楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

原鶴温泉 泰泉閣 宿泊予約

  • クチコミ・お客さまの声(253件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
食事は夕食、朝食共に大満足です。寧ろ、夕食は食べきれず申し訳なく感じました。お部屋は築年数があるのか、トイレが...
2017年05月22日 18:48:06
続きを読む



メイン画像

玄関
 Infomation
■チェックイン   15:00
■チェックアウト 10:00
■駐車場 無料(100台)
 大分自動車道杷木ICより5分
■JR筑後吉井駅、杷木バス停まで
無料送迎可(要事前連絡)
※送迎対応時間:8時〜18時   
ドットライン
▼日付から予約
▼宿泊プラン予約
▼日帰りプラン予約
▼地図/アクセス

 おすすめプラン紹介
1泊2食付で1万円以下!

6月末まで特典もあり!
平日限定★すき焼き和会席プラン

9,800円〜/2人1室

彼女・奥様分半額に♪

カップルプラン★ハイクラス

離れ家「紅塵庵」 19,440円〜
貴賓室「好日の間」 21,870円〜

旅ゆけば親孝行〜

60歳以上の方がいれば1,080円引
親孝行応援プラン

11,880円〜/2人1室

お子様1名&貸切風呂1回無料★

温泉で家族団らん♪
ファミリープラン

14,040円〜/2人1室

ビジネス利用・1名様利用可

種類たっぷりバイキング
1泊朝食付きプラン

7,560円〜/1人1室

 


▲エントリー&宿泊予約でダイアモンド・プラチナ・ゴールド会員1,000ポイント、シルバー会員500ポイント楽天会員200ポイントプレゼント! さらに掲載施設限定の宿泊予約に使える1,000円割引クーポンプレゼント!▲

  新着情報  
 
筑後川の伝統文化『鵜飼い』
開催期間:5月20日〜9月30日 <毎夜20時30分出船>
筑後川の「鵜飼い」は、平城京跡から発掘された木簡の記述から
奈良時代には行われていたようです。
そのスタイルも時代に合わせ進化し、原鶴の鵜飼漁では電灯を使い
船どおし並走しながら間近で見ることができます。
歴史ある鵜飼いをここ原鶴温泉でぜひご観覧ください!

●鵜飼い観覧(乗合船)
料 金:大人2,160円 小人1,080円
受 付:当日17時まで。但し定員になり次第受付終了。
※野外で行われるため、雨天や川の状況により急遽中止になる場合があります。予めご了承願います。

鵜飼い観覧がセットになった宿泊プランもあり
鵜飼い観覧プラン 〜屋形船に乗って鵜飼いを見よう〜
宿泊料金:1泊2食付 お一人様 14,040円〜
女性の方に色浴衣無料貸出&和巾着入りアメニティセット特典付♪
イメージ
  お部屋
当宿のお部屋は落ち着いた雰囲気の和室がメインです。グループ様に最適な二間続きやベッド付きタイプ、
離れ家『紅塵庵』など旅のスタイルや目的に合わせてお選びいただけます。
和室
和ならでのぬくもりのあるお部屋です。
夕暮れ時の筑後川の風景もおすすめです。
(お部屋により眺望は異なります)
離れ家紅塵庵
離れ家『紅塵庵』(こうじんあん)
お部屋の窓一面に広がる庭園が印象的
プレミア空間で大人の休日を・・・
  お風呂
原鶴温泉はアルカリ性単純泉硫黄泉お肌に良い二つの成分を併せもつことから“ダブル美肌の湯”と称されます。
当宿自慢の6つの湯処でゆったりとお楽しみください。
ジャングル風呂
泰泉閣といえば、ジャングル風呂!
温泉と一緒に森林浴も楽しんで♪
千歳の湯
当宿のお風呂は日替りで
男湯・女湯が交代します。
貸切露天風呂滝見の湯
家族風呂としてご利用できます。
料金:1,600円(50分間)要予約
  お料理
会席料理
【心を感じる、無二のごちそうを】
旅の楽しみに欠かせいないのはやっぱりお食事。
自然豊かで農業もさかんなここ筑後地域は
野菜やフルーツの産地として有名です。
そんな恵まれた環境を活かし、
当宿では山・川・海の幸をバランス良く盛り込こんだ
季節の会席料理をご用意。

調理人たちが手間ひま惜しまず丹精込めて
お作り致しております。
心ゆくまでご堪能くださいませ。
日帰り昼食プランも承っております。
温泉入浴付きで好評です。
鮎
今が旬!筑後川育ちの“鮎”
焼きたてあつあつの「鮎の塩焼き」をご賞味ください
宿泊予約センター

ANA楽パック電話予約センター

このページのトップへ