楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

上牧温泉 人気の貸切風呂と炭火山里料理の宿 辰巳館 山下清が愛した辰巳館

  • クチコミ・お客さまの声(918件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
食事・風呂は最高でした。従業員の方々は、皆さん感じの良い接客でした。また行きます。ありがとうございました。
2016年11月28日 17:11:03
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

山下清が愛した辰巳館|温もりの宿辰巳館

温もりの宿辰巳館 炭火山里料理 いろり献残焼 月夜野上牧温泉

寛ぎの客室

純朴な画家が愛した月夜野・山里の宿

辰巳館と山下清

"放浪の画家""裸の大将"等の愛称で今でも親しまれ、愛されている画家・山下清。

辰巳館と清さんのつながりは、山下清の恩師、式場隆三郎先生から始まっています。式場先生は新潟出身で、東京から帰省する時や原稿などを書くために、よく当館を利用されていました。

辰巳館前で、清さんと記念撮影

式場先生と山下清画伯

当館の三代目(現会長)が、新しいお風呂を変わったものにしたいと式場先生に相談したところ、「それなら上牧は環境もいいから、清がいい」と、清さんを紹介してくださったのです。

貼絵の原画をもとに特殊ガラスを使い、清さんが式場先生、美術工芸家の手塚先生らと共に3年半の歳月をかけて作成した「はにわ風呂」の大壁画が完成したのは、昭和36年6月のことでした。

辰巳館の想い出とともに、心洗われる清さんの作品に親しんでいただければ幸いです。

山下清の辰巳館滞在スケッチ

登竜

清さんは辰巳館を気に入ってくださいました。月夜野の自然に恵まれた静かな土地に、清さんの素朴で素直な人柄がぴったりだったのでしょう。

3年半にわたりたびたび辰巳館を訪れて、貼り絵や水彩・マジックを用いた数々の素晴らしい作品を残してくださいました。

はにわ風呂

奥利根渓流からの辰巳館

宴会のひととき

はにわ風呂大壁画

大峰沼と谷川岳原画(貼り絵)

はにわ風呂の大壁画「大峰沼と谷川岳」は、貼り絵をもとに特殊ガラスを使い、清さんが自らの視力の低下と戦いながら情熱を傾けて完成させた晩年の傑作です。清さんの壁画は、ここ辰巳館と横浜マリンタワーの2か所にしか現存していない、大変貴重なものです。

沼に浮かぶボートは清さんの発想で、実際にはなかったとのこと。 また、清さん本人が見物人の中に描かれています。壁画右端の後ろ向きの見物人の中、一番右の青い服を着た人物が清さん本人だそうです。

美しい自然のなかでみんなが楽しんでいる雰囲気が表現されていて、どこか和やかな気持ちにさせてくれるこの作品を眺めながら、源泉かけ流しの柔らかな湯をたっぷりとご堪能ください。

辰巳館の山下清ギャラリー

放浪の画家、山下清

大正11年3月10日 東京浅草生まれ。本名は大橋清治。日本のゴッホ、放浪の画家として知られその特異な画風と貼り絵に見られる天才的な手法は他に類を見ないものと言われています。

戦前・戦後・そして高度経済成長期という慌しい時代を一気に駆け抜け、昭和46年7月12日、49歳でその生涯を閉じました。

自らが大好きだった花火のように、一瞬のきらめきを放って消えていった山下清。しかしその一瞬のきらめきは、花火と同様に人びとの心に永遠に刻まれています。

ギャラリーや脱衣所前の壁画説明名など、館内の随所で清さんの作品に触れることができます。

当館へお越しの際には、ぜひ本物に触れてみてください。また、壁画について・清さんのエピソードなど、ご遠慮なく宿の者にお尋ねください。

お客様の旅が、よりいっそう思い出深いものになるよう、ほんの一助となれば幸いです。

脱衣所前の説明コーナー

ページトップへ

このページのトップへ