楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

ホテルニューオータニ長岡 越後長岡探訪

ホテルニューオータニ長岡

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(1836件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    いつもスッタフの方が明るく適切に対応してくださり、とても気持ちよくすごせます。
    2021年03月03日 14:29:50
    続きを読む

    ホテルニューオータニ長岡 楽天トラベルサイト


    • 越後長岡探訪
      – EXPLORING IN NGOK –

    • 神社・仏閣

    • 弥彦神社
    • 全国的に数が多いといわれる新潟の神社でも、長岡エリアの神社は歴史の長い、特色の濃い場所ばかり▼長岡の“お殿様”をルーツにもつ「蒼紫神社」、全国でも名高い県内屈指のパワースポット「弥彦神社」、歴史は古く縄文時代まで遡る「宝徳山稲荷大社」、商売繁盛の神様として全国から参拝者が絶えない「高龍神社」など。流鏑馬や王神祭などの珍しい神事が行なわれる「金峯神社」も人気が高い▼寺院は、戊辰戦争の著名な戦没者(河井継之助、山本帯刀など)の墓や、室町〜南北朝時代に作られた、市指定文化財の来坐像や天立像、彫刻が多く残されている。
    • 観光・グルメ

    • もみじ園
    • 桜の季節は市民がこぞって出かける「悠久山公園」、秋の紅葉なら「もみじ園」がおすすめ▼海の幸なら、海産物市場が軒を連ねる「寺泊魚の市場通り(通称:魚のアメ横)」が一番。浜焼きを頬張りながら、沿道を練り歩くのが定番スタイル▼醸造の町「摂田屋」エリアは、発酵食品(日本酒、酒、味噌)の老舗が、今も変わらぬ地元の味を伝えてくれる。栃尾地区の道の駅で揚げたての「あぶらげ」を楽しむのもよし▼時間があれば、「山古志」の棚田や棚池が織りなす幻想的な風景をぜひ堪能あれ。きっと心に訴えかける絶景である。
    • 文化に触れる

    • 錦鯉の里
    • 長岡のルーツをたどれば、それは縄文時代にたどり着く。「火炎型土器」は、日本で初めて長岡で産出された、装飾性の高い縄文土器のひとつ。市内の博物館や、レプリカが街中にあったりして面白い▼錦鯉発祥の地のひとつである山古志地区にちょっと足を伸ばせば、全国屈指の養鯉場が多く点在し、春と秋に海外から多くのバイヤーが集まる▼また、2頭の角牛が突き合わせ激しくせめぎ合う「牛の角突き」は満点のド迫力。山古志地区で初夏〜晩秋にかけて行なわれる▼「河井継之助」と「山本五十六」といった、長岡が輩出した人材の記念館も整備されている。
    • 年中行事・祭事

    • フェニックス花火
    • 夏祭りは、長岡エリアは全国区となった8月の「長岡花火」だけでなく、7月に開催される柏崎の「海の大花火大会」や、9月に小千谷市で開催の「片貝まつり花火大会」は、目玉の「四尺玉」がギネスブックにも載った圧巻の大型花火▼冬の雪まつりも人気だ。毎年2月の「長岡雪しか祭り」は、“雪を苦にせず、思いっきり楽しむ”長岡市民の示唆に富んだイベントがいっぱい。栃尾地区で3月開催の「ほだれ祭」は、新婚女性が高さ2.2m・重さ0.6tの日本一の男根形の道祖神にまたがり、神輿のように練り歩くことから、“春を呼ぶ越後の奇祭!!”との異名をもつ。
    • スポーツ・アクティビティ

    • 和島オートキャンプ場
    • 海水浴場は遠浅のビーチが多いが、当ホテルからは比較的アクセスしやすい「石地海水浴場」がオススメ。県内屈指の景勝地であり、ファミリー向けの海水浴場だ。また「寺泊中央海水浴場」は、隣接する寺泊魚の市場通りで海産物が買える点でポイントが高い▼山に目を向ければ、日本海に面した「和島オートキャンプ場」がオススメ。潮風を感じながら、日本海の夕日を眺めることができる。テニスコートもあり、気が向けば気軽に汗を流すこともできる▼同じ日本海沿岸の「寺泊水族博物館」は海上に建てられた水族館で、約400種・1万匹の魚類が展示されている。
    • 道の駅

    • 良寛の里わしま
    • 道の駅ながおか花火館」は、ドーム型のシアターで見せる長岡花火が大人気。市内屈指の人気店が集うフードコーナーも活気であふれている▼栃尾地区の「R290とちお」では、長岡名物「あぶらげ」をその場で揚げてくれる。外はカリッ、中はふわふわのあぶらげがファストフード感覚で楽しめる▼越後川口の「あぐりの里」は、地場の農産物や米菓、時期によっては枝豆や、アユの炭火塩焼きにもお目にかかれる▼海沿いにある出雲崎町の「越後出雲崎 天領の里」にかかる長さ102mの木製の橋「夕凪の橋」は、カップルに大人気のデートスポットである。
    • 温泉を楽しむ

    • 蓬平温泉
    • その起源が14世紀の南北朝時代にまで遡るという「蓬平温泉」は“長岡の奥座敷”と呼ばれ、明治2年の温泉宿の開業以降、美肌の湯として特に女性に人気となった温泉郷。2004年の中越地震後、さらに濃厚な泉質に生まれ変わった。同エリアの高龍神社と合わせた行楽スポットとなっている▼「えちご川口温泉」は浴場の種類が豊富で、源泉浴や大展望露天風呂のほか、貸し切りの家族風呂、県内では珍しい電気風呂なども揃っている▼元々新潟県は石油が採掘されていたこともあり、その際に温泉が発見されるケースが多く、湯治場として親しまれてきた場所が散在する。

    • ホテルへのお問い合わせ ☎ 0258–37–1212 (宿泊課直通)
    • ホテル ニューオータニ長岡

      〒940–0048 新潟県長岡市台町2–8–35
      TEL:0258–37–1111 (代表) FAX:0258–37–1515
    ©2020 Hotel New Otani Nagaoka

    このページのトップへ