楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

嬉野温泉 ホテル華翠苑 お料理

嬉野温泉 ホテル華翠苑

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(1159件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    親子三世代6人での旅行でした。食事も個室で小さな子どもがいても気にせず、とてもゆっくりと美味しいお料理をいただ...
    2021年06月14日 20:35:07
    続きを読む

    客室
    • 5つのポイント

    お客様の声

    8/14にお世話になりました。 子供が楽しめる企画が良かったです。タイミングも考えてあり、帰る直前まで楽しめました。料理もおいしくいただきました。部屋も広々としてくつろぐことが出来ました。お土産品が充実しているともっと良かったです。従業員様の対応の良さは大変気持ちのよいものでした。すべすべの名湯とおいしい冷茶のサービスはさすが嬉野といった感じでした。

    お客様の声はこちら

    ホテル華翠苑のブログ
    メールマガジン
    モバイルサイトはこちら

    グループホテルうれしの元湯

    グループホテルハミルトン宇礼志野

    交通機関でのアクセスはこちら
    お勧め観光スポット

    お料理イメージ

    平安時代から続く一流料理技術の継承者

    当ホテルの料理長・清水善吾は平安の時代より脈々と伝承されてきた四條流庖丁式の継承者です。長崎県の諏訪神社にて行われる庖丁式でも庖丁人を務めております。 永きに渡り伝え守られた技に、現代の食事情に合わせた柔軟な発想を加え、ホテル華翠苑の料理は生まれます。 佐賀の味覚に旬の贅、そして清水料理長の技の冴えをどうぞご堪能くださいませ。

    料理一例

    ※上記画像をクリックしますと大きな画像で見られます。

    自然の素材を生かした品々が並ぶ会席料理。

    湯豆腐

    普通の湯豆腐が煮れば煮るほど固くなってしまうのに比べて、嬉野名物「温泉湯豆腐」は煮るほどにふんわりと、トロトロの食感に変わっていきます。これは温泉の泉質であるアルカリ成分が作用し、豆腐のタンパク質を分解するため。豆腐のとろけるその味はもちろん、豆乳色に変わったお汁まで美味しくいただけます。
    ホテル華翠苑では、清水料理長手造りのゴマだれとともにご朝食時にお召し上がりいただけます。
    またお持ち帰り用のお土産として売店でも販売しております。

    ※写真はイメージです。

    湯豆腐の温泉水は飲泉使用です

    佐賀牛

    佐賀の穏やかな気候と美味しい水、澄み切った空気が生んだブランド牛「佐賀牛」。
    全国トップクラスと評されるその肉質は、色鮮やかな赤身に、きめ細やかなサシがバランス良く入っており、とろけるようなまろやかさとジューシーな肉汁を堪能することができます。
    ホテル華翠苑では、ランクアッププランのご夕食のメインとして、また一品料理としても提供いたしております。

    ※写真はイメージです。

    佐賀牛

    お食事にワインはいかがですか?

    ホテル華翠苑では、お食事のひとときをよりお楽しみいただけますよう、ワインのご用意もございます。リーズナブルで美味しいワインを取り揃えておりますので、ぜひお食事とともにお楽しみくださいませ。

    ※写真はイメージです。

    ワインイメージ

    食事会場のご案内

    朝食、夕食共に、レストラン「ひすい」または食事処でご提供
    いたしております。

    食事会場 レストラン「ひすい」
    または食事処

    ※ご昼食は前日18時までの予約制となっております。

    レストラン「ひすい」
    レストラン「ひすい」

    このページのトップへ