旅のランキング

現地スタッフ厳選!小樽のおすすめ観光スポットBEST20

小樽担当現地スタッフおすすめの小樽を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている小樽の穴場グルメスポットも!

小樽担当現地スタッフおすすめの小樽を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている小樽の穴場グルメスポットも!

ノスタルジックな魅力あふれる小樽へ

札幌駅から快速列車で30分強で足を伸ばせる小樽。明治~大正期には近代化によって大いに繁栄し、戦前には貿易港として、またニシン漁の拠点として港を中心に繁栄しました。そんな時期に作られた近代的な建物や倉庫、運河が、今なおそのままの姿で残っているため、街全体がノスタルジックな雰囲気に包まれています。それらを求めて観光に来る人もたくさん。今回は、現地スタッフがおすすめする定番スポットから穴場グルメまで、小樽旅行で訪れるべき観光名所をご紹介します!

初めての人に訪れて欲しい小樽のおすすめ定番スポット

小樽市港町

小樽運河

小樽運河

北海道開拓の玄関口として発展してきた「小樽港」。荷揚げするためのはしけ(台船)が、直接倉庫の近くまで入って行けるよう作った水路が「小樽運河」です。海岸の沖合いを埋立てて造られ、緩やかに湾曲しているのが特徴。散策路には63基のガス灯が立ち並び、運河沿いの倉庫は当時の姿のまま、レストランなどに再利用されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

小樽一の写真撮影スポット。北海道開拓の歴史を感じることができます

アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約8分

小樽市天狗山

小樽天狗山ロープウェイ

小樽天狗山ロープウェイ

函館、札幌と並んで「北海道三大夜景」のひとつに数えられる小樽の夜景。それを眺められる標高532mの天狗山へは、片道約4分のロープウェイで小樽の市街地の景色を見下ろしながら楽々アクセスできます。展望台から眼下に見えるのは、箱庭のような小樽市街地と小樽港。晴れた日には遠く暑寒別連峰や積丹半島まで眺望可能です。

【現地スタッフおすすめコメント】

展望レストランのバーカウンターはデートにおすすめです

営業時間
9:00~21:00(季節により異なる)
料金
大人(中学生以上)往復1,140円、小人往復570円
アクセス
【バス】JR小樽駅前よりバス約17分「天狗山ロープウエイ」よりすぐ
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約15分

小樽市祝津

おたる水族館

おたる水族館

北海道に生息する水辺の生物の飼育展示、イルカショーやトドショー、セイウチのショーなどが大人気の水族館。世界的に珍しいネズミイルカの飼育展示を行っていたり、アザラシの飼育頭数が日本一だったりと、「実はすごい」と評判の実績を多く持っています。隣には遊園地も併設されているため、一家でのおでかけにもおすすめ。

【現地スタッフおすすめコメント】

イルカやトド、ペンギンたちのショーは見ていて心が和みます

営業時間
9:00~17:00(最終入館16:30) 冬季などは変動あり 
料金
大人1,400円、小中学生530円、幼児(3歳以上)210円 冬季営業割引あり
アクセス
【電車・バス】JR「小樽駅」より路線バス「おたる水族館」行きで約25分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約20分

小樽市堺町

かま栄

1905年創業の老舗かまぼこ店。北海道では「かまぼこと言えばかま栄」というほど馴染みがある名店で、かまぼこ販売のほか工場見学も実施しています。かま栄の代名詞となっているかまぼこが「パンロール」。これは約50年前に考案された、すり身をパンで包んで揚げた画期的な商品。今や小樽っ子のソウルフードとなっています。

【現地スタッフおすすめコメント】

サクッとした独特な食感がたまりません

営業時間
9:00〜19:00(工場直売店)
工場見学/9:00~12:30、13:30~15:00頃 日曜ほか週1日休業あり(公式HPのカレンダー要確認)
料金
見学無料
アクセス
【電車】工場直売店/JR「小樽駅」より徒歩約15分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約10分

小樽市住吉町

小樽オルゴール堂

小樽オルゴール堂

ノスタルジームード漂う小樽の街にぴったりなのが、どこか懐かしい「オルゴール」。そんな発想で、歴史的な建造物を利用して1989年にオープンしたのが「小樽オルゴール堂」です。店内にはたくさんのオルゴールが並び、オルゴールの歴史を紹介するジオラマや、アンティークなオルゴールも展示。見て聴いて楽しめるスポットです。

【現地スタッフおすすめコメント】

建物の前には珍しい蒸気時計が設置されています

営業時間
9:00~18:00 7~9月の祝前日・金・土曜は~19:00
料金
入館無料
アクセス
【電車】JR「南小樽駅」より徒歩約5分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約5分

小樽市堺町

北一硝子

北一硝子
喫茶店

小樽土産の定番のひとつがきれいなガラス製品。その中でも「北一硝子」は110年以上の歴史を持つ老舗で、アイテム数の豊富さと上質さに定評があります。和・洋・カントリー調のガラス製品がずらりと揃う「三号館」は、明治期の倉庫を利用した建物。カフェやガラス工房も併設され、美術鑑賞もでき、小樽のガラス文化を堪能できるスポットです。

