楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

野沢温泉 お宿 あけびや 山菜・郷土料理のご紹介

  • クチコミ・お客さまの声(145件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
何度か泊まっていますが、食事がとても美味しく、適度にフレンドリーで、とても良い宿です。
2019年06月17日 20:39:09
続きを読む

イメージ写真
詳細情報
→ 住所
〒389-2502
長野県下高井郡野沢温泉村新田
→ TEL:0269-85-2159
→ FAX:0269-85-3619
→ チェックイン:14:00
(最終チェックイン:22:00)
→ チェックアウト:10:00
→ 交通アクセス
JR飯山駅より野沢温泉行きバスで25分、新田バス停下車歩いて1分弱/上信越道 豊田飯山ICより野沢温泉方面へ30分
→ 駐車場
当館の隣に有り3台。無料。さらにすぐそばの屋内駐車場内に当館専用に3台分確保。無料。
 野沢温泉の郷土料理
 地元野沢温泉で採れた山菜や野菜を使った、昔からの伝統の郷土料理を献立に含めております。
★こごみのごま和え
春最初に芽を出す山菜がこごみです。
クセのない味がこごみの持ち味ですので、シャキシャキとした歯ざわりをお楽しみください。
★わらびのしょうが醤油
わらびの特徴は、アクが強いことです。温泉で茹でた後、木炭や重曹でそのアクを抜きます。
山の恵みであるほのかなわらびの苦味を、ご賞味ください。
★ぜんまいの煮物
ぜんまいは、温泉で茹でた後天日干で一度乾燥させ、その後、水で戻してから料理します。このように手間暇かけることにより、ぜんまい独特のうまみが出ます。
春になりますと、温泉街のあちこちの庭先等で、ぜんまいを干している光景に出会えます。
★うどの酢みそ和え
山うどは、栽培されたうどよりも、味に深みがあるのが特徴です。それを温泉で茹でることにより、味にまろやかさが加わります。
深山のうどのほろ苦さをご堪能ください。
★根曲がりたけのこ汁
ブナ林などに群生している根曲がり竹(ネマガリダケ)は、火を通すことにより、ほんのりと香ばしい味が持ち味の竹の子です。
これに豚肉やさばの水煮を入れて、味に深みを加えたみそ汁が、根曲りたけのこ汁です。 地元の人達は、根曲がり竹を採ったその場所で、すぐに竹の子汁を作って食べるのが村の風物詩となっております。
★根曲がりたけのこの煮物
根曲がり竹は、正式和名を「チシマザサ」といいます。根元が弓なりに曲がっていることから「根曲がり竹」とよばれています。
この竹の子は強いアクがありませんので、サクサクとした食感をお楽しみください。
★いもなます
野沢温泉の代表的な郷土料理です。ジャガイモを細く千切りにし、油でいため、酢と砂糖で味付けします。
酢を入れることで、ジャガイモとは思えない、シャキシャキした食感が特徴の料理です。
★とうたち菜のおひたし
畑で冬を越した野沢菜の蕪が、雪消え後の4月下旬頃から芽を出し、ある程度伸びたものを「とうたち菜」と呼びます。
若くてやわらかい野沢菜のおひたしを、ご賞味ください。
★野沢菜いため
秋に漬け込んだ野沢菜本漬けが冬の半ばになると、独特の酸味が出てきます。
それをきざんでサッと水洗いし、油でいため味を整えると、本漬けと一味違った野沢菜をお楽しみいただけます。

このページのトップへ