旅のランキング

八戸観光おすすめ16選!モデルコースに名物グルメ、朝市も

八戸担当スタッフおすすめの絶対に外せない観光スポット16選!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている八戸のグルメ、イベント情報も!

八戸担当スタッフおすすめの絶対に外せない観光スポット16選!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている八戸のグルメ、イベント情報も!

1.初めての八戸!定番モデルコース

はっしょくせんたー

八食センター

八食センター
八食センター
八食センター

創業30年以上の大規模な市場。全国でも有数の水揚げ量を誇る八戸港でとれた新鮮な魚介類、乾物珍味などがずらりと並ぶ様子は迫力満点!買った食材をその場で味わえる広場「七厘村」もあり、炭焼きで食材本来の旨みを思う存分堪能できます。

また、1年を通してイベントが盛り沢山なのも大きな魅力。注目のロックバンドが集結する夏の恒例野外ライブ「八食サマーフリーライブ」をはじめ、プロの料理人の指導が受けられる「八食料理道場」、マグロ解体ショーやお笑いライブなど、友達同士や家族で盛り上がれる催しがいっぱいです。

【現地スタッフおすすめコメント】

八戸の美味しいものが揃い、八戸で1番人気の観光スポットです!

営業時間
市場棟:9:00〜18:00 味横丁:9:00〜18:30(L.O.18:00) 厨スタジアム:9:00〜21:00 ※お盆・年末年始は営業時間が異なります
定休日
水曜、年末年始(厨スタジアムは年中無休)※繁忙期・祝祭日は臨時営業
住所
青森県八戸市河原木字神才22-2
アクセス
【電車】JR八戸線「八戸」駅東口4番のりばより八食センター行きバス
【車】八戸自動車道「八戸」IC、または「八戸北」ICより約10分

たねさしかいがん

種差海岸

種差海岸
種差海岸
種差海岸

JR種差海岸駅より徒歩約3分にある、八戸市の「三陸復興国立公園」内の海岸。天然の芝生が一面に広がる「種差天然芝生地」をはじめ、松並木や西洋の古城を思わせる展望台など、異国情緒漂う風景を楽しめる定番の観光スポットです。

海沿いの岩礁と芝生の緑の美しいコントラストは必見!準絶滅危惧種に指定されている「ミチノクフクジュソウ」など、珍しい植物を目にすることもでき、豊かな自然や爽やかな風を感じながら散歩を楽しむのにぴったりです。

【現地スタッフおすすめコメント】

近隣の米軍三沢基地からも休日を楽しむアメリカ人が訪れ、異国情緒漂うスポットです。

住所
青森県八戸市大字鮫町
アクセス
【電車】JR八戸線「種差海岸」駅より徒歩約3分
【車】八戸・久慈自動車道「種差海岸階上岳」ICより約10分

かぶしま(かぶしまじんじゃ)

蕪島(蕪島神社)

蕪島(蕪島神社)

種差海岸の最北に位置する「蕪島」は、ウミネコの繁殖地としても知られています。毎年3月から8月頃の繁殖期・子育て期には、ウミネコで島が埋め尽くされるほどに。ウミネコをすぐそばで観察することができる貴重なスポットで、かわいい姿をじっくり堪能してみて。

また、かぶあがり祈願で有名な「蕪島神社」もあり、自分の株を上げてくれるというご利益があるのだとか。現在は再建中で、2020年3月の完成に向けて工事を進めているので中に入ることはできませんが、社務所でいただける「ウミネコおみくじ」やお守りもおすすめです。

【現地スタッフおすすめコメント】

島の上に位置する蕪島神社はパワースポットとしても人気。ウミネコの糞がついたら、「運がつく」という縁起の良い神社でもあります。

住所
青森県八戸市大字鮫町字鮫56-2
アクセス
【電車】JR八戸線「鮫」駅より徒歩約15分
【車】八戸自動車道「八戸」ICより約25分

はちのへしゅぞうかぶしきがいしゃ

八戸酒造株式会社

八戸酒造株式会社

「八戸酒蔵」は1775年創業の老舗。地酒ファンならその名を知らないものはいないと言われている「陸奥八仙」を造る酒蔵です。大正時代に建築された煉瓦蔵、土蔵、木造の店舗兼主屋は国の登録有形文化財、県の景観重要建造物に指定されており、歴史を感じる佇まいは圧巻。

