楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

道後温泉 道後舘 アクセス

道後温泉 道後舘

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(1075件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    お食事がとても美味しく、美しく日常を忘れられました。接客サービスも素晴らしかったです。大浴場にはタオルがあるの...
    2021年12月02日 20:27:03
    続きを読む

    • ■陸上アクセス
    • 大阪市内から約5時間
    • 岡山市内から約3時間
    • 高松市内から約2時間40分
    • 高知市内から約2時間50分
    • ■空のアクセス
    • 東京から約1時間20分
    • 大阪から約50分
    • ■海上アクセス
    • 広島からスーパージェットで約1時間30分

    道後温泉は日本書紀にも登場する有馬・白浜と並び日本最古の温泉です。昔、足に傷を負った白鷺が、
    岩間から湧きだしている温泉に足を浸すうちに傷が癒え、元気に飛び立っていったという伝説から
    『白鷺の湯』とも云われています。聖徳太子や斉明天皇、夏目漱石や正岡子規など古くから多くの偉人や
    文人墨客がはるばる海を渡り、道後の湯を楽しんだという記録も残っております。

    道後温泉のシンボル的建物として有名な道後温泉本館。平成6年に日本の公衆浴場として初めて国の重要文化財に指定されながら、今なお現役で運営されている。 海外でも高い評価を得ていて、ミシュランでは四国の施設として唯一の三ツ星に輝いている。壮麗な三層楼の構造美や、館内には皇族専用の『又新殿』などの見学もできる。
    【営業時間/6:00〜23:00(札止め22:30) 定休日/なし】

    平成29年9月に道後温泉第3の外湯としてオープン。「太古の道後」をテーマに、道後温泉にまつわる伝説や物語などを愛媛の伝統工芸と最先端のアートをコラボレーションした作品で演出し、温泉の癒しとともに愛媛・松山でしか体験できない新たな温泉文化を発信する拠点としている。また、特別浴室として家族風呂も用意している。

    道後温泉益から道後温泉本館までを結ぶL字型のアーケード通り。
    愛媛・道後ならではの土産物屋や飲食店など、約60店舗が並ぶ。
    道後温泉駅前にはカラクリ時計や放生園(足湯)、坊っちゃん列車などもある。

    明治から大正にかけての和ガラスや、希少な江戸時代のぎやまん・びいどろなどが、
    西日本最多展示数の約300点展示されている。

    正岡子規の世界を通して訪れた人々が松山に親しむとともに、伝統文化や文学への理解を深め、新たな文化の創造に
    寄与することを目的に、昭和56年にオープンした。正岡子規や夏目漱石、高浜虚子など子規の人生に関わった
    人物の紹介を交えながら、資料や映像を紹介している。また、初心者の方向けの俳句講座なども開催している。

    園内には道後温泉本館ができるまで使用されていた温泉の湧出口の湯釜や、正岡子規記念博物館などがある。
    また、中央部と北部の庭園は季節に応じた花が見どころで、特に春には桜の名所にもなっている。

    お遍路伝説発祥の寺として、数多くの伝説が残る。境内には、国宝の仁王門をはじめ、重要文化財の本堂、
    三重塔など見どころも多い。2009年にミシュランガイドにおいて一つ星に選定。

    松山城は日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつ、
    江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つ。
    平成18年に「日本100名城」平成19年には道後温泉と共に「美しい日本の歴史的風土100選」に選定。

    [an error occurred while processing this directive]

    このページのトップへ