楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

四万温泉 柏屋旅館 四万温泉の観光、見所、ランチ、楽しみ

  • クチコミ・お客さまの声(305件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
先日はお世話になりました。今回も大満足です。貸切り露天風呂も4回入り、大浴場も独り占めでした!夕食、朝食共に最...
2016年11月17日 18:55:09
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト


四万温泉(しまおんせん)は、古き良きジャパンの面影を色濃く残すレトロな温泉街と、四万ブルーの四万川の水に代表される豊かな自然が自慢です。
いわゆる観光スポットはありませんが、四万温泉街は古き良き昭和レトロを伝える街並み、懐かしいスマートボールや文化財級の木造建築物など、昭和レトロな古き良きジャパンの雰囲気を色濃く残しています。
四万温泉は宿やお店と自然がとても近いのも魅力で、四季折々の自然の美を楽しめます。
四万ブルーとも呼ばれる、ここにしかない特別な青色の四万川や奥四万湖は、新緑の緑や紅葉が良く映えて、四万温泉全体がパワースポットと言っても過言ではありません。
昭和レトロな四万温泉街を楽しむ
四万温泉は南側(東京側)から順に、温泉口、山口、新湯、ゆずりは、日向見という地区に分かれています。

柏屋旅館は温泉口に、柏屋カフェは新湯にございます。

新湯には、「桐の木平商店街」、「落合通り商店街」があって、どちらも昭和レトロな雰囲気を持った、お土産屋さん、商店、飲食店、などが並んでいます。

四万温泉のお土産は、オリジナル漬物の「松葉屋」、温泉まんじゅうや和菓子の「楓月堂」(銘菓夢まくら製造販売)と「高田屋」(銘菓おいらんふろう製造販売)、地酒の「中村屋」、和雑貨の「柏屋カフェ」や「まりや」、など小さなお店が並ぶ「桐の木平商店街」と「落合通り商店街」がおすすめです。
そのほか、地酒は山口の「わしの屋」もおすすめです。

「桐の木平商店街」の四万側沿いには、無料の公共駐車場もございますので、ここに駐車しての散策がおすすめです。
桐の木平には、群馬銀行のATM、かみつけ信用組合の四万温泉出張所、四万郵便局、四万温泉協会の事務所などもあります。

新湯の「積善館」は、江戸時代の旅館建築として文化財にも指定されています。

また、山口の「旧第三小学校」は、懐かしい木造校舎で、中之条ビエンナーレなどのイベントの際に良く利用されています。
日向見には、もうひとつの文化財(国の重要文化財)「日向見薬師堂」があります。

ランチやコーヒータイム、お食事での利用でしたら
温泉口は、蕎麦うどんの「土屋」

山口は、鮨の「一力寿司」、丼物などの「松月」、和カフェ的な「おきなや」、蕎麦の「ながい」、和食の「福田つりぼり」、軽食の「銀泉茶屋」、などがございます。

新湯(桐の木平)では、「柏屋カフェ」は、ランチ・スイーツ・本格コーヒーなどが楽しめます。上州名物焼まんじゅうなら柏屋カフェ向かいの「島村」です。

新湯(落合通り周辺)では、 とんかつ・ラーメンの「あすなろ」、手作り餃子がうまいラーメンの「ゆうみん」、蕎麦の「小松屋」、蕎麦&和食の「中島屋」、歌える「スナックジョイ」、うなぎが人気の「くれない」、などがございます。

ゆずりは&日向見にはカフェと軽食喫茶の「摩耶」と「あづまや」、四万温泉の地ビールの製造元などがあります。

ご宿泊のお客様には無料のレンタサイクルのサービスもあります

落合通りのレトロなスマートボール

四万温泉マップ(クリックで拡大)

四万温泉の豊かな自然を楽しむ
四万温泉は、豊かな自然の宝庫でもあります。

四万温泉の自然で一番の自慢は、四万川の水の色です。
言葉では何とも表現できないので、ぜひ、一度ご覧下さい。
とくに、四万川の水を湛えた「奥四万湖」「四万の甌穴」「四万湖」は、水の青さがひときわ引き立ち、春の新緑や秋の紅葉などとのコントラストがとてもステキです。

また、道路沿いから気軽にご覧になれる「桃太郎の滝」「小泉の滝」から、山道を歩いて到達できる「摩耶の滝」「小倉の滝」など、たくさんの滝もありますので、連泊で滝めぐりもオススメです。

また、春から秋に掛けては渓流釣りもでき、岩魚(イワナ)や山女(ヤマメ)を釣ることができます。

そして、希少なニホンカモシカやサル、大空を舞う鷹の仲間、野鳥やチョウなど、たくさんの野生動物にも出会うことができます。
四万温泉は上信越高原国立公園の第二種特別地域に指定されています。
とくに、カモシカとサルは奥四万湖まで足を伸ばせば、かなりの頻度で出会うことができます。

山に囲まれた四万温泉ですので、登山もいろんなコースが設定できます。

高田山、水晶山は比較的軽いコース。稲包山は、丸一日必要で、四万温泉往復のほか、新潟(湯沢)や法師温泉に抜けるコースもあります。




奥四万湖

紅葉は10月下旬からが見頃

春の新緑は4月下旬から

いろいろな形で温泉を楽しむ
四万温泉(しまおんせん)の名前がどうして四万(しま)になったかは諸説がありますが、そのひとつに、40,000(よんまん)の病に効くから、というののがあります。
そんな四万温泉ですから、柏屋旅館のお風呂だけでなく温泉をいろんな形で楽しんでいただくことができます。

四万温泉には、6つの公共浴場があり、そのうち4つは無料です。 また、無料で楽しめる足湯も3カ所、さらには、飲むと胃腸に良いと言われる温泉を飲む、飲泉所も数カ所ございます。
 
(左)四万清流の湯(温泉口)(右)山口露天風呂

いろいろなかたちで温泉に触れあってくださいね。

四万温泉の公共のお風呂は、温泉口から順に、四万清流の湯(有料)、上の湯(無料)、山口露天風呂(無料)、河原の湯(無料)、御夢想の湯(無料)、こしきの湯(有料)があります。
 
無料の足湯が楽しめる、おきなや(左)とゆずりは足湯飲泉所



御夢想の湯(無料) 日向見

河原の湯(無料) 新湯

上の湯(無料) 山口


このページのトップへ