楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

多聞館(たもんかん) お料理

多聞館(たもんかん)

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(105件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    フスマだけで仕切られた部屋と聞いていたので、隣とのお部屋の音など、心配していましたが、その日は団体のお客様も居...
    2020年10月19日 12:58:25
    続きを読む

    イメージ写真
    詳細情報
    → 住所
    〒997-0211
    山形県鶴岡市羽黒町手向115
    → TEL:0235-62-2201
    → FAX:0235-62-2940
    → チェックイン:14:00
    (最終チェックイン:21:00)
    → チェックアウト:10:00
    → 交通アクセス
    JR鶴岡より羽黒山頂行バスで35分羽黒荒町下車1分/庄内空港より車で35分/山形自動車道庄内あさひICより15分
    → 駐車場
    有 40台 無料 宿泊者用は確保します。
    当施設のご案内
    <春の食材> 雪解けを待っていっせいに芽吹く春の山菜たち。鮮やかな緑色と滋養に満ちた味。
    <写真> ふきのとう・わらび・ふき・山うど・うるい・たらの芽
    <春のお料理>雪の下でじっと蓄えた滋養を春の喜びと共にいただく。若さ、青さ、清々しさを楽しめるように、手をかけすぎず、おひたしやあえもの、天ぷらなどで。
    <写真> 天ぷら(たらの芽・ふきのとう・笹竹・青みず)・蕗の炒め煮・蕨の生姜載せ・こごみのおひたし・バンケ味噌・庄内いちご   酒:「くどき上手/純米吟醸」(亀の井)
    <夏の食材> 月山の恵みを一身に受けた月山竹の子をはじめ、山や清流に育つ山菜、そして朝採りのだだちゃ豆・トマトなど、涼味にあふれる野菜たち。 
     <写真> 月山竹の子・青みず・ふき・だだちゃ豆・トマト
    <夏の料理> 食材の涼味を活かし、さっぱりと涼しく。野菜と海藻の酢の物や、ピリ辛の漬物なども。 
    <写真> 民田茄子の辛子漬け・青みずのおひたし・ごまどうふのあんかけ・月山竹の子の味噌汁・さくらんぼ   酒:「竹の露/純米吟醸」(竹の露) 
    <秋の食材> 実りの秋。山からは栗・あけびなど、里からは銀杏や様々な果物などの木の実が集まる。秋が深まれば種々のきのこも。もちろん、新米も。晩秋には、羽黒特産の庄内柿をデザートに。 
    <写真> 舞茸・かなかわ(ぶなはりたけ)・あけび・銀杏 
    <秋の料理> 肉厚のきのこには、香りを活かしつつしっかりと味をしみこませて。木の実は、それぞれの食感を楽しめるように。実りの秋・収穫の秋を心から楽しみたい。ふっくらと炊いた新米に食欲もそそられる。  
    <写真> 赤カブのワイン漬け・舞茸とがんものお煮しめ・もって菊のおひたし・かなかわの油炒め・ぶどう   酒:月山ワイン(赤・白) 
    <冬の食材> 山も畑も雪に覆われるこの時季は、山菜などの干したものや、塩蔵したものを丁寧に下ごしらえして調理する。生より一味深まるものが多い。野菜は根菜類が多くなる。日本海で荒波にもまれる魚は、この時季が一番の旬である。 
    <写真> 干しぜんまい・干しからとり(ずいきの茎)・塩もたし・切り餅 
    <冬の料理> 干した山菜等を戻して煮物にしたり、塩蔵した山菜等を塩出しして炒め物にしたりなど、この地域の食文化が最もよく表れる。漬物のバラエティーもこの時季が豊富。具をどっぷりと煮た汁物で身体の心まで温まりたい。  
    <写真> はたはたの田楽・寒だら汁・ぜんまいの煮物・メロン子としょうろぎの漬物・オレンジ   酒:清酒「霊峰月山」(竹の露)       「羽黒」(亀の井)

    このページのトップへ