楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

登録有形文化財の宿 木屋旅館 【施設紹介】 館内外の滞在空間をご紹介

登録有形文化財の宿 木屋旅館

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(191件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    旅館前の道路に車が入れるのか不安だったが、ナビに従って行けば入れた。駐車場は、旅館の斜め裏で道路を突っ切り、左...
    2021年05月07日 18:18:28
    続きを読む

      
    メイン画像
     
     
    ロゴ
    外観
     施設情報

    ■木造三階建て
    ■エレベーター・エスカレータなし
    ■チェックイン 15:00
    ■チェックアウト 10:00
    ■宿泊専用駐車場(20台)

    ■旅館が登録有形文化財
    ドットライン
    ▼日付から予約
    ▼宿泊プラン予約
    ▼空室検索
    ▼地図/アクセス

     プラン紹介

    【宿おすすめ】 基本プラン
    14,000円〜/人(税別)


    【2泊3日〜】 プチ湯治プラン
    12,000円〜/人(税別)


    【量多め、質アップ】 夕食グレードアッププラン
    17,000円〜/人(税別)


    夕食少なめプラン
    13,000円〜/人(税別)


    旬野菜でお鍋プラン 【牛すきやき】
    18,000円〜/人(税別)


    旬野菜でお鍋プラン 【豆乳あんこう】
    17,000円〜/人(税別)


    旬野菜でお鍋プラン 【里いも】
    16,000円〜/人(税別)


    鳥取和牛会席プラン
    23,000円〜/人(税別)


    【ずわいがに】 ちょっぴり味わいプラン
    16,500円〜/人(税別)


    【ずわいがに】 すき鍋プラン
    18,500円〜/人(税別)

      迷路のような館内で木造を楽しむ


    【四次元旅館?!】

    創業1868年(明治元年)以来、増改築をし館内が複雑な迷路となりました。
    木造三階建ての全館が国の登録有形文化財に指定されています。

      直営喫茶「木木」
    旅館の外(真向かい)に純喫茶をご用意しています。
    サイフォン珈琲などがあります。また、旅の思い出にマスターが似顔絵をお描きします。
    (似顔絵・・・宿泊の方限定。不在時はお描きできません。)

    ■営業時間 17:00〜21:00/08:00〜10:00
    お部屋
    茶房「木木」
    お部屋
    マスターの似顔絵
      宮沢賢治ゆかりの宿
    宮沢賢治と河本緑石のドラマに触れる
    ■河本緑石(かわもとりょくせき/本名:義行)は1897年(明治30年)鳥取県倉吉市生まれ。
    倉吉中学在学中から荻原井泉水の自由律俳句に親しみ、その後、荻原井泉水の主宰する句誌『層雲』にも参加。
    1916年(大正5年)、岩手県の盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)に進学。 そこで河本緑石と宮沢賢治が出会います。
    お部屋
    木屋旅館が運営する喫茶店「茶房 木木」の一角に「カムパネルラの館」という名のスペースがあり、全国各地からたくさんの宮沢賢治ファンが多くいらっしゃいます。
    それは当館の大女将の父である「河本緑石」に深い関係があるからなのです。










    お部屋
    『銀河鉄道の夜』
    盛岡高等農林学校で知り合った、宮沢賢治と河本緑石(リョクセキ)。その後、親睦を深めそれぞれの道を歩むことに。
    2人とも享年37歳と短い生涯の仲だったが、賢治の遺作『銀河鉄道の夜』カムパネルラのモデルとして緑石は今も語り継がれています。


    河本緑石記念館
    緑石の生涯
    昭和8年夏、海水浴訓練中に溺れた同僚を救助に向かい、37歳で帰らぬ人となってしまいます。
    その死は、同じく自由律俳句運動の中心の荻原井泉水の門下生だった種田山頭火にも衝撃を与えました。その想いは亡くなった八橋海岸の供養塔に刻まれています。
    緑石の死から2ヶ月後、賢治もこの世を去りますが、賢治の遺作『銀河鉄道の夜』の中で、溺れる友を救って亡くなる“カムパネルラ”は緑石がモデルではないかと賢治研究家の中でよく言われているのです。
    詳しくは、赤瓦白壁土蔵群(木屋から車で15分)という歴史地区にある「河本緑石記念館」へ☆
      その他の施設

    リラックスポット
    Wi-Fi対応の休憩場所です。1階にあり、全てのお風呂場に繋がっています。読書コーナーやミネラルウォーターをご用意しています。

    ロビー
    Wi-Fi対応のスポットです。江戸時代は庄屋を営んでいました。当時の名残で帳場や調度品を展示しています。売店もこちらにあります。

    ※ Wi-Fiパスワードは、フロントにお尋ねください。
    お部屋
    リラックススポット
    お部屋
    ロビー

    このページのトップへ