楽天トラベル楽天25周年特設サイト

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

オーベルジュ 土佐山 お料理

オーベルジュ 土佐山

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    ゆっくり穏やかに過ごせました。料理とサービスが凄く良かったです。
    2022年04月18日 20:00:51
    続きを読む

    • お問合せは 088-850-6911
    温州みかんと
    文佳人山北みかんリキュール
    前菜一例
    肉料理
    山の夕げ
    料理長のこだわり
    この場所でしか出会えない至福の味
    • もしかしたら、とてもわがままなレストランかもしれない。
    • 確かに、日々の極上の食材を求め、そのコンディションにこだわり
    • 納得のいく料理しかお出しできないのだから。
    • オーベルジュ土佐山、ここは、本物のオーベルジュ
    • 春、夏、秋、冬、めぐる地場の旬の幸を選びぬき、生かしきる。
    • その一皿がもたらす至福のひとときに、かなう贅沢はない。
    〜肉料理〜
    • 旬の土佐山をぎゅっと閉じ込めた彩りも楽しい一皿。ぜひ、野菜
    • 本来の美味しさを再発見してください。メインには季節の食材を
    • 料理長が“土佐山流”にアレンジ。
    〜お料理のスタートは「食前酵素」を〜
    • 日本料理の基本を根本に身体にやさしい献立でお召し上がりいた
    • だけます。まずは土佐山の旬の野菜や果物。
    • 土佐の特産品「フルーツトマト」の酵素がぎゅっとつまったジュース
    • と土佐佐賀の天日塩の組み合わせが、「土佐山流転会席」
    • 始まりの一品です。
    〜山のゆうげ〜
    • 「山の夕げ」とは、地元のご家庭のおふくろの味をもとに、料理長
    • がひと工夫を加えたお料理です。揚げたての土佐山野菜を生た
    • まねぎと一緒ににんにくぽん酢につけてお召し上がりいただきま
    • す。調味料にもこだわりが。ぽん酢は仁淀川で手作りされる生揚
    • 醤油(生醤油)と土佐山の仏手柑と柚子酢をブレンドしてつくるオリ
    • ジナル。にんにく風味がアクセントに。揚げ野菜にはお好みで、
    • 田野町の完全天日塩「塩二郎」を。
    地元の食材のご紹介
    土佐ジローのたまご
    • 『土佐ジロー』とは・・・高知県原産の天然記念物「土佐地鶏」の雄
    • とアメリカ原産の在来種「ロードアイランドレッド」の雌を交配して生
    • まれた一代雑種。有精卵を採卵するために、雌25羽に対して雄
    • 1羽の基本比率で雌雄同居飼育します。 土佐山で大崎さんが育
    • てる土佐ジローには、餌に有機野菜や自然のミネラル豊富な野
    • 草、配合飼料(ポストハーベスト・遺伝子組み換え作物を含まな
    • い)を、飲み水に生物活性水を加えた山水を与えています。
    〜もち鰹〜
    • 土佐山にお越しいただいたら、是非ご賞味いただきたい一品。
    • 黒潮町の完全天日塩「海一粒」をまぶした鰹を炙って、温かいま
    • ま召し上がっていただきます。「わら焼きで一気に」ではなく、程よ
    • く水分を含むガス火を使うのがこだわり。
    • 塩をまぶしてあるのでそのままで、にんにくと一緒に、ぽん酢や“
    • ぬた”(にんにく葉やにら等と白味噌でつくる)につけて、田野町
    • の完全天日塩「塩二郎」を添えてと、お召し上がり方はお好みで。
    • 鰹の焼切りを目当てでお越しいただくお客様もいらっしゃるほどの
    • 人気メニューです。鰹はいいものだけを厳選。あいにく当日までご
    • 予約がいただけません。ご希望のお客様は、当日入荷をご確認
    • くださいますようお願いいたします。
    • .

    このページのトップへ