旅の楽しみ方

北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 函館~ニセコ・室蘭ルート

休日は北海道で1泊2日の「道の駅」ドライブ旅行へ出かけませんか?函館からニセコ~室蘭(むろらん)方面への「道南~道央ルート」のおすすめスポットをご紹介。

休日は北海道で1泊2日の「道の駅」ドライブ旅行へ出かけませんか?函館からニセコ~室蘭(むろらん)方面への「道南~道央ルート」のおすすめスポットをご紹介。

北海道にはご当地グルメや絶景など、その土地ならではの魅力が詰まった「道の駅」がたくさんあります。移動の中継地点としてはもちろん、旅の目的地として訪れたいところばかり。

1泊目は函館起点でニセコ方面へ、2日目は千歳市から室蘭(むろらん)を目指して。「道南~道央ルート」の道の駅を楽しめるモデルコースをご紹介。地元食材を使ったピザやカレーなど北海道ならではの食事を堪能しながら楽しいドライブ旅へ出かけましょう!


DAY 1

国宝を展示する、日本唯一の道の駅

道の駅 縄文ロマン 南かやべ

9:00
北海道函館市の道の駅「縄文ロマン 南かやべ」
モダンな建物が目印の「縄文ロマン 南かやべ」
北海道函館市の道の駅「縄文ロマン 南かやべ」ソフトクリーム
「縄文クルミソフト」
北海道函館市の道の駅「縄文ロマン 南かやべ」名産の昆布や海藻を使った土産品も
名産の昆布や海藻を使った土産品も

縄文時代の遺跡から出土した国宝「中空土偶(ちゅうくうどぐう)」や土器が展示されている「縄文文化交流センター」を併設する道の駅。国宝が見られる道の駅は日本全国探してもここだけ! センターでは土笛やミニチュアの土器づくりを体験できるワークショップを毎日開催。また、こちらから車で約10分ほどの距離には縄文時代の遺跡「大船遺跡」もあるので、ちょっと寄り道していきましょう。

住所
北海道函館市臼尻町551-1
営業時間
9:00〜17:00(4〜10月)、9:00〜16:30(11〜3月)
休館日
月休(祝日の場合は翌日休)、毎月最終金曜日、年末年始
アクセス
函館駅より道道83号線経由で約50分

↓車で約1時間50分↓

焼きたてピザが人気!

道の駅 くろまつない

12:00
北海道 道の駅「くろまつない」
館内はピザやパンを焼くいい香り
北海道 道の駅「くろまつない」ピザのトッピングにも地元産の食品を使用
ピザのトッピングにも地元産の食品を使用
北海道 道の駅「くろまつない」チーズなどの乳製品や、ハム・ソーセージ類が人気
チーズなどの乳製品や、ハム・ソーセージ類が人気

天然ブナ林の北限地として人気のスポット、黒松内にある道の駅。地元食材を使ったハムやソーセージ、チーズやアイスクリームを製造する手づくり加工センター「トワ・ヴェール」で造られた上質な加工品が豊富に揃っており、お土産選びに迷いそう。ピザ店「ピザ・ドウ」は天然酵母と全粒粉を使ったピザ生地と地元食材との組み合わせが絶妙。テイクアウトもできるので、車の中でも食べられます。

住所
北海道寿都郡黒松内町字白井川8-10
営業時間
9:00〜18:00(4〜10月)、9:00〜17:00(11〜3月)
休館日
4〜10月は無休、第2・第4火曜休
アクセス
「縄文ロマン 南かやべ」より国道278号線と道央自動車道経由で約1時間50分

↓車で約40分↓

採れたての新鮮な野菜が人気!

道の駅 ニセコビュープラザ

14:30
北海道 道の駅「ニセコビュープラザ」
館内には吹き抜けがあり、開放感があるつくり
北海道 道の駅「ニセコビュープラザ」軽食を扱うテナント
軽食を扱うテナントが並んでいる
北海道 道の駅「ニセコビュープラザ」ニセコのお米でつくられる日本酒などの土産品
ニセコのお米でつくった日本酒も

スキーリゾートとして世界中から観光客が集まる、ニセコにある道の駅。外国からの観光客も多数訪れ国際色豊かです。人気はもちろん地元の農家から採れたての野菜が届く直売所!旬の野菜はオープンと同時に売り切れることもあります。地産地消を目指して地元の食材を使った軽食を扱う「フリースペース棟」では、ジャガイモを使ったファストフードショップなど、バラエティに富んだ5つのお店が並んでいます。

住所
北海道虻田郡ニセコ町字元町77-10
営業時間
情報プラザ棟 9:00〜18:00(通年)、フリースペース棟 8:30〜18:00(4月下旬〜10月)、9:00〜17:00(11〜4月下旬)
休館日
無休(フリースペース棟のみ年末年始休み)
アクセス
「くろまつない」より羊蹄国道または国道5号線経由で約40分

↓車で約1時間↓

宇宙記念館が併設!