【現地スタッフおすすめコメント】

数百円とリーズナブルな値段から販売しています

営業時間
8:45~18:00 無休(店舗により異なる)
アクセス
北一硝子三号館/
【電車】JR「南小樽駅」より徒歩約10分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より約10分

小樽市色内

日本銀行旧小樽支店「金融資料館」

日本銀行旧小樽支店「金融資料館」

大正・昭和初期には多くの銀行が集まり、「北のウォール街」と呼ばれるほど金融業が発展した小樽。この「日本銀行旧小樽支店」の建物は、東京駅の設計者で知られる辰野金吾氏らが設計したもの。現在は資料館として、日本銀行の歴史や業務、小樽の発展について紹介しています。1億円の重さやお札の偽造防止技術などを体験するコーナーもあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

日本の金融について学べます

営業時間
4~11月/9:30~17:00、12~3月/10:00~17:00 (最終入館は30分前まで)
水曜休(祝日の場合は開館)、年末年始、臨時休館あり
料金
入館無料
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約10分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約10分

小樽市堺町

北菓楼 小樽本店

北菓楼 小樽本店

海沿いに歴史の香り残る堺町通りにあるスイーツショップ。古びた石造りの蔵を利用し、風景に溶け込むような店構えが特徴的です。ここの代表作は、厳選した小麦粉や卵など北海道産の食材のみを使用して作る「バウムクーヘン」。ふわっとした口溶けとしっとりした食感は、テレビでも取り上げられて絶賛されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

北海道土産としてもぴったりの一品です

営業時間
小樽本館/9:00~18:30(冬季は~18:00) 元日休
アクセス
【電車】JR「南小樽駅」より徒歩約10分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約5分(提供駐車場なし)

小樽市花園

おたる政寿司 本店

新鮮な魚介類が手に入る港町・小樽は寿司が有名で、「寿司屋通り」という通りもあるほど。その中でも代表格なのが1938年創業のこの店です。近年は東京銀座にも店を構えて高い評価を受けています。板前が毎日市場で目利きして仕入れることはもちろん、天然本マグロの一本買いや、特大ボタンエビ、ウニなど、豪華なネタが盛りだくさん。

【現地スタッフおすすめコメント】

小樽のお寿司屋さんと言えばここ!という有名店です

営業時間
平日/11:00~15:00(LO14:30)、17:00~21:30(LO21:00)
土・日曜・祝日/11:00~16:00(LO15:30)、17:00~21:30(LO21:00)
水曜、元旦休
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約11分(タクシーで約3〜4分)
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約10分

小樽市

小樽洋菓子舗ルタオ本店

小樽洋菓子舗ルタオ

小樽(オタル)の街に愛着を込めてアレンジを加えた店名の洋菓子店。メルヘン通りの中心にそびえ立つ塔のような建物が印象的です。看板メニューは、濃厚なベイクドチーズケーキと、ふんわり軽いレアチーズケーキを2層に重ねた「ドゥーブルフロマージュ」。冷凍してもおいしさが損なわれない技術を開発。全国に発送され、その評判が広がっています。

【現地スタッフおすすめコメント】

雪のような口溶けの良さが評判です

営業時間
9:00~18:00(カフェは~17:30)※季節により変更あり 無休
アクセス
【電車】JR「南小樽駅」より徒歩約5分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約5分

現地にいるからこそ知ってる小樽のおすすめ穴場スポット

小樽市祝津

祝津パノラマ展望台

祝津パノラマ展望台

日本海に面した場所にある標高約70mの展望台。勇壮な海岸線をはじめ、高島岬の灯台や「小樽市鰊御殿」などを見渡すことができます。 特におすすめは夕暮れ時。きれいな夕日がロマンチックなムードに包んでくれるスポットです。またこの地がかつてニシン漁で大いに栄えたことから、民謡の歌碑が建てられています。

【現地スタッフおすすめコメント】

朝日も夕日も見られるスポットです

アクセス
【バス】「おたる水族館」バス停より徒歩約10分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約20分

小樽市

花園エリア(レトロな飲み屋街)

花園エリア(レトロな飲み屋街)

花園地区は昭和初期から小樽の中心地として発展したエリア。歓楽街として栄えたかつてほどの賑やかさはありませんが、その伝統や趣きが息づいた店が残っており、今も地元の人たちが通う「飲み屋街」として有名な場所。そんな花園を観光客にも知ってもらおうと、地元観光協会のメンバーらがWEBなどで店舗を紹介する活動を行っています。

【現地スタッフおすすめコメント】

昭和の小樽が残る懐かしいエリアです

営業時間
店舗により異なる
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約10分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約10分

