口から津和野までの約63kmを片道2時間程度で走ります。3月から11月の土休日を中心に運行しています。

Number 10 ranking

島根県~東京都・香川県~東京都

サンライズ出雲・瀬戸

392
サンライズ出雲・瀬戸
サンライズ出雲・瀬戸
サンライズ出雲・瀬戸

現存する数少ない寝台列車である、サンライズ。さまざまなタイプの寝台が用意されていますが、中でも指定席の料金だけで利用できる「ノビノビ座席」は格安で学生に人気があります。車内のインテリアも木で統一されており、ゆっくりと快適に旅を満喫することができます。

Number 11 ranking

三重県~大阪府・三重県~京都府・三重県~愛知県

特急しまかぜ

389
特急しまかぜ
特急しまかぜ
特急しまかぜ

2013年3月、伊勢神宮の式年遷宮のタイミングに合わせて、伊勢志摩の賢島駅行きの列車として開業しました。大阪難波発・京都発・名古屋発で運行しています。青と白を基調とした爽やかでシャープな外観と、本皮を使用した3列シートや電動リクライニングでのリラックス空間で、非日常感とともに快適な旅を楽しむことができます。

Number 12 ranking

静岡県

リゾート21

328
リゾート21
リゾート21
リゾート21

熱海から下田を走るリゾート21は、劇場のような階段上の展望室、海を臨む横向きの座席など、まさにリゾートを体現するように車内空間に工夫が施されています。シックな黒い外観の「黒船電車」には幕末の資料や、ペリーや坂本龍馬のディスプレイが配置され、開国の時代の歴史に触れることができます。

Number 13 ranking

栃木県

SLもおか

316
SLもおか
SLもおか
SLもおか

SLもおかは下館、真岡、益子、茂木を結ぶ真岡鐵道の真岡線を走り、江戸時代から木綿の産地であったことから、「コットンウェイ」の愛称で親しまれています。1年を通じて毎週土曜日と日曜日に1往復ずつ運行されており、「いちごSL」や「サンタトレイン」などの季節のイベント列車も人気です。

Number 14 ranking

鹿児島県

特急指宿のたまて箱

276
特急指宿のたまて箱
特急指宿のたまて箱
特急指宿のたまて箱

鹿児島中央から指宿を走るたまて箱は、左右で白黒の色を持つ奇抜な外観が特徴的です。浦島太郎のたまて箱をイメージした白い煙を見立てたミストが、列車上部から噴き出る演出も楽しみのひとつです。

Number 15 ranking

群馬県~栃木県

トロッコわたらせ渓谷号、トロッコわっしー号

248
トロッコわたらせ渓谷号、トロッコわっしー号
トロッコわたらせ渓谷号、トロッコわっしー号
トロッコわたらせ渓谷号、トロッコわっしー号

群馬県の桐生駅~栃木県の間藤駅の渓谷沿いを走るトロッコ列車で、週末を中心に運行しています。もともと足尾銅山で産出された銅の輸送をしていたこともあり、シックな銅色の車両が特徴的です。草木トンネルを通る約10分間、銀河のようなイルミネーションが天井で点灯するのも見どころです。

Number 16 ranking

富山県

レトロ電車

245
レトロ電車
レトロ電車
レトロ電車

富山市内軌道線が100周年を迎えたことを記念して登場した列車で、昭和40年製・7000形車両をリニューアルした外観となっています。臨時貸切列車の運行もされており、イベントや宴会に利用されて地元の方々にも愛されている列車です。

Number 17 ranking

長崎県~福岡県

かもめ

224
かもめ
かもめ
かもめ

博多・長崎間を走る特急かもめは、白く丸くて愛らしい885系とグレーでかっこいい787系という対照的な外観を持つ2種類の車体が運行しています。内装もアートギャラリーや革張りのシートなど、旅を快適で楽しくする工夫が施されています。

Number 18 ranking

新潟県~福島県

SLばんえつ物語

197
SLばんえつ物語
SLばんえつ物語
SLばんえつ物語

1969年、磐越西線での運転を最後に引退したSLが、1999年4月に再登場。磐越路に懐かしい汽笛を響かせています。新潟から福島県の会津若松が走行区間となっています。4月から9月の土休日を中心に運行しています。

Number 19 ranking

長野県

ろくもん

195
ろくもん
ろくもん
ろくもん

2014年に長野ー軽井沢に開通したろくもんは、長野県産の木材を使ったラウンジ風の内装が特徴で、水戸岡鋭治氏のデザインです。車内では地元の名店の食事を味わうことができ、長野県産の高原野菜を使った懐石料理や洋食も楽しめます。

Number 20 ranking

和歌山県

こうや花鉄道 天空

191
箱根登山電車
こうや花鉄道 天空
こうや花鉄道 天空

世界遺産の高野山へ繋がる、橋本駅 - 極楽橋駅間で運行される展望列車です。ゆっくり上へ上へと進んでいくさまはまさに「天空」。荘厳な緑を基調とした外装で、都会から聖地へ向かっていく道中で精神を落ち着かせるのも旅の醍醐味です。

※このランキングは、2016年7月27日~8月2日に楽天トラベルニュース(メールマガジン)購読者に対し行ったアンケートで、「乗って良かった日本の観光列車」についての投票数が多かった順にランク付けしています(投票総数:4,328)

トップヘ