楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

ホテル リバージュ アケボノ 過ごし方

  • クチコミ・お客さまの声(2647件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
早朝の出発に朝食を弁当で対応して頂いたのが非常に感謝でした。また、大浴場がとても気持ち良かったです。
2019年09月07日 05:19:52
続きを読む

1泊2日 仕事の合間に福井を楽しむ
ビジネス旅
Stay Plan

しっかり仕事をした後は、大浴場と美味しい食事で出張の疲れを癒すビジネス旅

出張で訪れる、初めての福井県。もちろん仕事はしっかりこなす。けれども、せっかくの福井県まで来たのだから、有名なあの美味しいグルメも、できるなら観光も、楽しみたい・・・!そんな、忙しくても妥協しないビジネスマンの方に、ホテルリバージュアケボノだからこそおすすめできる、「福井を味わえる仕事の旅」をご提案します。

1日目

15:00市内でのアポイントを終え、
ちょっと早めにチェックイン

福井駅から徒歩10分ほど、福井一の繁華街・片町近くの料亭街・浜町にある老舗ホテルに向かう。福井の人の散策ルートでもある足羽川沿いを歩く。春の桜の時期はきっとすごいだろう。壁紙に越前和紙をあしらったというロビーを通り、フロントへ。「福井らしさを感じるホテル」というホテルのコンセプトを感じながら、チェックイン。

15:30広い机に資料を広げながら、
残りの仕事を片付ける

スタンダートツインのシングルユース。リーズナブルで広めの部屋を予約した。天井が高く広く感じる。机や枕周りのコンセント、Wi-Fi環境も超高速のビジネス回線で完璧。机はPCと資料を広げて見比べられるほどの広さがあり、開放感があるのがいい。今日のまとめと、明日の準備まで終わらせて、夜はおいしいものを食べに行こう。

18:00仕事がひと段落ついたら、
浜町や片町の飲食店で夕食

ホテルは浜町という昔ながらの料亭街にあり、歩いて行ける範囲にイタリアン、中華、和食と様々な飲食店がある。少し足を延ばせば福井最大の繁華街・片町もあるという。どこに行くか迷ったが、フロントのスタッフに相談し、片町の居酒屋を紹介してもらう。地元の人も集うお店で、福井ならではの地酒と海鮮料理に舌鼓をうった。

21:00天空大浴場&無料のマッサージチェアで
一日の疲れを癒す

ホテルに戻り、広い天空大浴場で、1日の仕事の疲れをしっかりリフレッシュ。大きな湯舟に浸かることができるのも、出張先のホテルを選ぶ重要なポイントだ。風呂上がりには、脱衣場に置いてある無料のマッサージチェアをありがたく利用。ついうとうと…としてしまうほどくつろぐ。サウナもあるようだし、次回はぜひ入りたい。

22:00読みたかったマンガを部屋に持ち込み、
ちょっと夜更かし

明日に備えて寝る前に、少しだけリラックスタイム。チェックインの際にフロントで見つけたコミックコーナーは、結構な品揃えで、最近読みたいと思っていたあのマンガも、気になっていた話題作の最新刊も揃っていてテンションが上がる。部屋に5冊まで持ち込めるとのことなので、仕事を頑張ったご褒美に、今日読んでしまおう。

2日目

7:00朝風呂後は、
50インチの大型テレビでニュースをチェック

まだいささか眠い頭で大浴場へ。湯船で両足を広げて思い切り伸びをし、大きな一面ガラスからの朝日をたっぷりと浴びると、すっきりと目覚めることができた。部屋に戻り、今日の準備をしながらテレビでニュースをチェック。テレビは50インチとかなりの大画面で、ちょっと贅沢な気分。お腹が空いてきたところで、朝食会場へ。

8:00“福井らしい”朝食が味わえる
お惣菜バイキングを満喫

所狭しと並ぶ60種類ほどの種類豊富な和洋バイキングに目移りしてしまう。里いもの煮っ転がしや福井産厚揚げ煮などの郷土料理は、どこか懐かしいおふくろの味。それを口に含むと、白いご飯が朝から止まらない。出張に来るまで知らなかったが、実は福井はコシヒカリの発祥地だそうだ。なるほど、だから米まで美味しいのか。

9:00~15:00チェックアウト後、
福井市内でアポイントをこなす

広い室内や大浴場でゆっくり1泊でき、日頃蓄積していた疲れまで軽くなったようだ。チェックアウト後、市内のアポイントをこなし、あっという間にお昼時に。仕事の合間のランチは、ご当地県民グルメ「ソースカツ丼」。その発祥の地といわれる名店ヨーロッパ軒で、どどんと盛られたサクサクのカツとご飯を、秘伝のソースでいただく。

16:00アポイント終了!
福井駅から徒歩5分の「福井城址」を見学

予定していたアポイントは全て終了。列車の時間まであと2時間しかないが、せっかくなら市内観光もしたい。福井駅から歩いてすぐの「福井城址」ならと立ち寄ってみる。「福の井」と呼ばれる井戸跡は福井という地名の由来だそう。石垣や堀はそのままに、その城跡には県庁の建物があった。過去から今への時代の流れを感じる。

17:00JR福井駅構内にある
「プリズム福井」でお土産を購入

おいしいグルメのある地域はお土産も豊富。会社へのお土産は、福井定番の銘菓「松岡軒の羽二重餅」に決まり。お酒好きな部長頼まれていた地酒は、お酒の専門店「買う座飲む座」で検討。種類が豊富でどれも美味しそうだ…よし、この1本は自分用に買って帰ろう。帰りの新幹線で食べる名物駅弁「越前かにめし」も忘れずに購入。

このページのトップへ