蔵見学で日本酒の製造過程や文化について学んだあとは、うれしい試飲タイム!地元で愛される辛口酒「陸奥男山」や、華やかな香りが広がる旨口「陸奥八仙」の飲み比べも楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

八戸が誇る老舗の酒造。500円で蔵見学と日本酒の試飲もできます。

営業時間
10:00~16:00、土日祝休(冬期間は土曜営業)
料金
500円(試飲付き)
住所
青森県八戸市湊町字本町9
アクセス
【電車】JR「陸奥湊」駅より徒歩約5分
【車】八戸自動車道「八戸」ICより約20分

みろくよこちょう

みろく横丁

みろく横丁
みろく横丁
みろく横丁

三日町通りと六日町通りに面した屋台村「みろく横丁」。約26店舗の屋台がひしめく中心街のシンボル的スポットです。郷土料理から洋食、おばんざい、おでん、ラーメンなど、個性豊かな屋台が揃っていて、どこに行こうか悩んでしまいそう!

各店およそ一坪ほどの広さの屋台で、おいしい料理やお酒を味わいながら地元民や観光客との交流も楽しめるので、飲みニケーション好きな人にはぴったり。地域の食材を積極的に使った八戸の料理を味わいに、ぜひ訪れてみて!

【現地スタッフおすすめコメント】

街の中心部にありアクセスも便利。各店の席数は10ない程度。全く知らない人同士も友達になれるあったかい空間です。

営業時間
店舗により異なる
住所
青森県八戸市三日町~六日町
アクセス
【電車】JR八戸線「本八戸」駅より徒歩約10分

2.八戸のおすすめ名物グルメ

はちのへせんべいじる

八戸せんべい汁

八戸せんべい汁

B-1グランプリなどで一躍有名になった八戸を代表するグルメの一つ「せんべい汁」。肉や魚、野菜などで出汁を取った汁に、小麦粉と塩で作った鍋用の堅い「南部せんべい」を割り入れて煮込んだ郷土料理です。せんべいの煮込み具合はアルデンテがおすすめ。程よく残った歯ごたえ、出汁を吸った独特のもちもち食感はクセになるおいしさです。

おすすめの観光スポットである八戸屋台村「みろく横丁」でも、たくさんのお店でせんべい汁やせんべいを使ったユニークなメニューが楽しめますよ!

【現地スタッフおすすめコメント】

八戸はB-1グランプリ発祥の地であり、第1回B-1グルメで優勝したメニューです!

提供場所
「みろく横丁」はじめ八戸市内の飲食店

はちのへまえおきさば

八戸前沖サバ

八戸前沖サバ

「八戸前沖さば」は、八戸前沖さばブランド協議会が認定した期間に八戸前沖で漁獲、八戸港に水揚げされたサバのことで、ブランド認定する漁獲期間は水揚げ状況や粗脂肪分、重量等を参考に協議会が毎年判断して決定しています。中でも大型のさばを「銀鯖」ブランドとして認定。重量550g以上を目安に判断されるのだとか。

「日本一脂がのったサバ」と評される八戸前沖サバは、焼いても〆ても絶品!八戸市内の飲食店などを中心に提供されています。北の海が育んだおいしさはぜひ現地で味わいたいグルメの一つです。

【現地スタッフおすすめコメント】

八戸前沖サバは八戸ニューシティホテルや市内のレストランなどで食べられます。

提供場所
「八戸ニューシティホテル」はじめ八戸市内の飲食店

3.八戸のおすすめデートスポット

ほろんばいる

ホロンバイル

葦毛崎(あしげざき)展望台
葦毛崎(あしげざき)展望台

葦毛崎(あしげざき)展望台にあるカフェテラス「ホロンバイル」。ドリンク類や、バーガー、パスタ、焼きそば、カレーなどの軽食メニューが揃う中で、ぜひ味わってみてほしいのが人気のソフトクリーム。種類豊富なソフトとコーンからお好みに合わせてチョイスできます。

テイクアウトして周辺を散策しながらの食べ歩きがおすすめ。潮風に吹かれ、絶景を見ながら食べる濃厚なソフトクリームは格別です。店内でいただくなら、景色が楽しめる窓際の席を狙ってみて!

