楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

松本ホテル花月 宿泊予約

  • クチコミ・お客さまの声(2819件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
「きょうだい」三人の旅でしたが私(男)だけは8年ぶりの宿泊でした。リニューアルされており快適です。外人客も多い...
2017年07月20日 16:11:47
続きを読む

 
   
    
 
民藝フィロソフィ 松本の日常の記憶  
 民藝精神にみる他力美 ...。
それは風土や伝統、そこにある自然の力を借りて、
文化の中に必然として生まれる。
日々絶え間なく永い歴史が重なり、
磨き上げられた名もなき物たち。
そこにあるべくしてある、本当の美しさ。

質素だけれども人間味があり、
水が流れるように自然で、使うほどに親しみが増す。
ありのままにごく自然に居られる時間を。

松本ホテル花月、
ここは素朴で普段使いができるホテル。
 
松本の地に根付く民藝精神 
 
“民藝”は特定の作家が創作する美術品ではなく、生活のなかで使われるために生み出され、その用に応じて磨かれてきた普段使いのための品々のことをいいます。

民藝の美しさとは、何気ない美しさ。普段の生活の中で使い続けられることにより磨かれる輝き。名もなき職人達が代々伝え、研鑽を重ねた用の美。そんな日常にある民藝の美にこそ、本物の美しさがあると考えるのです。

“松本民芸家具”を育んできた松本の日常には、今も昔も民藝精神が息づいています。この地に重ねられた日常にある美しさのように、松本ホテル花月では、民藝精神を映し出したホテルとしてお客様をお迎えいたします。
 
国宝 松本城 (徒歩4分)
 文禄(1593〜1594)年間に建てられた五重六階の天守としては日本最古です。
幾たびかの存続の危機を、市民の情熱により乗り越え、
四百余年の風雪に耐え、戦国時代そのままの天守が保存されています。
 
 
 上高地
 上高地は、長野県松本市にある標高約1,500メートルの山岳景勝地です。
中部山岳国立公園の一部として、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されています。
 
   
 

このページのトップへ