楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

スイスホテル南海大阪 レストラン

スイスホテル南海大阪

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(2000件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    旅行に長く行けてなくて、ホカンスを楽しもうと利用させていただきました。お部屋は新しく機能的でおしゃれんてぃ。タ...
    2021年10月17日 19:51:04
    続きを読む

    写真1
    ホテル館内には6つのレストラン・バーがあり、ふだんのちょっとしたお食事や記念日など様々なシーンに合せてお選びいただけます。
    旬の食材を厳選したお料理を皆様のテーブルにお届けいたします。

    【新型コロナウイルスに関連した感染症対策に伴う一部施設の休館・営業時間変更について】

    政府による現時点での感染予防措置の強化の要請に沿い、当面の間、一部施設の休館、または営業時間を変更しております。
    詳しくは、ホテル公式ホームページをご確認ください。
     https://swissotelnankaiosaka.com/ja/swissotel-nankai-osaka/news/

    予告なく変更になる場合がございますので、予め、ご了承ください。
    皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

    写真2 写真3 写真4
    「タボラ36」
    ホテル最上階、地上147mに位置する「雲の上のダイニング」。最先端のデザインとエレガントなインテリアが特別なひと時を演出いたします。息を呑む絶景と共に、「五感」を刺激する斬新で繊細なお料理をお楽しみください。

    日本料理「花暦」
    京都の路地を思わせる石畳の小路がお客様を迎える日本料理「花暦」では、美しい日本庭園を眺めながら、会席料理をはじめとする伝統的な日本料理をお楽しみいただけます。さらに個室には掘りごたつもございます。職人が目の前で握る新鮮なお鮨など、四季折々の旬の食材を贅沢に使ったお料理をご用意。

    鉄板焼「みなみ」
    特上肉や新鮮な魚介類を、お客様の目の前で調理いたします。神戸牛はもちろん、一年を通して日本各地の選び抜かれたブランド牛をご提供いたしております。ゆったりとお寛ぎいただけるカウンター席はカップルや親しいご友人とのご会食に最適です。選び抜かれた素材の魅力をシェフのあざやかな手さばきと共に存分にお楽しみください。
    写真5 写真6 写真7

    中国料理 「エンプレスルーム」
    優雅なインテリア、落ち着いた雰囲気に包まれ、本場の広東料理をお楽しみいただけます。ランチではテーブルオーダー式の飲茶バイキングを、ディナーではシェフ特製薬膳スープをはじめ、新鮮な旬の食材や高級食材を使用したメニューをご用意いたしております。また、お祝い事やビジネスでの会席にも便利にお使いいただける4つの個室がございます。

    ワイン&ダイン 「シュン」
    ロビーフロアに位置するワイン&ダイン「シュン」では、「串揚げ」をホテル風にアレンジ。新鮮な魚介類や旬の野菜を薄めの衣でからりと揚げてご提供いたします。ワインスペクテーター誌が認めたワインリストから、厳選したワインを串揚げと共にご堪能ください。また、季節に応じてタパス料理やチーズフォンデュスタイルのお料理もお楽しみいただけます。

    ザ・ラウンジ
    シンプルモダンなインテリアで落ち着いた雰囲気のザ・ラウンジ。 軽食、アフタヌーンティーセット、自家製ケーキやデザートに加え、世界各地から取り揃えたコーヒーや紅茶をご用意いたしております。 毎日お届けするハープの生演奏とともにお寛ぎのひと時を。夜はシックな雰囲気で、シャンパンやカクテルをお楽しみください。

    このページのトップへ