【現地スタッフおすすめコメント】

種差海岸へドライブの途中におすすめのスポット。展望台もあり、海岸を見渡せるほか、お店のソフトクリームが人気。

営業時間
9:00~18:00(夏季は19:00まで)
住所
青森県八戸市大字鮫町字先祖ケ久保10-3
アクセス
【電車】JR八戸線「プレイピア白浜」駅より徒歩約20分
【車】八戸自動車道「八戸」ICより約30分

かんこうのうえんでふるーつがり

観光農園でフルーツ狩り

観光農園でフルーツ狩り

八戸は観光農園が多い地域。1月上旬〜5月下旬にはビニールハウスでの「いちご狩り」、6月下旬~7月中旬には大きな甘い実の「さくらんぼ狩り」、9月下旬~11月中旬には、ふじや王林、ジョナゴールドなど、さまざまな品種の食べ比べができる「りんご狩り」など、季節ごとのフルーツ狩り体験ができます。

摘みたてもぎたてのおいしさは格別♪豊かな自然に囲まれて、お好みのフルーツ狩りに出かけてみては。

【現地スタッフおすすめコメント】

八戸にはたくさんの観光農園があります!お手頃な料金で揃うのでデートプランにぜひ。

営業時間
施設により異なる

かいがんさいくりんぐ

海岸サイクリング

海岸サイクリング
イメージ

種差海岸周辺をサイクリングしながら巡れるサービス。衛星利用測位システム(GPS)機能を使った音声ナビゲーション「ナビチャリ」搭載の電動アシスト自転がレンタルできるので、道に迷うことなく安心して観光スポットを巡ることができます。

蕪島や葦毛崎展望台、白浜など、周辺には是非訪れたいスポットがたくさん。貸出し台数に限りがあるため、事前予約がおすすめです。

【現地スタッフおすすめコメント】

爽やかな海風を感じながら軽快にサイクリングすれば、気分は最高!

料金
3時間まで1,000円、終日1,500円、乗り捨て500円
住所
八戸シーガルビューホテル:青森県八戸市鮫町小舟渡平9-19
種差観光協会:青森県八戸市鮫町棚久保14-117
タカヤ靴店:青森県八戸市鮫町字持越沢6-2

4.外せない!八戸の朝市

たてはながんぺきあさいち

館鼻岸壁朝市

館鼻岸壁朝市

毎週日曜日の早朝にだけ開かれる巨大朝市「館鼻岸壁朝市」。全長約800メートルにわたり300以上もの店がずらりと並ぶ国内最大級の朝市です。販売される商品は、八戸の鮮魚や干物などの魚介類はもちろん、野菜、果物、花にとどまらず、お惣菜やスイーツ、パン、骨董品まで、バラエティ豊かなラインナップが揃います。

ゆっくり歩いて回るだけでも1時間程度を要します。食べ歩きしながらお店を巡って回ったり、珍しいものを探してみるのも楽しそう!朝市本部から発送も可能なので、お土産をたくさん買いすぎても安心ですよ♪

【現地スタッフおすすめコメント】

焼きたてのパン屋さんや、から揚げやも人気で、食べ歩くだけでも十分に楽しむことが出来ます。夜明けから始まりますが、人手もかなり多くいつもにぎわっています。

住所
青森県八戸市新湊 館鼻岸壁
アクセス
【電車】JR八戸線「陸奥湊」駅より徒歩約10分
【車】八戸自動車道「八戸」ICより約20分

むつみなとえきまえあさいち

陸奥湊駅前朝市

陸奥湊駅前朝市
陸奥湊駅前朝市
陸奥湊駅前朝市

リーズナブルで極上な朝ごはんが食べられる朝市として人気の「陸奥湊駅前朝市」は、JR陸奥湊駅前からすぐの駅前通りが会場です。小売店や卸店が並ぶ素朴な雰囲気の朝市で、地元民や仕入れ客、観光客など多くの人でにぎわいます。

新鮮な魚介類や地元のお惣菜などのおかずをゲットしたら「八戸市営魚菜小売市場」へ向かいます。ここでご飯やお味噌汁を購入すれば、自分だけのおいしい朝ごはんが完成!飲食スペースでゆっくり味わうことができます。

【現地スタッフおすすめコメント】

市場の雰囲気の中でいただく「朝めし」はここでしか食べられない絶品です。

営業時間
3:00〜12:00(八戸市営魚菜小売市場での朝食は5:00頃~10:00頃)
定休日
毎週日曜・年始(八戸市営魚菜小売市場は第二土曜も休み)
住所
青森県八戸市湊町 陸奥湊駅前
アクセス
【電車】JR八戸線「陸奥湊」駅より徒歩すぐ
【車】八戸自動車道「八戸」ICより約20分

