楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

富士クラシックホテル ワンちゃんのご宿泊条件と規約

富士クラシックホテル

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(728件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    少し古さは感じますが部屋は広く、スタッフの対応は丁寧で食事は朝夕共にとても美味しくとても満足しました。また秋に...
    2021年06月10日 18:41:11
    続きを読む

    ※ここではワンちゃんを「ペット」と表記させて頂いております


    〈ペット同伴宿泊条件と規約〉
    ________________________________________

    ペット同伴のお客様と他のお客様が共に快適にお過ごし頂けるよう
    次の規約をご一読いただき、予めご同意下さいます様 お願い申し上げます


    ◎宿泊可能犬種及び滞在条件について

     ・室内飼育をされている生後半年以上の小型犬(9㎏以下)であること

     ・2週間以上1年未満で、狂犬病予防接種/5種以上の混合ワクチン接種済であり
      到着時に証明書のコピーを提出可能であること

     ・基本的なしつけ(トイレ 無駄吠え 噛まない 飛びかからない等)がなされていること

     ・伝染性の病気や皮膚疾患ではないこと

     ・ノミ/マダニの駆除対策を済ませていること

     ・発情期(生理中)や妊娠中でないこと、また宿泊中も発情期(生理)になる可能性がないこと



    ◎客室のご利用について

     ・1室1頭までさせていただきます

     ・ご宿泊料金として1頭¥2000(税込)を頂戴しております

     ・同伴ペットは宿泊部屋のみ入室可能です

     ・ペットの足を拭いてからご入室下さい

     ・飼い主様がお部屋に滞在中のみゲージから出す事ができます

     ・ペットをベッド/ソファに上げること、ペットの浴室利用は禁止とさせていただきます

     ・客室内にペットのみを残す場合や就寝時は必ずゲージに入れてください

     ・客室内でブラッシング/トリミングは行わないでください

     ・排泄物は必ず客室備え付けの専用ゴミ箱へお捨て下さい

     ・ペットトイレ以外への排泄、嘔吐等があった場合には衛生的な処理をして下さい



    ◎公共スペースの利用について

     ・公共スペースではペットを放さないでください

     ・宿泊部屋以外はペットキャリーにいれて移動をお願いします

     ・キャリーに入れた状態でもレストラン/大浴場には連れてくることは出来ません

     ・駐車場や中庭でお散歩が出来ますが、必ずリードをお付けください

     ・お散歩中の排泄物の処理は飼い主様が必ず行ってください



    ◎ご注意

     ・当館ではペットの預かりは出来ません

     ・ペットによる家具/備品等の破損/汚損に十分留意し、破損/汚損された場合には
      修理代金等を全額負担して頂く場合があります



     ◇上記に反する行為・または他のお客様に著しく迷惑がかかった場合には
      従業員判断によりペットを車へ移動して頂く場合やご宿泊を中断頂く場合が御座います

     ◇当館スタッフはペットお受入れに最善を尽くしますが、ご宿泊中のペット不可抗力による
      逃走/怪我/死亡等の不測の事故がありましても当館は一切の責任を負いかねますので
      予めご了承下さい

     ◇ペットが起因するお客様同士のトラブルやペット同士のトラブルに関しましても
      同様に当館は一切の責任を負いかねます

     ◇ペットが起因して、当社/他のお客様/従業員/第三者に被害が出た場合は
      当該者に賠償していただきます

     ◇従業員はペットに触れませんが、危険察知/危機回避のためやむを得ず
      ペットに触れる場合が御座います

    このページのトップへ