小樽市新富町

らーめん みかん

味噌ラーメンは札幌が有名ですが、小樽ではこの店「みかん」が人気店となっており、「北海道随一」と評価する人もいるほどおいしさに定評のある店。ラーメンが冷めるのを防ぐために油で表面が覆われているのですが、身体がポカポカ暖まるとして好まれています。この店では味噌のほか、塩、醤油、昔らーめんなども用意しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

芸能人が来店したことでも知られました

営業時間
11:00~19:30(LO) 水曜は~15:00 ※スープが無くなりしだい営業終了
木曜休
アクセス
【電車】JR「南小樽駅」より徒歩約12分
【車】札樽自動車道「小樽IC」より車で約10分

小樽市稲穂

オーセントホテル小樽 トップ・ラウンジ ポールスター

オーセントホテル小樽 トップ・ラウンジ ポールスター

クラシカルな雰囲気のデザインが印象的な「オーセントホテル小樽」。その11階にあるトップラウンジは、小樽の夜景を眺めるのにおすすめのスポットです。旅の思い出を語り合いながら、優雅にお酒を楽しむのにうってつけ。好みのカクテルをバーテンダーが作ってくれることでも評判です。

【現地スタッフおすすめコメント】

宿泊客にさえあまり知られていない、穴場スポットです

営業時間
20:00~23:00 ※季節により変動あり
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約5分

小樽市稲穂

らく天

小樽の路地裏にひっそりと佇む小さな居酒屋。広めのカウンターが小洒落た店構えながらさほど気取らずに入れる雰囲気が評判です。料理はおでんや焼き鳥、旬の食材や地元の食材を使った、お造りや創作料理などを楽しむことができます。酒は、地元北海道のものをはじめ、全国各地からリーズナブルなものを厳選しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

穴場的な居酒屋さんです

営業時間
18:00~23:00 月曜休
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約5分

小樽市色内

鶏屋 鳳

北海道産の新鮮な鶏肉を使った、水炊きと鶏料理が自慢の店。看板メニューの水炊きは、鶏ガラやもみじ、数種類の野菜を10時間以上かけてじっくりと煮込むことにより、コラーゲンたっぷりのスープとなっているため、美容やお肌にいいと評判です。平日には「ふわふわ親子丼」や「日替わり定食」などのランチも充実しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

特に冬場は水炊きで身体が温まります

営業時間
17:00~23:00(L.O.22:30)日曜・祝日は17:00~22:30(L.O.22:00)
月曜休
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約10分

小樽市稲穂

らーめん渡海家

元フレンチのシェフが作るラーメンの店。優しくヘルシーな味わいのラーメンと女性客にも人気です。豚骨、鶏ガラ、魚介から取ったスープは、旨味のバランスが絶妙。白醤油で仕上げる「醤油ら~めん」のほか、コロコロとしたチャーシューが入った「にんにくチャーシュー味噌」などが人気メニューです。

【現地スタッフおすすめコメント】

一風変わった経歴ですが、おいしさは間違いなし

営業時間
11:00~21:00(LO20:20)※スープが無くなり次第閉店、15:00~17:00は閉店している場合もあり
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約3分

小樽市稲穂

魚真

小樽の寿司といえば定番の店がいくつか挙げられますが、地元の人たちが「家族で行きたくなる店」として知られるお寿司屋さんがこちら。人数に合わせた個室も用意してくれるので、子連れでも気兼ねなくお寿司を楽しむことができます。うになど小樽ならではのネタを使ったお寿司を揃え、それでいてリーズナブルな値段が評判です。

【現地スタッフおすすめコメント】

宴会にもよく利用されます

営業時間
12:00~14:00、16:00~21:30 日曜休
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約5分

小樽市港町

小樽倉庫No.1

小樽倉庫No.1

小樽運河沿いの倉庫群の一角にある、本格的なドイツビール「小樽ビール」の醸造所を備えたビアパブ。店内中央には大きな仕込み釜があり、現役で稼働中。ここでビールが作られているのです。基本となる「ピルスナー」、「ドンケル」、「ヴァイス」のほか、フルーツを加えたビールも好評。ソーセージなどフードメニューと一緒に楽しむことができます。

【現地スタッフおすすめコメント】

醸造所見学では、発酵前の麦汁を試飲させてくれます

営業時間
11:00~23:00 無休(季節やイベントにより時間が変動になる場合あり)
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約11分

小樽市色内ほか

あまとう

あまとう
あまとう運河店(小樽運河ターミナル)

1929年創業の老舗洋菓子店。50年以上前に生まれたお菓子「マロンコロン」は、三枚重ねのサブレーをチョコレートでコーティングしたもので、時が経っても変わらず愛され、今や小樽を代表する焼き菓子となっています。もう一つの看板商品が「クリームぜんざい」。コクがあるのにあっさりとした味わいに、リピーター続出だとか。

【現地スタッフおすすめコメント】

50年以上にわたって愛されている味です

営業時間
あまとう運河店/9:00~19:00 無休
アクセス
【電車】JR「小樽駅」より徒歩約15分

今回ご紹介した小樽の観光スポット

北海道・小樽旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