5.全国的にも有名!?八戸のイベント

はちのへさんしゃたいさい

八戸三社大祭

八戸三社大祭
八戸三社大祭
八戸三社大祭

毎年7月31日から8月4日までの5日間開催される「八戸三社大祭」。期間中は八戸の町が熱気と活気に包まれ、人出は100万人以上にもなる大規模なお祭りです。見どころは、「おがみ神社」「長者山新羅神社」「神明宮」の三神社の神輿行列と、町内ごとに製作される27台の山車の合同運行。大迫力の山車の姿に大きな歓声が上がります。

夜にはライトアップされた山車の運行があり、幻想的な雰囲気で昼間とは違った美しさに魅了されます。豪華絢爛な山車が彩る八戸の夏のお祭りの盛り上がりに触れてみては。

【現地スタッフおすすめコメント】

豪華絢爛な衣装を着た人形を乗せた山車は1台ごとにデザインが異なり、見ていて飽きないお祭りです。

開催場所
八戸市中心街・八戸市庁前広場
アクセス
【電車】JR八戸線「本八戸」駅より徒歩約5分

はちのへえんぶり

八戸えんぶり

八戸えんぶり

八戸地方を代表する民俗芸能「八戸えんぶり」は、青森県南地方に春を呼ぶ伝統行事。豊作を祈願して「太夫(たゆう)」と呼ばれる舞い手が色鮮やかな烏帽子(えぼし)を被り、頭を大きく振りながら舞い、約30組のえんぶり組が演舞の出来を競い合います。

舞いの合間には子どもたちによるかわいい祝福芸があり、オーディエンスを楽しませてくれます。メインイベントは、全てのえんぶり組が一斉に舞い踊る「一斉摺り」。迫力のパフォーマンスは必見です!

【現地スタッフおすすめコメント】

毎年2月17日~20日まで行われる郷土芸能。国の重要無形民俗文化財に指定されています。

開催場所
八戸市内の各場所

はちのへぶいやべーすふぇすた

八戸ブイヤベースフェスタ

八戸ブイヤベースフェスタ
イメージ

「世界で一番地元の魚を愛する街、八戸!」の実現のため、毎年、魚介類の美味しくなる冬に開催。2012年の初開催より、八戸市内外の多くの人が八戸ブイヤベースの食べ歩きを楽しむイベントとして定着してきました。

「八戸産の新鮮魚介を4種類以上使い、野菜類も地元産にこだわる」「スープを活かした、各店オリジナルの『締めのひと皿』を提供し、2度美味しく」などの厳格なルールが定められています。参加店のシェフが、腕によりをかけて提供する八戸魚介の旨みが凝縮したブイヤベースを、寒い冬真っただ中の八戸で味わう贅沢を堪能してみてはいかが。

【現地スタッフおすすめコメント】

お店によって提供されるブイヤベースの味や「締めのひと皿」が違うので、複数店舗を食べ歩くのがおすすめ!

開催期間
毎年2月1日~3月31日の2か月間
開催場所
八戸ブイヤベースフェスタ参加店の各店舗にて開催(要予約)

なんごうさまーじゃずふぇすてぃばる

南郷サマージャズフェスティバル

南郷サマージャズフェスティバル
イメージ

毎年7月に八戸市南郷地区で開催されている「南郷サマージャズフェスティバル」は、プロミュージシャンが出演するジャズのイベントとしては東北最大規模。多い時には5,000人を超える観客が集まるジャズファン必見の音楽イベントです。

会場内には南郷の特産品などが堪能できる屋台も多く出店されます。音楽を楽しみながら野外で味わう地元グルメは格別のおいしさ!八戸にジャズを広めたと言えるイベントで、本物のジャズミュージックに触れてみては。

【現地スタッフおすすめコメント】

国内外から有名なジャズミュージシャンがライブを行います!

開催場所
カッコーの森エコーランド 野外ステージ(道の駅なんごう付近)
料金
大人5,000円、中高生2,000円、小学生以下無料(当日券は大人6,000円、中高生3,000円)
住所
青森県八戸市南郷大字市野沢権現山4-4
アクセス
【電車】JR八戸線「八戸」駅より無料シャトルバス運行
【車】八戸自動車道「南郷」ICより約2分

6.今回ご紹介した八戸の観光マップ

7.八戸旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