箱根エリアで「観光型MaaS」が本格スタート!デジタルチケットで手軽にお出かけを楽しもう

箱根ナビ リニューアル

2021年10月1日より、 箱根エリアで「観光型MaaS」が本格スタートしました。10月からは観光情報サイト「箱根ナビ」が箱根観光プラットフォームへとリニューアルされ、ブラウザ上で「デジタル箱根フリーパス」を含む全13種類のデジタルチケットを購入できるようになっています。

デジタルチケットの登場で、お手軽かつお得に箱根エリアを楽しめる!

今回のリニューアルでは、箱根登山鉄道株式会社、箱根登山バス株式会社、箱根観光船株式会社、箱根ロープウェイ株式会社のウェブサイトを統合し、箱根観光プラットフォームへと大幅リニューアル。さらに、デジタルチケットの購入が可能になりました。

デジタルチケットとしては、「大涌谷きっぷ」「芦ノ湖きっぷ」などがあります。

デジタル大涌谷きっぷ 利用可能範囲

例えば「デジタル大涌谷きっぷ」なら、箱根登山電車・箱根登山ケーブルカーの全線、箱根ロープウェイの大涌谷~早雲山間が2日間乗り降り自由。人気スポット大涌谷の観光や絶景を堪能できるきっぷです。

デジタル芦ノ湖きっぷ 利用可能範囲

「デジタル芦ノ湖きっぷ」の場合は、箱根登山電車の小田原駅~箱根湯本駅、箱根登山バスの小田原駅~箱根町港間(H路線、K路線、R路線)、箱根海賊船の全航路が2日間乗り降り自由に。芦ノ湖での海賊船クルーズをお得に楽しめるほか、箱根神社を観光したり、ハイキングを楽しんだりするのにもおすすめです。

箱根のりものパスLite 利用可能範囲

さらに、箱根の乗り物をコンパクトに楽しめる車で訪れる方向きの「箱根のりものパスLite」もデジタルで新登場。これは箱根登山電車や箱根ロープウェイなどを、片方向のみ1日利用できるきっぷで、どこからでも5つの乗り物を利用可能。最短2時間で、コンパクトに箱根エリアを周遊できます。

また11月には箱根湯本駅から芦ノ湖を結ぶ座席定員制バス「芦ノ湖ライナー」の座席券を発売予定。12月からは、箱根エリアの魅力ある観光施設や温浴施設など全22施設が期間中に何度でも利用できるサブスクリプションサービス「箱根遊び放題チケット(はこチケ)」の期間限定発売を予定しています。

行き先や来遊スタイルに応じて、お得なチケットをいつでもどこでも購入できるのがうれしいですね。

スマホで手軽に購入できるデジタルチケットの登場で、さらに便利になった「箱根ナビ」。箱根旅行の際は、ぜひ活用してみてください。

箱根ナビ

詳細
箱根ナビ公式サイト

 

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

また、自治体によって自粛要請がされている場合があります。あらかじめ公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。