楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

ホテル 季の座 TOPs

こちらの宿泊施設は楽天トラベルボーナスプログラム対象で、お客様の国内宿泊回数に応じてポイントアップが適用されます。また楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
日程から探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
お部屋係さんは外国の方でしたが、キチンと教育されてて感心しました。お部屋はやや古い感じはありますが、広々として...
2024年04月12日 16:04:49
続きを読む


▼9/4 20時〜9/13まで!当館も楽天スーパーSALEに参加!特別プランもご用意!


↑ クーポン獲得&利用条件詳細はこちらから! ↑












伊勢神宮-熊野古道の散策起点に
便利な離れ宿。
天然温泉と熊野灘の海の幸をご堪能下さい

お車:紀勢自動車道紀勢・紀伊長島ICより約6.5km
電車:JR紀伊長島駅送迎バス10分







露天風呂付きスイート
 〜エグゼクティブフロア「暁」〜

2021年4月24日リニューアルオープン



開放的なテラスで天然温泉の露天風呂が楽しめる
上質なラグジュアリー空間

人気の露天風呂付き客室が、上質な露天風呂付きスイートにリニューアルしました。
ゆったりとしたウッドデッキを新設し、自然の中で時間を忘れて温泉を満喫できます。

また、プライベートプールや専用ジャグジーが付いたお部屋もご用意しております。
ホテル季の座の最上位クラスのお部屋で、心ゆくまでお寛ぎください。

・【当館で1室だけのラグジュアリー空間】プライベートプールと露天風呂付きスイートルームで過ごす プランは → コチラ



当館温泉施設「沐亭(もくてい)」

熊野の海と熊野の山に抱かれ、
波の音と満天の星の「きほく千年温泉」で、
悠久の歴史と自然を感じていただき、
ごゆったりと寛げるひとときをお楽しみくださいませ。



干物の町、紀伊長島の自慢の朝食
熊野灘に面する紀伊長島港は三重県下一魚種が豊富な「魚介類の宝庫」です。


楽天トラベル朝ごはんフェスティバルⓇ2016〜2018にて、
当館の朝食が、3年連続で三重県<第1位>に選ばれました!

― 干物バイキング ―

テーブル席にご用意した備長炭で焼き上げた
アツアツの干物は絶品!

小骨もなく、お子様にも安心して
お召し上がりいただけます。

プリフィックススタイルの夕食
毎日新豊富な魚介類を仕入れることかできる紀北町だからこそできる
料理スタイルを是非お楽しみください。


ご夕食会席のメインディシュは、
レストラン入口にディスプレーした
新鮮な地魚から、食べたいお魚をグループで

【お造り用に2種】

お選びいただき、 料理長がその場でご用意させていただく
― プリフィックス ―スタイルです。

・【20周年特別プラン/第1弾】4月〜9月☆今年この期間だけの特別会席 2022年スタンダードプラン
お造り会席プランは→コチラ






ホテル 季の座までの道のり(地図)


地図のページへ進む






ロビーとレストランで
Wi-Fiが
ご利用いただけます。


伊勢神宮への初詣で近くの宿探して、泊まりました。 伊勢神宮から1時間くらいのところでした。 お風呂が新しくなったばかりだそうで、きれいでした。 露天風呂は解放感があって寛げました。 夕食は、従業員の方が笑顔、新鮮な刺身などおいしいものばかりで大満足の旅行でした。

そのほかのクチコミも見るにはこちら!


「お客さまの声」にご投稿いただいた方に
<<もれなく>>
楽天ポイントをプレゼント♪
20万ポイント「山分け」キャンペーン!
まずはエントリー↑↑


《お電話で簡単にご予約いただけます》
楽天トラベル 予約センター
▲こちらをクリックしていただくと ▲
電話予約の手順のページが表示されます



ホテル 季の座

住所:〒519-3204
三重県三重県北牟婁郡紀北町東長島3043-4
チェックイン:15:00
(最終チェックイン:19:00)
チェックアウト:11:00
駐車場 : 有り 100台 無料



◆新着情報
  • 2017.1.20
    TOPページリニューアル!




  • ◆姉妹施設のご紹介◆

    家族みんなで一日中楽しめる
    海と山とがあふれる
    自然がいっぱいの場所
    《孫太郎オートキャンプ》
    ↑詳細はこちらから↑