道の駅 スペース・アップルよいち

15:30
北海道 道の駅「スペース・アップルよいち」
道の駅「スペース・アップルよいち」
北海道 道の駅「スペース・アップルよいち」人気商品「焼きたてアップルパイ」
人気商品「焼きたてアップルパイ」
北海道 道の駅「スペース・アップルよいち」宇宙食ほか宇宙関連のグッズも販売
宇宙食・宇宙関連のグッズも販売

余市出身の宇宙飛行士、毛利衛さんの業績や宇宙について紹介する余市宇宙記念館「スペース童夢」を併設した道の駅。CGを駆使した「デジタルプラネタリウム」や宇宙実験棟「きぼう」をイメージした空間など、体験できる施設が多く、お子様も大満足。直売所でチェックしたいのは名産のリンゴ。ワインやジャムなどの加工品は老若男女問わずお土産に最適です。

住所
北海道余市郡余市町黒川町6-4-1
営業時間
9:00〜18:00(4月中旬〜11月上旬)、9:00〜16:30(11月上旬~4月中旬)宇宙記念館は9:00〜17:00(入場は16:00まで)、大人500円
休館日
4月中旬〜11月上旬は無休、月休(11月上旬〜4月中旬)、月曜が祝日の場合は翌休
※宇宙記念館は12/1〜4/20まで冬季休館
アクセス
「ニセコビュープラザ」より羊蹄国道と国道5号線経由で約1時間

DAY 2

淡水では日本最大の水族館を併設

道の駅 サーモンパーク千歳

10:00
新千歳空港からのアクセスもよく、お土産購入にも最適「サーモンパーク千歳」
新千歳空港からアクセスの良い「サーモンパーク千歳」
北海道 道の駅「サーモンパーク千歳」地元のレストランが出店し、フードも充実している
地元のレストランも出店
北海道 道の駅「サーモンパーク千歳」まき窯ピザ工房ピザドゥ
釜焼きピザが食べれる「まき窯ピザ工房ピザドゥ」

2015年にリニューアルしたばかりの道の駅。地元農家が毎朝野菜を持ち込み棚に並べる直売所「旬菜の館」は、新千歳空港からの出発前に立ち寄る観光客にも人気。その他、レストラン、屋外遊具のあるキッズスペースなどの施設も充実しています。必見ポイントは「サケのふるさと 千歳水族館」。千歳の特産物であるサケなどの魚を観察できます。移動動物園などのイベントも年間を通じて開かれ、地元民も多数足を運んでいます。

住所
北海道千歳市花園2
営業時間
9:00~20:30、サケのふるさと千歳水族館 9:00~17:00(一部は18:00までの営業、コンビニエンスストアは24時間営業)
休館日
年末年始
アクセス
札幌市街地より道央自動車道経由道で約50分
備考
「サケのふるさと 千歳水族館」は大人:800円、高校生:500円、小・中学生300円、乳幼児は無料

↓車で約1時間半↓

中山峠の頂上から羊蹄山を眺めよう!

道の駅 望羊中山

12:00
北海道 道の駅「望羊中山」
峠の頂上にあり、蝦夷富士ともいわれる羊蹄山がクッキリ
北海道 道の駅「望羊中山」
男爵イモを使用した「あげいも」
北海道 道の駅「望羊中山」
厚切りの豚肉の豚丼

年間200万人以上が訪れる、道内屈指の人気の道の駅。パノラマ展望台からの眺めは羊蹄山を間近に望むことができる、訪れたら必ず行きたい場所。人気の「あげいも」は羊蹄山付近で採れる男爵イモのみを使用し、ほくほくとして甘みのある食感です。何種類も用意されている調味料で好みの味付けにカスタマイズできるのもうれしい。裏手には「森の美術館」もあり、道内の美術大学の学生が描いた作品を無料で鑑賞することができます

住所
北海道虻田郡喜茂別町字川上345
営業時間
8:30~17:30(レストランは15:30まで)
休館日
無休
アクセス
「サーモンパーク千歳」より道道117号線と国道230号線経由で約1時間30分

↓車で約1時間半↓

白鳥大橋を一望できる!

道の駅 みたら室蘭(むろらん)

15:30
北海道 道の駅「みたら室蘭」
地球岬など、絶景ポイントの多い室蘭の要所となる道の駅
北海道 道の駅「みたら室蘭」ホッキ貝を使った「母恋飯」(ぼこいめし)
ホッキ貝を使った「母恋飯」
北海道 道の駅「みたら室蘭」ラウンジ
ラウンジからは室蘭の絶景も

東日本最大のつり橋である「白鳥大橋」を眺められる道の駅。「白鳥大橋記念館」は、この歴史に残る橋の設計から完成までの貴重な資料が展示されています。休憩スペースとなるラウンジからは白鳥大橋のほか、室蘭港(むろらんこう)の「エンルムマリーナ」や羊蹄山(ようていざん)などの景色も堪能できます。日没時の美しい夕暮れは、多くの観光客を魅了する名物。敷地には屋台村が隣接されているので、夕日を眺めたあとに「室蘭焼き鳥」などのご当地グルメで夕ごはん、というのもオススメです。

住所
北海道室蘭市祝津町4-16-15
営業時間
9:30〜21:00(4〜10月)、9:30〜17:00(11〜3月)
休館日
無休(4〜10月)、木休(11〜3月)※木曜日が祝日の場合は翌日休
アクセス
「望羊中山」より国道230号線と道央自動道経由で1時間30分

トップヘ