楽天トラベル楽天25周年特設サイト

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

三朝薬師の湯 万翆楼 温泉

三朝薬師の湯 万翆楼

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    6月12日にコーナースィートに宿泊しました。少し遠くに混浴の露天風呂がみえてびっくりしましたが、人がいるのかな...
    2022年06月14日 15:14:06
    続きを読む

    温泉

    Onsen

    自家源泉かけ流しの湯

    万翆楼では、自家源泉3本からなる「かけ流し(放流式)」のお湯により、浴場ごとに様々な泉質をお楽しみいただけます。
    露天風呂、内風呂のそれぞれをご満喫いただけますよう、3つの内2つの浴場は朝・晩で男性用・女性用の入替制をとっております。

    大浴場 お薬師さま乃湯

    源泉掛け流し

    湯に浸り、三日目の朝を迎える頃には病が消えるという由来を持つ三朝温泉。
    白狼伝説を起源とする800年を超えるいで湯の歴史とともに、世界屈指のラジウム泉質を誇る名湯です。

    限られた湯量のなかで源泉かけ流しにこだわっているため、お薬師さま乃湯の浴槽サイズは驚くような大きさではございませんが、自家源泉湧出の新鮮なラジウム泉の効能を充分にご堪能いただけるちょうど良いサイズ。
    内湯室内には浴槽から上がるラジウム泉の湯気が上がり、呼吸をする毎に身体の中から癒しの効果を感じていただけます。

    • 温泉掘削の際に出土した薬師像

      湯上り処でお祀りしている観音様は、当館の旧木造棟の建設と温泉掘削のときに土の中から出土いたしました。
      その昔、三朝には薬師堂がいくつかあり、災害の際に埋まってしまったものと考えられますが、平安後期から鎌倉初期の作品と言われています。

      観音様の傍から湧き出ている湯は当館の源泉でございます。一日コップ2杯程度の飲泉をお試しくださいませ。
      温泉の効能が高く自然治癒力も高める三朝温泉と、三朝は昔よりお薬師様を大切にお祀りしていますため、大浴場をお薬師さま乃湯と名付けさせていただきました。

    • 温泉の効能とホルミシス効果

      三朝のお湯は、高濃度のラドン含有量を誇る世界屈指の放射線泉です。
      リウマチ性疾患・痛風・高血圧症・動脈硬化症・糖尿病・消化器系疾患・胆肝道疾患・喘息などに優れた効果があります。

      ラドンとは、ラジウムが分解されて生じる弱い放射線のことで、身体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒力が高まります。これが話題の『ホルミシス効果』です。さらに、吸うことで抗酸化機能が高まり、老化や生活習慣病の予防に役立ちます。またミネラルを豊富に含んでいますので、飲泉にも良いと言われています。

    貸し切り風呂 真珠の湯

    源泉掛け流し

    10名様程度でお入りいただける、自家源泉かけ流しの大きな檜風呂。
    大浴場より密閉性が高いため、三朝温泉特有の湯気を吸う温泉としての効果も期待できます。
    カップル、ご家族、気の合うご友人と。惜しみなくかけ流される三朝温泉の名湯を存分にお楽しみください。

    • 源泉掛け流し

      露天風呂付客室「雅Suite」

      和の建築設計で名高い松葉啓氏(まつばひろし)デザインによる露天風呂付スイートルーム。洗練された和モダンのしつらえで、くつろぎの時間をお過ごしいただけます。
      露天風呂では源泉掛け流しの天然温泉をお楽しみいただけます。

    〒682-0122 鳥取県東伯郡三朝町山田5
    tel: 0858-43-0511 / fax: 0858-43-2616
    @ 2020 MANSUIROU, all rights reserved.

    このページのトップへ