楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

Good─Stay みずほ 宿泊予約

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
部屋にトイレがあればよかった
2017年08月24日 21:05:42
続きを読む

写真1
初詣は当館から早朝参拝を!!! ■当館からは車で5分前後で行けます、宿泊翌朝の6時半過ぎの参拝がおススメです、参拝された皆様が感動しておられます。   ■「フロントで荷物を預ってもらい、トレッキングで当館から午前6時に出発し参拝、午前9時から開館の県立博物館へも徒歩で、昼頃までかかりましたが、すべてに感動しました」オランダからW様男性      ■宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。 御祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に ご示顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。これが宇佐神宮の創建です。                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・更に、来年は宇佐・国東文化の1300年祭が近隣の各地で開催されます、悠久の流れを体感する旅にお越しください。 
写真2 写真3 写真4
■皆様もご覧になったことがあると思いますが、宇佐の正面の壁に、小さな窓があり遠くから御許山を望めますが、是非登って頂きたいものです。  ■大元神社(おおもとじんじゃ)は宇佐神宮の元宮で、宇佐市の御許山(おもとさん=標高647m)の9合目にあります。立派なたたずまいで凛として保存されています。 ■巨石などがあると言われています。しかし大元神社から上は神宮庁の禁足地であるため確認は出来ません。うっそうと茂った樹木の間に三つの巨石があるそうですが確認した人は数少ないようです。 
写真5 写真6 写真7
■建物の裏山が降臨の地で禁足地となっています、この付近は当時「東の坊・西の坊・石垣坊・成就坊・谷の坊・椙洞院」という御許6坊があり、山岳仏教が栄えましたが、明治元年に坊舎が焼かれたことと(御許騒動)、神仏分離令により終わりを告げました。  ■山頂にも拘らず、不思議にも年中、水の枯れない御霊水などがあります。現在でも老夫婦が守りとして生活しながら営々と神社を守り続けています。  ■当館からは西屋敷口が近く、4WDの軽トラックなどであれば8合目まで登ることが出来ます、地元のタクシー会社に頼めば、8合目近くまで登ることも出来るそうです、高齢者の方が利用したとの話も聞いたことがあります。事前にご相談ください。 

このページのトップへ