楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

鬼怒川温泉 ほてる白河湯の蔵 ◆観光案内◆

  • クチコミ・お客さまの声(263件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
二度目の宿泊です。食事は、前回より、味量共に満足です。二人で泊まりましたが相棒も喜んでいました。又、お世話にな...
2016年11月23日 22:52:40
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

鬼怒川の温泉旅館 鬼怒川温泉・湯めぐりの宿「ほてる白河 湯の蔵」

千年の歴史を紡ぐ鬼怒川の温泉旅館…鬼怒川温泉・湯めぐりの宿「ほてる白河 湯の蔵」










日光・鬼怒川地域にはさまざまな観光スポットがございます。
こちらのページでは鬼怒川エリアと日光エリアの詳細情報をご覧頂けます。


当ホテルがある鬼怒川温泉にはさまざまな観光スポットがございます。お越しの際にはぜひお立ち寄り下さい。



A.龍王峡
その名の通りまるで龍がのたうつ姿を思わせるような迫力ある大景観。
 
B.NAOC ラフティング
人気のラフティングやキャ二オニングを中心に、栃木の大自然をご案内。
 
C.鬼怒川温泉ロープウェイ
山頂には、おさるの山があり、猿と鹿が遊んでいます。


D.TEPCO鬼怒川ランド
四季折々の鬼怒川の大自然、水力発電のしくみを楽しくご案内。
 
E.鬼怒川ライン下り
船頭さんの巧みな櫂(かい)さばきで、スリルたっぷりな川下り。
 
F.鬼怒川ミニゴルフ場
森林浴をしながら、ミニゴルフ、グランドゴルフ、パターゴルフを。


G.東武ワールドスクウェア
世界21カ国102点の建設物や遺跡を1/25の縮尺にて再現したテーマパーク。
 
H.鬼怒川レジャー公園
テニス・ゲートボール場が完備、園内には春から夏にかけて可憐な花が。
 
I.日光花いちもんめ
関東以北で最大規模を誇る、日本有数のベゴニア園。


J.グランデ・イソーラ
雄大な自然の中に、新しいスタイルのカート専用サーキット&レストラン。
 
K.日光江戸村
江戸時代の文化、伝統を背景に忍者、花魁等が登場する楽しいテーマパーク。
 
L.トリックアートピア日光
世界の名画や彫刻のトリックアートが展示された不思議な体験型の美術館。


M.3D宇宙・恐竜館
3次元の画像と迫力ある音響で、太陽系宇宙と恐竜の世界を。
 
N.巨大迷路パラディアム
3500平方メートルの敷地にめぐらせた高さ2m、平均クリアタイム40分の巨大迷路。
 
O.日光竹久夢二美術館
大正浪漫をテーマに竹久夢二の数々の作品と、和やかな味わい空間をお届け。


P.日光猿軍団
世界で唯一のお猿の集団芸を演じている。楽しいお猿のショーがお楽しみ。
 
Q.鬼怒川お菓子の城
広く明るい雰囲気の店内。2階のコーヒーショップKAME家で自家製ケーキやお菓子を。
 
R.鬼怒川カントリークラブ
日光連山を望む雄大な景観、日本の名湯「鬼怒川温泉郷」まで10分。


世界的観光地、日光。東照宮をはじめ世界遺産や歴史的名所が数多くあり、中禅寺湖、華厳の滝など大自然も満喫できます。



A.中禅寺湖
周囲約25キロ、最大水深163メートルの中禅寺湖は、日光を代表する湖。
 
B.華厳の滝
日本三名瀑のひとつ。日本で最も著名な名滝です。
 
C.二荒山神社
千二百年より前から男体山を御神体山として祀られた神社です。


D.日光東照宮
1617年、徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社です。世界遺産。
 
E.日光山輪王寺
奈良時代に山岳信仰の社寺として創建されたもので、世界遺産に登録されている。
 
F.日光田母沢御用邸記念公園
当時皇太子であった大正天皇のご静養地として造営された。国指定重要文化財。


G.日光霧降アイスアリーナ
全国でも数少ない通年型屋内スケートリンク。アイスホッケー日本リーグなども。
 
H.ニュー霧降牧場
関東平野を一望でき、自然を満喫できる牧場です。
 
I.日光霧降高原 大笹牧場
ひつじ・やぎ・うさぎなど、直接動物に触れることができます。


J.日光フラワーパーク
自然に囲まれた緑豊かな景観と季節の花々が楽しめます。
 
K.日光だいや川公園
フィールドアスレチックや、パークゴルフなどのニュースポーツが楽しめます。
 
L.日光おかき工房
大谷川の名水と厳選した国内産もち米を使用して作られた本格おかきを。

このページのトップへ