楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

恵の湯 神の郷温泉 周辺の観光案内 春夏

  • クチコミ・お客さまの声(344件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
御宿までは思っていたよりスムーズに着きました。受付の女性の方がとても気持ちの良い対応をしくださったので、スター...
2020年02月11日 22:00:32
続きを読む

イメージ写真
詳細情報
→ 住所
〒886-0004
宮崎県小林市細野5273-19
→ TEL:0984-23-2006
→ FAX:0984-23-2007
→ チェックイン:15:00
(最終チェックイン:22:00)
→ チェックアウト:11:00
→ 交通アクセス
JR吉都線 小林駅よりお車で約10分、宮崎自動車道 小林ICよりお車で10分。
→ 駐車場
有り 120台 無料 予約不要
牧場(まきば)の牧場           【3月下旬〜4月上旬】          小林市の桜の名所と知られ、およそ1,000本のソメイヨシノが立ち並んでおり、桜のトンネルになっています。 平成20年植栽100年を迎え、桜まつりが復活しました。 ぜひ一度ご覧下さい。 会場:牧場(細野地区)
 
生駒高原 菜の花          【3月下旬〜5月中旬】     春を彩る35万本の菜の花。黄色の絨毯をしきつめたようでとても綺麗です。 会場:生駒高原(南西方地区) 生駒高原 アイスランドポピー    【3月中旬〜5月中旬】     色鮮やかな15万本のアイスランドポピーが咲き乱れます。 会場:生駒高原(南西方地区) すき春まつり            【5月4日(毎年みどりの日)】  小林市須木のすきむらんどで開催される春のイベントです。 会場:すきむらんど 
出の山ホタル恋まつり        【5月下旬〜6月上旬】     ふるさといきものの里に認定されているゲンジボタル。その名の由来は源氏物語の恋多き主役『光源氏』ともいわれ、光る理由の一つは求愛行動とされています。 ゲンジボタルが成虫になってからの寿命は2週間ほど。メスは樹木や草などの葉の上で止まったまま発光し、オスは発光しながら飛翔してメスに近づきます。まるで物語りの恋そのままに、淡くはかない光なのです。 会場:出の山公園(南西方地区) こばやし名水まつり         【8月第1土曜日】        小林の宝、名水に親しむ夏のイベントです。 開催場所:小林市中心市街地 三之宮峡              【年 中】              季節を通じて、いろいろな表情を見せてくれる。片道1kmの遊歩道の散歩、心も体も癒されます。  昭和53年に「宮崎県緑地環境保全地域」に指定され、豊かな自然環境が守られている三之宮峡。大小11のトンネルが連なる約1kmの遊歩道は、昭和30年代まで木炭や木材を運ぶトロッコ道として利用されていたものです。 日本の音風景百選に選ばれた「櫓の轟」や終点にあるのは市有形文化財の「橋満橋」があります。
 三之宮峡 橋満橋         【年 中】              昭和18(1943)年に地元の人々が材料を購入し、地元の人々や祖国振興隊などの奉仕作業で造られました。 戦時中だったため鉄筋が手に入らず、代わりに竹を使った竹筋コンクリート及び石材を用いた大変珍しい橋です。  屏風岩 【年中】 高さ30メートル、幅60メートルの大きな岩です。 三之宮大橋から眺める三之宮峡の紅葉。中央に見えるのが屏風岩です。  千畳岩 正に畳を敷きつめたように見えることから、「千畳岩」と呼ばれています。  櫓の轟(やぐらのとどろ) 環境庁「残したい日本の音百選」に選ばれています。  カッパ洞 月明かりの夜カッパが遊び戯れるという洞です。 小林市すき納涼花火大会       【8月14日】            すきの山里に響く体感やまびこ花火が夜空を彩る夏の風物詩 開催場所:須木中学校グラウンド 観光農園              【8月上旬〜10月下旬】      果汁たっぷりのぶどう狩りや梨狩り、りんご狩りなどが体験できます。旬の物は旬の時期にいただきましょう。 なし狩り  8月上旬 〜10月下旬 ぶどう狩り 8月上旬 〜 9月下旬 柿狩り   10月下旬〜11月下旬 りんご狩り 8月上旬 〜11月下旬 会場:北西方・種子田地区、東方・坂下地区など

このページのトップへ