楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯平温泉 癒しの宿 鷹勝 離れのお部屋

  • クチコミ・お客さまの声(352件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
湯平温泉へ行くのは初めてです。旅館の駐車場までの道のりは途中からスタッフの方が直々に誘導して頂けますので迷うこ...
2019年10月31日 22:53:14
続きを読む

大分県 湯布院から車で15分 湯平温泉 癒しの宿 鷹勝

楽天トラベル・宿泊予約センター年中無休 24時間受付中!!050-2017-8989楽天トラベル・宿泊予約センター年中無休 24時間受付中!! 050-2017-8989
離れのお部屋
  • 湯平温泉 癒しの宿 鷹勝
  • トップページ
  • 湯平の街と伝統
  • 離れのお部屋
  • 本館のお部屋
  • お料理
  • 温泉と施設
  • 交通と観光
  • 鷹勝で過ごす休日
  • 宿泊プラン
離れのお部屋
離れのお部屋

明治維新の偉人の名を冠した3つの離れ、三棟三様の味わいのあるしつらいに。

ページ上部へ

癒しの宿の中で唯一、一から建てた離れ「龍馬」。日常を忘れ、川のせせらぎを聞きながら極上の空間でゆったりとした時間をお過ごし下さい。

囲炉裏付きの情緒ある佇まい「松陰」。江戸時代からの蔵を改装して作られた趣のある離れです。

浴室内はもちろん、ふすままでも木の温もりを感じる離れ「海舟」。お縁からの木漏れ日が気持ちよくのんびり安らげるお部屋です。

新しく誕生した「隆盛」「斉彬」。家族の一員であるペットとの旅行を気がねなく楽しんで頂ける離れです。ダブル・セミダブルのベッドはペットも一緒に寝ていただけます。

赤ちゃんに優しいお部屋「愛加那」「天璋院」。 ベッドはダブルサイズとワイドダブルの2つを敷き詰め、壁にもスポンジを装備し、安心してお過ごし頂けるお部屋です。

ページ上部へ

癒しの宿の中で唯一、一から建てた離れ「龍馬」。日常を忘れ、川のせせらぎを聞きながら極上の空間でゆったりとした時間をお過ごし下さい。内湯と露天風呂、ベッドルーム、マッサージチェアーも完備。清流の音に癒されながらお寛ぎ下さい。


間取り
ページ上部へ

唯一、江戸時代から残っている土倉を改修した、囲炉裏付きの情緒ある佇まい「松陰」。
囲炉裏つきのリビングは天井も高く居心地は抜群。
江戸時代からの蔵を改装して作られた趣のある離れです。


間取り
ページ上部へ

浴室内はもちろん、ふすままでも檜や杉などの白木の温もりを感じる離れ「海舟」。
お縁からの木漏れ日が気持ちよくのんびり安らげるお部屋です。
窓の大きな内湯は露天気分で楽しめます。


間取り
ページ上部へ

新しく誕生した「隆盛」「斉彬」。家族の一員であるペットとの旅行を気がねなく楽しんで頂ける離れです。ダブル・セミダブルのベッドはペットも一緒に寝ていただけます。
※ペットの有無によって絨毯の種類を変えております。ペット無しでもご利用いただけます。
※清掃は入念に行っておりますが、動物アレルギーをお持ちの方はご遠慮ください。



間取り
ページ上部へ

赤ちゃんに優しいお部屋「愛加那」「天璋院」。ベッドはダブルサイズとワイドダブルの2つを敷き詰め、壁にもスポンジを装備し、安心してお過ごし頂けるお部屋です。


間取り
ページ上部へ
ページ上部へ

ペット料金 ・小型犬(チワワ等)・小動物(うさぎ / フェレット等) 2,160円
・小型犬(トイプードル等)・猫 3,240円
・中型犬(柴犬等) 4,320円
・大型犬(コリー等) 5,400円

※1室につき2頭まで

注意事項 ※ご予約時に種類・頭数をお知らせください。
※ペットに関連する備品類(ケージ / トイレ / トイレシート / 食器 / フード / リード)等はお客様の方でご持参下さい。
※代金にはペット料金は含まれておりません。宿にてお支払い頂きます。
※ペットによるトラブル等が生じた場合、弊社では一切の責任を負いかねます。
※ペットの粗相や備品の破損は宿に申告願います。(弁償いただく場合もございます)
※ペットは本館への入館はできません。
※ペットの食事は客室にてお願いします。
※犬は室内犬に限ります。
※敷地内での移動は必ずリードを使用してください。
※宿専用の同意書に当日ご署名いただきます。(種類 / 名前 / 性別)
ページの上部へ

このページのトップへ