楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

宇奈月温泉 サン柳亭 宿泊予約

  • クチコミ・お客さまの声(361件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
今回で3回目の宿泊となりますが、いつも温かく迎えて頂き誠にありがとうございます。1歳の子供連れの我々にとって、...
2018年12月08日 15:00:37
続きを読む

サン柳亭のおもてなし

一期一会の出会いに感謝し大切に

一期一会の出会いに感謝する 心を込めたおもてなし

サン柳亭では、お客様が100人いらっしゃれば、
100通りの旅の目的、旅のスタイル、旅の思い出があると考えています。
お客様おひとりおひとりのご旅行を大切にし、
素晴らしい一時を過ごしていただけるようお手伝いさせていただきます。

其の一、
お客様とのご縁結び

其の一、お客様とのご縁結び


自分にとって一番大切な方をおもてなしさせて頂くという想いでスタッフ一同つとめております。
一期一会の出会いに感謝をし、またその想いがお客様へ届きますように。
心を込めて大切なお時間のお手伝いをさせて頂きます。

其の二、
富山の旬素材

其の二、富山の旬素材

富山ならではの美味しさでお客様に笑顔になって頂きたい。
せっかく富山にお越し頂いたなら、富山ならではの旬の美味しさを感じて頂きたい。
だから、その日の仕入れ、季節によってもメニューは異なります。

旬の食材で身体も心も元気になって頂きたいと心から想っております。

お食事についてはこちら

其の三、
絶景ダイニング&お部屋食

其の三、絶景ダイニング&お部屋食

この春、サン柳亭が絶景ダイニング「樂膳 〜RAKUZEN〜」をオープン致しました。
「楽しく美味しいお料理(膳)を。」という想いと共に、上質なひとときをお届け致します。

絶景ダイニングについてはこちら

其の三、絶景ダイニング&お部屋食

まちにまった富山ごはんを、お部屋でゆっくり楽しみたい。
大切な時間は誰にも遠慮などしたくない…。
そんなお客様の想いや大切なお時間を丁寧にお手伝いできればと思い、特別室へご宿泊のお客様に、お部屋食のご用意も致しております。
大切なお子様のいらっしゃるパパ・ママも安心してたのしんでいただけます。

其の四、二つの貸切風呂と絶景露天風呂

其の四、二つの貸切風呂と絶景露天風呂

せっかくの温泉旅行は笑顔で“みずいらず”の温泉時間。
みんなそろって温泉を満喫したい。久しぶりの家族団らんをより笑顔の広がる思い出に。

離れの貸切温泉露天風呂は、檜風呂と岩風呂の2タイプがございます。

貸切風呂についてはこちら

其の四、二つの貸切風呂と絶景露天風呂

大浴場の絶景露天風呂がリニューアル致しました。
開放感溢れる露天風呂で、とろりとした美肌の湯と清流黒部川のせせらぎに癒やされる至福の時間。
朝に夕に移り変わる黒部川の絶景と共に、新しくなった露天風呂を心ゆくまでお楽しみください。

温泉についてはこちら

其の五、お客様の笑顔を大切に

其の五、
お客様の笑顔を大切に

総客室23室の純和風旅館です。
ゆっくりとした優しい時間の中でお客様の笑顔を大切につとめます。
宇奈月温泉では最もこまわりのきく23室のお宿です。
お客様のかゆいところに手が届くようなおもてなしを目指します。
お客様のご希望をぜひともお聞かせくださいませ。

すべてはお客様の笑顔のために

すべてはお客様の笑顔のために 女将 小柳博美

みなさま、サン柳亭のホームページをご覧いただき心より感謝申し上げます。
私は宇奈月温泉サン柳亭の女将をしております小柳博美と申します。
サン柳亭が目指すさき…、それは「笑顔になって頂ける旅館」です。
お客様の笑顔につながるお料理、お客様の笑顔が広がる空間、
お客様がさらに笑顔になって頂ける細やかなお心遣いや思いやりを目指しています。

例えば、お客様にお辛いことがあったときでもサン柳亭にお越し頂けました時には笑顔になって頂けるような旅館でありたい、お客様の笑顔を引き出せる人間でありたいと考えます。
あたたかなハートをより大きなハートにできるよう毎日がスタートラインだと心にとめ、スタッフ一同で取り組んでまいります。
お客様の大切なお時間がさらに思い出に残る素敵な記念日となりますように。
心をこめて出来る限りのことをさせていただきます。
この度も心より感謝申し上げます。

女将 小柳博美

このページのトップへ