楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

文豪 川端康成 氏 『伊豆の踊子』 執筆の宿 湯ヶ島温泉 湯本館 *部屋・料理*

  • クチコミ・お客さまの声(41件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
 チェックイン時刻をこちらの都合による大幅な遅れにも拘らず、また雨天による傘によるお出迎え迄して頂きまして、大...
2020年03月08日 19:29:03
続きを読む

写真1
玄関 湯本館の玄関です。秘湯を感じさせる趣があります。その昔、文豪 川端康成 氏もここをくぐったわけです。川端康成氏は大正7年、伊豆へ1人で旅に出発し、旅芸人の一行と出会い、道連れになった。この時の経験をもとにして書かれたのが『伊豆の踊子』です。当館に宿泊し執筆しました。その後、川端氏は昭和の初めまでの約10年、しばしば湯ヶ島にやってきては長く滞在した。尾崎士郎、宇野千代、広津和郎、萩原朔太郎などが川端に誘われてやって来て、一時は文士村のようだった、と川端氏は言っています。
写真2 写真3 写真4
伊豆の海の幸、鮑(アワビ)。 かまの煮付けは人気の一品。 湯ヶ島は海の幸と山の幸が同時に楽しめる宿です。旬に合わせてお献立は変わります。
写真5 写真6 写真7
瀬音に包まれながら眠りに付き、鳥のさえずりで目覚める。 『伊豆の踊子』で有名な階段です。玄関の板敷で踊る踊り子を、の主人公が見ていたと、描かれている階段です。 ごゆっくりとお過ごし下さい。

このページのトップへ