楽天トラベル楽天25周年特設サイト

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

かんぽの宿 大和平群(2022/7/1~亀の井ホテル 大和平群) 館内施設・観光・アクセス

かんぽの宿 大和平群(2022/7/1~亀の井ホテル 大和平群)

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    満足しましたが昨年から何回か宿泊させていただいていますが雰囲気が変わりましたね。公共の宿から民間の宿になってき...
    2022年06月09日 16:38:19
    続きを読む

    • 館内施設
    • アクセス
    • 観光情報

    奈良漬、柿の葉ずし、くずきりなど奈良の特産品や雑貨を数多く取り揃えております。

    ご利用時間 木〜日曜日 7:45〜19:00
    月曜日 7:45〜10:00
    水曜日 11:00〜19:00

    ※当面の間、カラオケルームのご利用を休止させていただいております。

    懐メロから最新ヒットまで!ご家族・ご友人でお楽しみください!

    ご利用時間 10:00〜22:00(最終受付21時)
    定員 10名
    部屋数 1室
    予約 要予約
    ご利用料金 10:00〜17:00まで 1時間1,200円
    17:00〜22:00まで 1時間1,700円

    ご利用時間 24時間
    ご利用料金 200円/10分
    マッサージ機台数 2台

    館内・客室で無料Wi-Fiによるインターネット接続サービスがご利用いただけます。

    • ※館内の一部の場所では繋がりにくい場合がございますので、ご了承ください。
    • ※お客さま端末のセキュリティ管理や接続のための環境設定は、お客さまご自身で行っていただきますようお願いいたします。

    近鉄生駒線 元山上口駅より約徒歩10分/奈良交通エヌシーバスで3分

    住所 〒636-0905
    奈良県生駒郡平群町上庄2-16-1

    地図を見る

    車でお越しの場合

    第2阪奈道路壱分ICから国道168号線経由で約5km(約10分)
    西名阪自動車道法隆寺IC出口から国道25号、168号経由で約9km(約20分)

    台数 80台
    宿玄関横、玄関右奥、宿北側にございます。

    電車でお越しの場合

    近鉄生駒線元山上口駅から約0.8km(徒歩約10分)

    聖徳太子と推古天皇が先帝・用明天皇の遺志を継ぎ、推古15年(607)に創建したという古刹。『日本書紀』には、天智9年(670)に伽藍を焼失したとあり、現伽藍は8世紀初頭までに完成したもので往時の姿を伝えている。境内は西院と東院に分かれ、それぞれ大垣と呼ばれる築地塀(国指定重要文化財)で囲まれている。総門の南大門(国宝)を入ると、現存する世界最古といわれる木造建築群の西院伽藍。法隆寺式伽藍配置で、中門を中央に回廊が巡らされ、内側に金堂と五重塔が立つ(いずれも国宝)。夢殿(国宝)を中心とした東院伽藍は東大門を抜けるとある。

    推古30年(622)に山背大兄王[やましろのおおえのおう]が、父聖徳太子の病気平癒を願って建立。土地の名にちなんで三井寺[みいでら]ともいわれた。法隆寺式伽藍配置をとり、七堂伽藍を完備していたが、創建当時の建物はない。法隆寺、法起寺とともに斑鳩三塔として美しさを讃えられた三重塔は1944年(昭和19)に雷火で焼失し、昭和50年(1975)に昔ながらの工法で再建された。講堂には、薬師如来坐像(重要文化財)と虚空蔵[こくぞう]菩薩立像(重要文化財)の2体の飛鳥仏と6体の平安仏を安置する。

    法隆寺の西にある大型円墳。直径50m以上、高さ約9m。6世紀後半の築造とみられ、昭和60年(1985)の発掘調査で未盗掘の家形石棺や豪華な金銅製馬具(国宝)が出土。昭和63年(1988)に開棺調査が行われ、2体の人骨のほか、金銅製の冠や履、筒形品、大刀などが見つかった。被葬者は穴穂部皇子[あなほべのみこ]説などさまざま。ガラス窓越しに石室内を見ることができる。照明作動時間帯は9〜19時。出土品の一部は橿原考古学研究所附属博物館で展示。

    馬見古墳群と豊かな自然が残された丘陵にある面積約56万平方mの広大な公園。南北に細長く延びる公園は、緑道、北、中央、南の4エリアから成り、中心となる中央エリア内には、上池と下池の周りに国指定史跡の乙女山古墳や1600年前の築造当初の姿に復元されたナガレ山古墳など6基の古墳が点在。模型や映像で馬見古墳群を分かりやすく紹介する公園館もある。春には桜やチューリップ、夏には花菖蒲やヒマワリ、秋にはダリアやコスモスなど色とりどりの花が咲き誇り、各開花シーズンには花と食のイベントを開催する。

    このページのトップへ