楽天トラベル楽天25周年特設サイト

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

NIPPONIA 出雲平田 木綿街道 宿泊予約

NIPPONIA 出雲平田 木綿街道

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    接客が丁寧で、ゆっくり過ごすことができました。特に、朝食は地域の食材が使われていて、ボリュームもありおいしかっ...
    2022年03月07日 16:36:57
    続きを読む

    写真1
    探していたのは、人のぬくもり 懐かしさに出会う旅が、ここにあります。 出雲市平田町の町中にある木綿街道。 江戸時代から続く商家が建ち並び、 今も静かに伝統の技と心を受け継いでいます。 NIPPONIA 出雲平田 木綿街道は、 町の造り酒屋だった建物を 酒蔵の趣そのままに、宿として生まれました。
    写真2 写真3 写真4
    【客室・杜氏】宿泊するという贅沢。 技と美を極めた日本家屋。 床の間、書院造り、欄間などに江戸時代の粋が見られ、往時の豪商屋敷の風情が漂います。各10畳の2部屋のほかにシアタールームを設け、大画面で映像を楽しむことも。縁側や浴室から眺める庭園は、石や灯篭を配置した趣。贅を尽くした奥座敷です。 【客室・もと屋】飾らない空間の心地よさ。 本物はさりげなさのなかに。 こぢんまりと、ほどよい広さが心地よい客室です。一本松の小庭を眺める和室とシンプルな寝室の2部屋をご用意しました。かつては蔵人の台所、後に茶室としても使われていた部屋で、その名残も見られます。浴室には、香り豊かな檜と、秋田県産の十和田石を使用しています。 【客室・麹屋】国境を超えた美の融合。 織りなす光と影、木と土。 長い年月を超えてきた梁と温かみのある土壁。味わい深いアンティークの家具、陰影の美しい柔らかな光を注ぐ照明。日本でありながらどこか異国情緒さえ漂う空間に、旅の気分が上がります。窓からは、新たに造園した中庭が眺められ、一本松の緑が出雲の情緒を醸します。 
    写真5 写真6 写真7
    【客室・頭】大木に見守られて過ごす。 プライベートな居場所。 個室の書斎をご用意した2階の客室です。寝室は、落ち着いてお休みただけるようシンプルに。洗面室や浴室は、年月を経てより貫禄を増した大きな梁を生かし、個性的な設えにしました。窓からは樹齢を重ねた木々や庭園、出雲地方特有の屋根瓦「左桟瓦」を間近に見られます。 【客室・道具廻】欲しいものは時間と空間。 叶えてくれる場所がある。 広々とした室内、高い天井。酒造りに使った道具を大切に保管する蔵として使われていた部屋が、開放的な客室に生まれ変わりました。1階は、冬には薪ストーブの炎で温まる無垢のフローリングに。2階はロフトの寝室を備えています。日常の喧噪を忘れさせてくれる空間です。 【夕食】いつも旬の最高の食材が、 あたりまえにあるという贅沢。 日本海や宍道湖の魚介、斐川平野の野菜など、出雲地方をはじめ県内産の旬の恵みを滋味あふれるお料理に。食材の宝庫平田ならではのこだわり抜いた新鮮な山海の幸が、箸を進めるほどに至福の世界へと誘います。

    よくある質問

    駐車場はありますか?
    駐車場は下記をご確認ください。
    1客室1台まで無料駐車場をご準備しております。

    最終更新日:2019-10-24

    アクセス情報を教えて下さい。
    交通アクセスは下記をご確認ください。
    雲州平田駅より徒歩にて約10分

    最終更新日:2022-01-08

    チェックイン時間・チェックアウト時間を教えてください。
    チェックイン15:00〜19:00、チェックアウト10:00となっております。
    (宿泊プランによって異なる場合がございますので、詳細は各宿泊プランをご確認ください。)

    最終更新日:2022-01-08

    このページのトップへ